環境循環型社会を目指す! 3R政策とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

資源の再利用は環境面だけではなく、経済面からも注目されている環境に対する考え方です。

行政も資源の再利用には非常に力を入れており、経済産業省が主導となって「3R政策」などの資源有効活用の政策をおこなっています。

資源の有効活用と3R政策について詳しくご紹介しましょう。

目次

  1. 3R政策とは?
  2. 循環型社会形成推進基本法とは?
  3. 3R政策でできることとは?
  4. まとめ

1.3R政策とは?

1-1.3R政策の目的

3R政策は経済産業省が主導しておこなう、資源の再利用促進のための政策です。

資源のほとんどを輸入に頼っている日本では、資源の再利用は非常に重要な課題となっています。

3R政策は資源を消費するだけではなく、資源を有効利用することで日本の資源問題を解決するために実施されている取り組みです。

3R政策の3Rとは、リデュース・リユース・リサイクルの頭文字をとったもので、それぞれの対策の優先順位を表しています。

1-2.3R政策の詳細

3R政策で重要になるワードである“リデュース”“リユース”“リサイクル”について詳しくご紹介しましょう。

【リデュース(Reduce)】

あまり効き慣れない言葉ですが、3R政策では最も優先度の高い廃棄物の削減方法です。

リデュースは“減らす”という意味の言葉であり、「廃棄物(ゴミ)の発生抑制」をすることを表しています。

廃棄物の抑制は生産者・消費者が同時に対策をすることが大切です。

それぞれの生産者・消費者の役割の詳細を、ご紹介しましょう。

・リデュース:生産者の役割

廃棄物の発生抑制は“生産効率の向上による廃棄物の削減”“包装の簡素化による廃棄物の削減”などがあります。

廃棄物を削減するためには生産者の努力が不可欠であり、社会全体で取り組む必要のある項目です。

・リデュース:消費者の役割

廃棄物の発生抑制における消費者の役割は、“ゴミの出さないように生活”が重要なポイントです。

ゴミを出さない生活を実践するためにも“生ゴミを出さない”“使い捨て用品は使用を避ける”などを意識するようにしましょう。

【リユース(Reuse)】

リユースは再利用によって廃棄物を削減するための方法です。

再利用による循環型社会の形成には、は消費者の役割が大きいという特徴があります

・リユース:生産者の役割

生産者におこなうリユースは“びん・容器の再利用”“包装材の再利用”などがあります。

廃棄物を製品として再利用することは非常に難しく、生産者のリユースはあまりおこなわれていないのが現状です。

・リユース:消費者の役割

リユースに関する消費者の役割は“中古品や古着の利用”や“再

利用可能な容器の使用”などがあります。

近年では中古品市場や古着市場が拡大傾向にあり、リユースは3R政策の中でも進んでいる項目です。

【リサイクル(Recycle)】

リサイクルは“再資源化”を意味しています。

一般的な意味のリサイクルは再利用も含まれるのですが、3R政策でのリサイクルの概念は“廃棄物を資源として再利用する”ことです。

・リサイクル:生産者の役割

資源の再利用に関しては生産者の役割が非常に大きい特徴があります。

“新聞紙から作られるトイレットペーパー”や“ペットボトルから作られる繊維”など、廃棄物を新たな資源として利用することは、循環型社会には欠かせません。

リサイクルは品目によって再使用率が大きく異なるのが特徴です。

・リサイクル:消費者の役割

リサイクルにおける消費者の役割は、リサイクルが円滑に進められるように、ごみを分別・回収をおこなうことです。

分別された廃棄物(ごみ)はリサイクルが簡単になり、リサイクルのためのコストが激減します。

循環型社会を目指す上で、消費者一人一人の意識の向上が重要な要素のなるのです。

12