公衆Wi-Fiは危険がいっぱい! 万全なセキュリティ対策で自己防衛を

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

スマートフォンが普及し、どこでもインターネット接続やメールが楽しめるようになりました。便利なアイテムではあるものの、気になるのはデータ通信使用量。特に、外出・出張などでスマートフォンのインターネット共有機能を使うと、すぐにデータ通信使用量は上限に達してしまうことでしょう。
データ通信使用量を定額プランにし、高額な請求にならないよう気をつけている方がほとんどだと思います。しかし、Wi-Fiを利用していないと、すぐに定額プランを超えてしまうこともあるはずです。
最近では、店舗やホテルなどで公衆Wi-Fiを用意しているスポットが増えました。公衆Wi-Fiを利用することでデータ通信使用量を抑えることができる大きなメリットがありますが、安全性やデメリットも知っておくべきです。
この記事を参考にし、公衆Wi-Fiへの知識を深めましょう。

  1. 公衆WI-Fiとは? 
  2. 公衆Wi-Fiの危険性
  3. 公衆Wi-Fi利用時のセキュリティー対策・注意点
  4. まとめ

1.公衆Wi-Fiとは? 

公衆Wi-Fiを導入している店舗や施設はどんどん増えています。コンビニエンスストアでも設置しているケースもあり、いかに公衆Wi-Fiが必要とされているかが理解できるでしょう。
街で見かけることが増えた公衆Wi-Fiですが、実は使い方やどのようなものか把握していない方も多いものです。
公衆Wi-Fiについてご紹介します。

1-1.公衆Wi-Fiはどこにある? 

Wi-Fiはインターネット接続するために必要なもの。自宅でインターネットをするために、自宅専用の Wi-Fiを設置している方がほとんどでしょう。
最近では街に公衆Wi-Fiが至るところに設置されています。店舗・ホテル・空港・駅などさまざまな場所で設置していることを表示するマークを見かける機会が増えましたよね。
屋外でも快適なインターネット接続を楽しめることから、気軽に利用している方も多くいます。

1-2.公衆Wi-Fiの使い方

設置表示を見かけても、接続方法をよく知らない方もたくさんいます。公衆Wi-Fiの使い方は決して難しいものではなく、サービス登録後からすぐに利用できる手軽な機能です。
スマートフォンやパソコンがあれば、ほかに特別な機器を用意する必要もなく、接続が簡単にできる便利なもの。データ通信使用量が多い方は、快適な通信環境確保やデータ通信の料金を気にして積極的に利用するケース見ることができます。
使い方は、接続可能なスポットでサービス登録を済ませ、Wi-Fiをサービス提供エリアにセットするだけで完了です。人が集まる場所に設置されていることが多くあります。

12