初心者は必見!オークション入札で後悔しない、安くする落札するコツ

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ネットオークションで商品をゲットするのは、初心者にとって高いハードル。入札に参加しても、希望の品を落札できず、悔しい思いをした経験は、一度や二度ではないでしょう。もっとひどいのは、つい頭に血が上って、予算以上で落札したとき。後悔して落ち込みませんでしたか?初心者でも安く落札するためのコツを紹介します。

  1. 入札前のチェックポイント
  2. 安く入札するためのコツ
  3. オークション利用時の注意点
  4. まとめ

1.入札前のチェックポイント

初心者といっても、オークションに参加しているということは、オークションの流れや基本的な知識はあるはずです。ヤフオクや楽天のオークションの流れは、ほとんど同じ。今回は、ヤフオクを中心に、入札前にチェックしておくべきことから始めます。
重要なことは、掲載されている情報をもとに、入札に参加するかどうか、自分なりの判断基準をもつことです。

1-1.商品情報のチェック

出品された商品は、あなたが最も重視しなければならない情報です。商品情報がきちんと説明されているかは重要なポイント。いくら安く落札できても、期待はずれでは失敗で後悔するだけです。簡単な説明や送料がいくらかわからない商品は、入札に参加しない方がいいでしょう。詐欺まがいの送料を提示している悪徳業者もいます。振込手数料も、かんたん決済だけの対応や地方銀行しか扱っていない出品者もいるので、必ず確認してください。
写真がない商品や映りがよくない写真の商品も、好ましい情報とはいえません。
商品情報をチェックしていて、気になる点もあったら、質問欄を使い出品者に質問するのがおすすめです。出品ページにある「出品者の情報」という部分に、「出品者への質問」というところからできます。

1-2.出品者情報のチェック

商品情報と並んで気にしたいのは、出品者の情報です。ネットオークションですから、直接、出品者と話すことはできません。犯罪者が紛れ込んでいる可能だってあるでしょう。可能性だって信用できるか見極めが重要です。
まず、評価欄をチェックしましょう。悪い評価の数や評価の内容を見ると、信用できるかどうか、とても参考になります。どちらでもないという評価が多い場合も、慎重になった方がいいでしょう。
オークションのベテランの意見を聞くのもいい方法です。でも、最終的には自己責任。ご自分で判断することが大切になります。出展者のその後の評価欄をチェックすれば、自分の財産になるはずです。自己紹介欄も、人物評価に重要な情報になります。

12