エアコンを回収してもらう方法は? 信用できる不用品回収業者に依頼するコツ

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「不要なエアコンの処分方法が分からない」「どうやって回収してもらえばよいのか?」とお悩みの人は多いと思います。エアコンは家電リサイクル法の対象となるため、処分する際に注意が必要です。一般ゴミのように自治体が回収してくれるわけではなく、決められたルールに従って処分する必要があります。

この記事では、エアコンの回収を不用品回収業者に依頼する方法や、業者の選び方などをまとめてご紹介しましょう。

  1. エアコンの回収について
  2. エアコン回収を不用品回収業者に依頼する場合
  3. エアコン回収を依頼する際の注意点
  4. エアコン回収に関するよくある質問

この記事を読むことで、不要になったエアコンの処分方法や、悪質な不用品回収業者の見極め方などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。


1.エアコンの回収について

まずは、不要になったエアコンの処分方法についてご紹介しましょう。

1-1.エアコンは家電リサイクル法の対象品目

エアコンは家電リサイクル法の対象品目なので、不燃ゴミや粗大ゴミとして捨てることはできません。家電リサイクル法とは、有用な資源の再利用とゴミの減量化を目的とした法律です。家庭から排出された家電は小売業者が引き取り、製造業者がリサイクルすることを義務づけました。エアコンのほかに、冷蔵庫と洗濯機・テレビがこの法律に該当します。

1-2.自治体の指定引取場所に持ち込む

自治体を利用して処分する場合は、自分で指定引取場所に持ち込むことが必要です。指定引取場所に持ち込む際の手順は、以下を参考にしてください。

  • 郵便局で家電リサイクル券を受け取り、リサイクル料金を振り込む
  • 指定引取所場所を確認する(こちらを参照してください)
  • 家電リサイクル券をエアコンに貼り、指定引取場所に持っていく

1-3.買い替えの場合は販売店に回収してもらう

エアコンを買い替える場合は、新しいエアコンを購入する販売店に古いエアコンを引き取ってもらうことも可能です。この場合、販売店が自宅までエアコンを回収しにきてくれるため、自分で運ぶ必要はありません。家電リサイクル券の記入も行ってくれるため、手間をかけることなくエアコンの処分が可能です。ただし、リサイクル料金のほかに運搬料がかかるため、金額を販売店に確認しておきましょう。

1-4.不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者にエアコンの回収を依頼する方法もあります。この場合も自宅まで回収にきてもらえるため、自分で運ぶことなくエアコンを処分することが可能です。家庭から出た不用品であればたいていのものは回収してもらえるため、エアコンのほかにも処分したいものがあればまとめて依頼するとよいでしょう。

2.エアコン回収を不用品回収業者に依頼する場合

エアコンの回収を不用品回収業者に依頼する場合に、知っておくべきことをまとめました。

2-1.優良な業者であれば回収を依頼しても問題ない

前述したように、エアコンは家電リサイクル法で決められたルールに従って処分する必要があります。当然、不用品回収業者に依頼する場合も、このルールに従って処分してくれる優良な業者を選ばなければならないのです。「一般廃棄物収集運搬業」の許可を持ち、エアコンの廃棄に関するきちんとした知識がある業者であれば、回収を依頼しても問題はありません。

2-2.不用品回収業者はなぜエアコンを回収できるのか?

そもそも、不用品回収業者はなぜエアコンを回収できるのでしょうか。エアコンには、鉄や銅・アルミニウム・レアメタルなど、貴重な資源が使われています。不要になったパソコンからこうした資源を取り出して再利用することが可能です。一般的には、1台のパソコンから4,000~5,000円分の資源を回収できるといわれています。このような方法で利益を得ることができるため、不用品回収業者はエアコンを回収できるのです。

2-3.悪徳業者の見極め方を知っておく

残念ながら、不用品回収業者の中には悪質な業者も存在します。悪質な業者は適切なリサイクルを行わず、不要な部品を不法投棄している可能性もあるため、注意しなければなりません。優良な不用品回収業者であれば、「一般廃棄物収集運搬業」の許可を持ち、自治体から廃棄物処理の指導を受けているはずです。信用できる業者を見極めるためにも、悪質業者によくある特徴を把握しておきましょう。以下のような業者は利用しないことをおすすめします。

  • 「一般廃棄物収集運搬業」の許可の有無を確認できない
  • 事務所の所在地を明らかにしていない
  • 料金体系に不明確な点が多い
  • 契約書や領収書を発行しない

3.エアコン回収を依頼する際の注意点

不用品回収業者が回収できるものやできないもの・業者の選び方・回収方法などをまとめました。

3-1.不用品回収業者が回収できないものもある

不用品回収業者は、基本的に家庭から出た不用品であればたいていのものは回収可能です。家具や家電・日用品・衣類など、エアコンのほかに処分したいものがある場合は、まとめて依頼してみるとよいでしょう。ただし、基本的に生ゴミや医療器具類・危険物などは回収していない業者がほとんどです。不用品回収業者に依頼する際は、事前に確認しておくようにしましょう。

3-2.業者選びのポイント

不用品回収業者を選ぶ際のポイントは以下のとおりです。

  • 豊富な実績があるか
  • 一般廃棄物収集運搬業の許可を持っているか
  • 事務所の所在地や固定電話の番号を明らかにしているか
  • 無料見積もりを受け付けているか
  • 料金体系が明確であるか
  • 丁寧でスピーディーな対応か

3-3.回収方法は主に3つ

不用品回収業者による回収方法は、主に「持ち込み」「宅配」「出張」の3つがあります。「店舗が近くにない」「一人で運べない」という場合は、宅配回収や出張回収を利用するとよいでしょう。「パソコン処分本舗」では、送料無料対象商品と一緒に段ボールに入れて送ると、全国どこからでも送料・廃棄費用・手数料などがすべて無料になります。

3-4.無料回収業者選びの注意点

無料の回収業者を選ぶ際は、業者選びに十分注意が必要です。中には、無料と宣伝しておきながら高額な追加料金を請求する業者も存在します。特に、電話営業や飛び込みで訪問してくる業者に多いため、利用しないようにしましょう。

4.エアコン回収に関するよくある質問

「エアコンを回収してもらいたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.エアコンの寿命は何年くらいですか?
A.家庭用エアコンの寿命は、10年が目安といわれています。使用頻度や使い方にもよりますが、購入から10年近くたったころから「異音がする」「リモコンの操作ができない」などの不具合が発生しやすくなるでしょう。

Q.エアコンに使われている「レアメタル」とは何ですか?
A.リチウムやバナジウム・ガリウムなど、電子材料などに使用される非鉄金属のことを指します。地球上の存在量が少なく、希少価値が高いのが特徴です。

Q.エアコンを買い替える販売店に回収を依頼しようと思います。リサイクル料金と運搬料金はいくらでしょうか?
A.リサイクル料金はメーカーによっても異なりますが、1,500円程度が平均です。運搬料金は販売店によって差があるため、事前に確認しておきましょう。

Q.まだ使えるエアコンは買取してもらうこともできますか?
A.正常に動作するもの・状態がきれいなもの・使用年数が短いものであれば、買取してもらえるでしょう。メーカーや機能によっては高額買取の可能性もあります。

Q.悪質な不用品回収業者とトラブルが起きた場合、警察に連絡すればよいですか?
A.暴力をふるわれたり脅迫されたりした場合は、警察への通報が必要な場合もあります。そうでない場合は、国民生活センターの窓口に相談してみましょう。適切なアドバイスがもらえるはずです。

まとめ

いかがでしたか? 不要になったエアコンを回収してもらう方法や、不用品回収業者を利用する際の注意点などをまとめてご紹介しました。家電リサイクル法の対象品目であるエアコンは、適正にリサイクルしてもらう必要があります。不用品回収業者に依頼する場合は、悪徳業者の見極め方などをしっかりと把握しておきましょう。ぜひこの記事を参考にして、安心してエアコンを回収してもらってください。