子供服を捨てる基準を4つ紹介! 思い出の子供服はどう処分する?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

子供の成長は早いものです。
ついこの前までちょうどよかった洋服も、すぐ小さくなってしまうでしょう。
衣替えのたびに、着られなくなった子供服を前に頭を抱えているママは多いはず。

  • 子供服が増えて収納が足りない
  • 子供服を再利用する方法は?
  • 子供服を捨てる基準を知りたい

そんなママたちのために、子供服を捨てる基準や再利用方法、処分の仕方についてまとめてみたいと思います。

  1. 子供服を捨てる基準
  2. 子供服の再利用方法
  3. 子供服の処分方法
  4. まとめ

1.子供服を捨てる基準

子供服は捨てる以外にも、人に譲ったり売りに出したりする方法で処分することができます。
しかし、ときには捨てる決断をすることも大切でしょう。
子供服を捨てる基準についてご紹介します。

1-1.そでやすそが伸びてしまった

子供服はコットン製のものが多いため、洗濯を繰り返しているうちにそでやすそが伸びてしまいがちです。
子供は「洋服を大切に着る」ということがなかなかできません。
着ているうちに、そでやすそが伸びてしまうことも多いでしょう。
そうなってしまうと、シルエットがおかしくなります。
洋服の寿命だと思って、捨てる決断をしましょう。

1-2.汚れが落ちない

子供服は汚れやすいものです。
食べこぼしや泥汚れがついていることもあるでしょう。
洗剤や漂白剤で落とせる汚れなら問題ありません。
しかし、落ちない汚れが付着している子供服は、捨てるしかないでしょう。

1-3.流行(りゅうこう)遅れ

子供服にも、流行(りゅうこう)があります。
特に、女の子の洋服は新しいデザインのものが発売されるのが早いでしょう。
ただし、いくら流行(りゅうこう)があると言っても、1年やそこらで流行(りゅうこう)の形が大きく変化することはありません。
3年以上着ていない洋服については、流行(りゅうこう)遅れになっていないか確認するようにしましょう。
誰が見ても「流行(りゅうこう)遅れ」と思う子供服は、捨てる対象になります。

1-4.子供に聞いてみるのも1つの手段

処分するべきか迷う子供服については、子供に直接聞いてみるのもよいでしょう。
「来シーズンまた着たいと思うか」を聞いてみて、本人が「もう着ない」と言うなら、その服は処分することに決めてください。
ただし、この方法は判断力がある年齢の子供にしか適しません。

12