とっさのアクシデントに!知っておきたいカーペットの染み抜き方法

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「思わずコーヒーをこぼしちゃった」「ペットが粗相をしてしまった」などカーペットに何かこぼしてしまった経験はありませんか?カーペットは洗濯機で簡単に丸洗いできないだけに、どうしたものか頭を抱えてしまいますよね。ここでは、そんな思わぬアクシデントが招くカーペットの染み抜き方法についてご紹介しましょう。

  1. 染み抜きの基本とは
  2. カーペットの染みの種類とその対処法
  3. 染み抜きの仕上げ
  4. 不要なカーペットの処分方法

1.染み抜きの基本とは

うっかり付いてしまったカーペットの染みは、すぐに対処するようにしましょう。時間が経てばそれだけ染みを落とすことが難しくなってしまいます。ここでは、染み抜きの注意点や汚れ落としに便利なツールについてご紹介しましょう。

1-1.カーペットの染みはすぐに落とす

食事中にワインなどをこぼしてしまったら、その場ですぐ染み抜きの対処が必要です。後回しにするとカーペットの繊維に色素沈着が進んでしまうため、いざその染みを落とそうと思っても簡単に取り除くことができなくなってしまうでしょう。カーペットに何かこぼしたら、「一刻も早く!」というのが染み抜きの基本です。

1-2.染み抜きの際のNG行為とは

カーペットに染みができたとき、良くやりがちなのがゴシゴシとこすってしまうこと。力任せにこすることで、カーペットの生地を傷めてしまうだけでなく、染みの範囲を広げてしまうでしょう。汚れ部分は乾いたタオルなどでポンポンと軽くたたくようにして染みの原因となる色素を抜いていくことが大切です。

1-3.染み抜きに便利なツールは?

カーペットの染み抜きで便利な物に、歯ブラシ・ティッシュ・乾いたタオル・ドライヤーなどがあげられます。また、水だけで落ちない頑固な汚れには皿洗い用の中性洗剤やベンジンなどが必要になるでしょう。ベンジンはホームセンターやドラッグストアなどで購入できるので、いざというときのために一本用意しておくことをおススメします。

12