とっさのアクシデントに!知っておきたいカーペットの染み抜き方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

「思わずコーヒーをこぼしちゃった」「ペットが粗相をしてしまった」などカーペットに何かこぼしてしまった経験はありませんか?カーペットは洗濯機で簡単に丸洗いできないだけに、どうしたものか頭を抱えてしまいますよね。ここでは、そんな思わぬアクシデントが招くカーペットの染み抜き方法についてご紹介しましょう。

  1. 染み抜きの基本とは
  2. カーペットの染みの種類とその対処法
  3. 染み抜きの仕上げ
  4. 不要なカーペットの処分方法

1.染み抜きの基本とは

うっかり付いてしまったカーペットの染みは、すぐに対処するようにしましょう。時間が経てばそれだけ染みを落とすことが難しくなってしまいます。ここでは、染み抜きの注意点や汚れ落としに便利なツールについてご紹介しましょう。

1-1.カーペットの染みはすぐに落とす

食事中にワインなどをこぼしてしまったら、その場ですぐ染み抜きの対処が必要です。後回しにするとカーペットの繊維に色素沈着が進んでしまうため、いざその染みを落とそうと思っても簡単に取り除くことができなくなってしまうでしょう。カーペットに何かこぼしたら、「一刻も早く!」というのが染み抜きの基本です。

1-2.染み抜きの際のNG行為とは

カーペットに染みができたとき、良くやりがちなのがゴシゴシとこすってしまうこと。力任せにこすることで、カーペットの生地を傷めてしまうだけでなく、染みの範囲を広げてしまうでしょう。汚れ部分は乾いたタオルなどでポンポンと軽くたたくようにして染みの原因となる色素を抜いていくことが大切です。

1-3.染み抜きに便利なツールは?

カーペットの染み抜きで便利な物に、歯ブラシ・ティッシュ・乾いたタオル・ドライヤーなどがあげられます。また、水だけで落ちない頑固な汚れには皿洗い用の中性洗剤やベンジンなどが必要になるでしょう。ベンジンはホームセンターやドラッグストアなどで購入できるので、いざというときのために一本用意しておくことをおススメします。

2.染みの種類とその対処法

カーペットの染みと一口に言っても原因はそれぞれ。ここでは、染みになる素やその対処法についてお話ししましょう。

2-1.水性の染み

水性の染みの原因には、コーヒー・ワイン・しょうゆなど 食卓に並ぶ物が多く、食事中にうっかりこぼしてしまうことが多いでしょう。染み抜きには、まず素となるコーヒーなどの液体の上に乾いたタオルやティシュを載せ、上からポンポンと軽くたたくようにして拭き取ることです。つぎに水分を含んだタオルで色素を取り除くようにしましょう。それでもまだ染みが気になる場合は、お皿を洗うときなどの中性洗剤を使います。水で薄めた洗剤を歯ブラシや乾いた布に含ませて、染み部分をこすらず軽くたたくようにすると効果的です。

2-2.油性の染み

油性の染みには、チョコレート・マニキュア・リップクリームなど原料に油を含んだ物などがあげられます。このタイプはカーペットの繊維に油がなじみやすいため水性の染みに比べ色が定着しやすいのが難点です。お気に入りのカーペットならプロのクリーニングにお任せするのが一番ですが、自分でまずは対処してみるなら、ベンジンなどを使って染み抜きをしていきましょう。まずは、乾いた布でカーペットについた汚れをつまむように拭き取ります。つぎに、少量のベンジンを含ませたタオルで、染みの外枠から中心に向かってポンポンとたたくように拭っていきましょう。

 2-3.ペットの粗相の染み

犬の尿はカーペットに染みだけでなく匂いまできつく残ってしまうので困りますよね。ペットの粗相の染み抜きは、ティッシュや乾いた布を使いましょう。尿が乾いた布などに付かなくなるまで湿ったら取り替えるという作業を何度も繰り返していきます。水性の染み抜き同様、タオルや歯ブラシに中性洗剤を水に薄めた物をつけて叩くようにして拭き取りましょう。

2-4.血液による染み

血液による染みは血中成分に含まれるタンパク質が厄介もの。慌ててお湯をかけてしまうと血液が固まり取れにくくなってしまいます。必ず水で湿らせたタオルや歯ブラシを使って血液を除去していきましょう。頑固な染みには大根おろしをガーゼで包み、ポンポンと上から叩くようにします。大根に含まれるチアスターゼという酵素が血液による染みを分解してくれるでしょう。

3.染み抜きの仕上げ

いずれの染み抜きも仕上げは洗剤などを付けて処理した部分を水拭きしていきます。また、生乾きの状態にしたまま放置しないことも大切です。風通しが悪くそのままにしておくと不快な匂いやカビの原因になってしましょう。ドライヤーの熱を当てる、窓を開けて換気する、または、エアコンで除湿をするなど湿気をしっかり取り除いていくことが肝心です。

4.不要になったカーペットの処分方法

対処をしても染みがうっすら残ってしまうという残念な結果になることもあります。その場合たとえお気に入りでも染みが取れなければ買い替えを考えることもあるでしょう。ここでは、そんなカーペットの処分方法について解説していきます。

4-1.粗大ゴミとして処分する

使わなくなったカーペットは粗大ゴミとして処分しましょう。のり巻きの要領で端から丸めてひもで縛っておくとゴミの回収所まで持って行くのに便利ですし場所をとりません。相場は約500円前後と良心的な値段で引き取ってくれるでしょう。回収時には申し込みの際に確認したやり方で手数料を納め、領収書となる収集シールをカーペットの見えるところに貼っておきます。粗大ゴミの受付はインターネットの市町村のホームページからでもできますが、受付から収集まで2週間ほどとかなりの日数が必要です。電話で問い合わせをした方が早く収集の受付日を設定できるでしょう。

4-2.不用品回収業者に引き取ってもらう

粗大ゴミは回収所までゴミを搬出する手間がかかりますが、不用品回収業者に依頼すれば電話一つで自宅まで取りに来てくれるというメリットがあります。いらなくなった日用雑貨や家財などがあれば一緒に持って行ってくれるので、この機会に家中をチェックし不用品をまとめて処分するのも良いでしょう。電話やメールで見積もりができるので忙しいという人にはぴったりの処分方法と言えます。

まとめ

いかがでしたか?ここでは、カーペットについた染みの取り方について解説しました。

  1. 染み抜きの基本とは
  2. カーペットの染みの種類とその対処法
  3. 染み抜きの仕上げ
  4. 不要なカーペットの処分方

カーペットは季節を問わずサラサラな足触りが気持ちの良いものです。また、色使いによってはお部屋の印象をガラリと変える大事なアクセントとなるでしょう。それだけに思わぬアクシデントで染みが残れば気になりますよね。「あっ!やっちゃった!」というときには、この記事を参考にカーペットの染み抜きを実践してみてください。どうしても染みが取れないという場合は納得のいく形で自分にぴったりの処分方法を見つけてみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
お部屋スッキリ計画の第一歩は不用品の処分から。

不用品の無料回収サービスのご案内

不用品の中に次の品物はありますか?
パソコン/液晶モニター/液晶テレビ/スマートフォン/タブレット/ハイスペックゲーム機

該当品目が一つでもあれば、不用品をまとめて無料で処分できるかも! 弊社指定の回収対象品目(70品目以上)でしたら無料で宅配回収いたします。 送料も弊社が負担しますので、処分にかかる費用はゼロ。

さらにご不要になったパソコンのOSがウィンドウズvista以降であれば、梱包用の宅配キットを無料でお送りします。

回収対象品目の一覧を見る 無料で回収できる理由