環境循環型社会を目指す! 3R政策とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

資源の再利用は環境面だけではなく、経済面からも注目されている環境に対する考え方です。

行政も資源の再利用には非常に力を入れており、経済産業省が主導となって「3R政策」などの資源有効活用の政策をおこなっています。

資源の有効活用と3R政策について詳しくご紹介しましょう。

目次

  1. 3R政策とは?
  2. 循環型社会形成推進基本法とは?
  3. 3R政策でできることとは?
  4. まとめ

1.3R政策とは?

1-1.3R政策の目的

3R政策は経済産業省が主導しておこなう、資源の再利用促進のための政策です。

資源のほとんどを輸入に頼っている日本では、資源の再利用は非常に重要な課題となっています。

3R政策は資源を消費するだけではなく、資源を有効利用することで日本の資源問題を解決するために実施されている取り組みです。

3R政策の3Rとは、リデュース・リユース・リサイクルの頭文字をとったもので、それぞれの対策の優先順位を表しています。

1-2.3R政策の詳細

3R政策で重要になるワードである“リデュース”“リユース”“リサイクル”について詳しくご紹介しましょう。

【リデュース(Reduce)】

あまり効き慣れない言葉ですが、3R政策では最も優先度の高い廃棄物の削減方法です。

リデュースは“減らす”という意味の言葉であり、「廃棄物(ゴミ)の発生抑制」をすることを表しています。

廃棄物の抑制は生産者・消費者が同時に対策をすることが大切です。

それぞれの生産者・消費者の役割の詳細を、ご紹介しましょう。

・リデュース:生産者の役割

廃棄物の発生抑制は“生産効率の向上による廃棄物の削減”“包装の簡素化による廃棄物の削減”などがあります。

廃棄物を削減するためには生産者の努力が不可欠であり、社会全体で取り組む必要のある項目です。

・リデュース:消費者の役割

廃棄物の発生抑制における消費者の役割は、“ゴミの出さないように生活”が重要なポイントです。

ゴミを出さない生活を実践するためにも“生ゴミを出さない”“使い捨て用品は使用を避ける”などを意識するようにしましょう。

【リユース(Reuse)】

リユースは再利用によって廃棄物を削減するための方法です。

再利用による循環型社会の形成には、は消費者の役割が大きいという特徴があります

・リユース:生産者の役割

生産者におこなうリユースは“びん・容器の再利用”“包装材の再利用”などがあります。

廃棄物を製品として再利用することは非常に難しく、生産者のリユースはあまりおこなわれていないのが現状です。

・リユース:消費者の役割

リユースに関する消費者の役割は“中古品や古着の利用”や“再

利用可能な容器の使用”などがあります。

近年では中古品市場や古着市場が拡大傾向にあり、リユースは3R政策の中でも進んでいる項目です。

【リサイクル(Recycle)】

リサイクルは“再資源化”を意味しています。

一般的な意味のリサイクルは再利用も含まれるのですが、3R政策でのリサイクルの概念は“廃棄物を資源として再利用する”ことです。

・リサイクル:生産者の役割

資源の再利用に関しては生産者の役割が非常に大きい特徴があります。

“新聞紙から作られるトイレットペーパー”や“ペットボトルから作られる繊維”など、廃棄物を新たな資源として利用することは、循環型社会には欠かせません。

リサイクルは品目によって再使用率が大きく異なるのが特徴です。

・リサイクル:消費者の役割

リサイクルにおける消費者の役割は、リサイクルが円滑に進められるように、ごみを分別・回収をおこなうことです。

分別された廃棄物(ごみ)はリサイクルが簡単になり、リサイクルのためのコストが激減します。

循環型社会を目指す上で、消費者一人一人の意識の向上が重要な要素のなるのです。

2.循環型社会形成推進基本法とは?

2-1.どのような法律?

循環型社会形成促進基本法は少々難しい法律のように感じてしまいますが、環境負荷を低減した社会を目指すことも目的とした法律です。

循環型社会を目指すために、資源の有効活用を促進することを目的としています。

経済と環境を両立して、循環型社会を実現するための方法を定めた法律です。

2-2.制定の背景

循環型社会形成推進基本法の制定は、増え続ける廃棄物の増加による環境負荷が背景になっています。

廃棄物による環境負荷は、社会的にも大きな問題なのです。

廃棄物には“家庭ごみ”と“事業系ごみ”があるのですが、事業系ごみよりも家庭ごみの排出量が多い傾向にあります。

ゴミの排出量の65%が家庭から排出されているという事実からも、循環型社会を目指すためには、家庭ゴミへの対策が重要といえるでしょう。

3.3R政策でできることとは?

3-1.「識別表示」を確認して、ゴミを分別しよう!

3R政策の最も身近なものが“識別表示”です。

識別表示は容器包装に義務付けられている表示であり、日常生活でも多く目にすることがあります。

識別表示の詳細についてご紹介しましょう。

【識別表示の義務対象の容器包装】

  • プラスチック製容器包装
  • 紙製容器包装
  • 飲料・酒類・特定調味料ペットボトル
  • 飲料スチール缶
  • 飲料アルミ缶

上記の容器に対して識別表示が義務付けられています。

それぞれ、「プラ」「紙」「PET」「スチール」「アルミ」などのリサイクルマークがあるので身近なもので確認してみましょう。

3R政策では、容器包装に加えて「小型二次電池(充電式電池)」や「塩化ビニール製建設材料」などにも識別表示の義務があります。

識別表示はゴミ分別も目安になる表示なので、ゴミ分別の際には必ず確認するようにしましょう!

3-2.リユースをしよう!

3R政策の中でも消費者が貢献できる取り組みが“リユース(Reuse)”です。

使わなくなったものは、できる限り再利用、必要なもので再利用できるモノはリユース品を購入するなど、心がけ次第で循環型社会に貢献することができます。

リサイクルやリユースは循環型社会に向けた大きな一歩といえるでしょう。

まとめ

3R政策は循環型社会を目指すために、生産者と消費者のゴミの排出や再利用を定めた法律です。

3R政策とはどのような政策なのかをまとめてみましょう。

【3R政策の目的】

  • 経済産業省のおこなう政策
  • 循環型社会を目指した取り組み
  • 廃棄物の発生抑制・再利用・資源化

循環型社会というのは、環境と経済を両立した上で形成されることが望ましいとされています。

3R政策は、環境と経済を両立するための方法に関する政策を定めた政策なのです。

続いて、3R政策のポイントとなる取り組みである、リデュース・リユース・リサイクルについてまとめてみましょう。

【3R政策の取り組み】

  • リデュース(Reduce):廃棄物の発生抑制
  • リユース(Reuse):廃棄物の再使用
  • リサイクル(Recycle):廃棄物の再資源化

3R政策ではこの取り組みの頭文字である“3R”が由来になっています。

3R政策で、最も身近な識別表示(リサイクルマーク)です。

識別表示に従ってゴミの分別することで、循環型社会に対して小さな貢献ができます。

循環型社会の実現は、一人一人が意識を持って取り組むことが大切です。

リサイクルやリユースなど可能な範囲で始めることが、循環型社会の実現にに繋がります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
お部屋スッキリ計画の第一歩は不用品の処分から。

不用品の無料回収サービスのご案内

不用品の中に次の品物はありますか?
パソコン/液晶モニター/液晶テレビ/スマートフォン/タブレット/ハイスペックゲーム機

該当品目が一つでもあれば、不用品をまとめて無料で処分できるかも! 弊社指定の回収対象品目(70品目以上)でしたら無料で宅配回収いたします。 送料も弊社が負担しますので、処分にかかる費用はゼロ。

さらにご不要になったパソコンのOSがウィンドウズvista以降であれば、梱包用の宅配キットを無料でお送りします。

回収対象品目の一覧を見る 無料で回収できる理由