年末恒例の大掃除。「今年こそは」と誓うあなたに送る7つのポイント

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

年末の大掃除は、1年間にたまったアカを落とし、心新たに新年を迎えるための恒例行事。普段の掃除では手が回らないところも、きっちりときれいにしたいものです。でも、毎年、心残りはありませんか?大掃除をやり遂げるポイントは、ズバリ綿密に計画を立てること。では、どんな計画をつくればいいのでしょうか。今年こそはと誓うあなたに、賢い計画のつくり方を紹介します。

  1. 年末恒例の大掃除
  2. 大掃除の計画の立て方
  3. 大掃除の方法論
  4. 大掃除で出た不用品は?
  5. まとめ

1.年末恒例の大掃除

年末の大掃除は、もともと儀式的な意味があるといわれています。新年を迎えるにあたり、年神様への感謝と「五穀豊穣(ごこくほうじょう)」を願って、家をきれいにする「煤(すす)払い」という行事が行われてきました。煤払いをするのは12月13日。仏壇や神棚を整え、正月の準備をする神聖な行事でした。
たとえ大掃除の内容や道具は変わったとしても、日本の古くからのよき伝統として、ずっと受け継いでいきたいものです。

12