目の疲れだけじゃない?パソコンのブルーライトが及ぼす影響

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

デスクワークで1日中パソコンに向かっていると、ブルーライトの影響が心配になりますよね。
「ブルーライトは目だけでなく、全身に影響を与える」という研究結果が出ているのです。
実際にドイツでは、ブルーライトの使い方について公式のガイドラインがあります。
どのような影響があり、どのように対策すべきなのか、しっかりと考えるべきなのではないでしょうか。

  • 1日中パソコンに向かっている
  • ブルーライトの影響について知りたい
  • ブルーライト対策方法とは?

そんな人たちのために、ブルーライトの影響や対策についてまとめてみたいと思います。

目次

  1. ブルーライトとは
  2. ブルーライトの影響
  3. ブルーライトの対策
  4. まとめ

1.ブルーライトとは

ブルーライトとは、波長が380~500nm(ナノメートル)である青色光のことです。
一般的に私たちが「光」と呼んでいるものは、目で見ることができる可視光線のこと。
可視光線の波長は400~800nm(ナノメートル)で、400nm(ナノメートル)より短いものが「紫外線」、700nm(ナノメートル)より長いものが「赤外線」です。
ブルーライトは、可視光線の中で最も波長が短く、強いエネルギーを持っています。
紫外線に最も近い性質の光であり「有害光線である」と考える専門家も多いのです。
パソコンだけでなく、スマートフォンのLEDディスプレイやLED照明には、ブルーライトが多く含まれています。
最近は、目だけでなく、体全体に悪影響を与える可能性についての研究がすすんでいるブルーライト。
「1日中ブルーライトの影響を受けている」という人は、何らかの対策を考える必要があるでしょう。

12