家電の無料回収をしたい方必見!お得に処分してもらうポイント

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

いらなくなった家電、無料回収してもらうことはできないのか?
このような悩みを抱えていませんか。家電は生活必需品が多く、故障したらすぐに新しいものが必要になることも多いです。しかし、そうなると古くなった家電の処分に困ってしまいますね。家電を引き取りしてもらうとなるとお金がかかる、と頭を抱えている人も多いでしょう。この記事では、お得に家電を処分する方法についてお話していきます。

  1. 家電処分の基礎知識
  2. 家電の無料回収について
  3. 家電無料回収業者に頼もう!
  4. 家電の無料回収についてよくある質問
  5. まとめ

生活必需品も多く、入れ替わりも激しい家電。だからこそ、できるだけお金をかけずに処分したいものですね。この記事を読むことで、家電を無料回収してもらうポイントを知ることができます。お得に処分して、快適な生活を送っていきましょう。


1.家電処分の基礎知識

それではまず、家電処分を行うにあたって知っておきたい基礎知識についてお話していきましょう。

1-1.家電リサイクル法について

巷でよく目にしたり耳にしたりする「家電リサイクル法」。名前は知っているけれど、どんなものなのか、詳細は分からないという人も多いでしょう。それでは、家電リサイクル法について詳しくご紹介します。

1-1-1.目的とメリット

家電リサイクル法は、廃棄物を減らし、資源を再利用することを目的に制定されたものです。この法律が制定される前までは、家電全てが粗大ゴミとして処理されていました。しかし、家電の多くは粗大ゴミ処理施設で処理することが難しいものばかりという問題もあったのです。また、中にはリサイクルとして有用性の高い部品もあるため、家電リサイクル法によってそれらが有効利用できるようになりました。

1-1-2.対象品目

家電リサイクル法の対象品目は、次のとおりです。

  • エアコン
  • 衣類乾燥機
  • テレビ
  • 洗濯機
  • 冷蔵庫・冷凍庫
  • パソコン

これらの家電を誤った方法で処分してしまうと、法に引っかかってしまうことになりますので、気をつけましょう。

1-1-3.マークについて

現代には、いろいろなリサイクルマークがあります。家電リサイクル法で意識したいのは、2003年の10月以降に購入したパソコンに付いている、PCリサイクルマークというものです。基本的に、家電リサイクル法の対象となっている家電を各メーカーや小売店で処分する場合、手数料がかかってしまいます。しかし、このPCリサイクルマークがついているパソコンについては、リサイクル費用がかからないため、無料で回収してもらえるのです。

他のマークには次のようなものがあります。

  • スチール缶リサイクルマーク
  • アルミ缶リサイクルマーク
  • ペットボトル識別表示マーク
  • プラスチック製容器包装識別表示マーク
  • 紙製容器包装識別マーク
  • リサイクル可能なダンボールに明記されているマーク(世界共通)

1-1-4.手数料について

メーカーや小売店などで家電を回収してもらう場合は、基本的に必ず料金がかかります。具体的にどのくらいかかるのかは、各メーカー・小売店で異なってくるでしょう。各家電のリサイクル料金の相場は次のとおりです。

  • 液晶・プラズマ式テレビ(15型以下):1800円前後
  • 液晶・プラズマ式テレビ(16型以上):2900円前後
  • エアコン(室外機と室内機で1セット):1000円前後
  • 冷蔵庫(大):4500円前後
  • 冷蔵庫(小):3600円前後
  • 洗濯機:2500円前後

また、リサイクル料金の他にも回収費用や運搬費用が別途かかる場合があるので、まずは回収してもらうメーカー・小売店にどのくらいの料金がかかるのかを確認してみることをオススメします。

12