自転車の買い替え時とは ~子供自転車の買い替えを考える~

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

街中や仕事の移動に便利な自転車。しかし、修理と買い替えの時期で悩むことが多いかと思います。また、家計のことを考えると子供の自転車はいつ買い替えようかと悩むでしょう。
この記事では自転車の買い替えや時期についてまとめました。

  1. 子供用の自転車の買い替え時期
  2. 修理と買い替えの見極め
  3. 長く乗れる自転車選びのポイント
  4. 自転車の処分方法
  5. 自転車を処分するときの注意点
  6. 自転車の長持ちポイント
  7. まとめ

1.子供用の自転車の買い替え時期

子供用の自転車は「まだ乗れるかも」と思う一方で安全を考えると迷ってしまうもの。この項目では、子供用自転車の買い替えるポイントをご紹介します。

1-1.サイズが小さくなったとき

子供の体が大きくなっていれば買い替えを考えましょう。
サドルを限界まで高くしても膝が曲がるようであれば買い替えを検討します。体に合わない自転車だと事故する危険栓もあるのです。

1-2.故障や古さが目立つとき

ブレーキの利きが悪かったりタイヤが擦り切れていたりすれば買い替えを検討しましょう。いちどぐらいなら修理でも大丈夫です。しかし、何度も壊れたり修理する間隔が短くなっていたりすれば買い替えを検討しましょう。
事故にあっては元も子もありません。早めに対処しましょう。

1-3.乗っている自転車がお下がりのとき

子供が乗っている自転車がお下がりで故障が目立つ場合、買い替えを検討します。
お下がりの場合は、子供の趣味に合っていないことも考えられるでしょう。