使い終わったダンボールはどう処分する? 賢い方法とメリットを紹介

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「ダンボールの処分方法が分からない」とお困りの人は多いと思います。引っ越しをしたときや宅配便を利用したとき、家電製品などを購入したときに発生するダンボールは、どのように処分すればよいのでしょうか。「処分方法が分からなくて家に置いたままにしてある」「いつの間にかたまってしまって置き場に困っている」という人も多いはずです。この記事では、ダンボールを処分する方法をいくつかご紹介しましょう。

  1. ダンボールは何ゴミなのか?
  2. 自治体回収による処分
  3. 引っ越し業者による処分
  4. 古紙回収による処分
  5. 不用品回収業者による処分
  6. ダンボールの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、置き場に困るダンボールをどのように処分すべきかが分かるはずです。ぜひ参考にしてスッキリしてください。


1.ダンボールは何ゴミなのか?

まずは、ダンボールが何ゴミに分類されるのか、大量にある場合はどうしたらよいのかなどをご紹介します。

1-1.ゴミとして捨てられないのか?

ダンボールは燃えるので、「燃えるゴミ」として捨てられると思っている人は多いでしょう。しかし、ダンボールはリサイクルが可能なため、「資源ゴミ」に該当するのです。ただし、資源ゴミの分類や出し方には自治体ごとのルールが決められています。自治体のホームページなどに「ダンボールの出し方」が記載されているはずなので、自分の住んでいる地域ではどのようになっているのか必ず確認しておきましょう。

1-2.紙ゴミをリサイクルする必要性とは?

日本では現在、一般ゴミのうちの半数近くが紙ゴミであることが分かっています。つまり、紙ゴミを減らすことによって、ゴミ問題を解決することに一歩近づくことができるのです。ダンボールは紙ゴミの中でも、100%リサイクルが可能な包装材といわれています。現在作られているダンボールの原材料は、その90%以上が使用済みダンボールです。ダンボールのリサイクルは、わが国におけるダンボール作りを支えるために必要なことといえるでしょう。

1-3.不法投棄した場合

不法投棄は犯罪として認められる行為であり、懲役もしくは罰金の刑罰が課せられます。しっかりと捨て方を調べてから処分しなければ、犯罪者になってしまう可能性があるということを覚えておきましょう。

1-4.大量にある場合

一気に捨てるとゴミ捨て場がいっぱいになってしまうため、少しずつ分けて資源ゴミとして捨てる方法もあります。しかし、いつまでもダンボールが残っていると邪魔になることもあるでしょう。そんなときは、自治体ではなく回収業者などに依頼してまとめて処分してもらう方法がおすすめです。