公衆Wi-Fiは危険がいっぱい! 万全なセキュリティ対策で自己防衛を

このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォンが普及し、どこでもインターネット接続やメールが楽しめるようになりました。便利なアイテムではあるものの、気になるのはデータ通信使用量。特に、外出・出張などでスマートフォンのインターネット共有機能を使うと、すぐにデータ通信使用量は上限に達してしまうことでしょう。
データ通信使用量を定額プランにし、高額な請求にならないよう気をつけている方がほとんどだと思います。しかし、Wi-Fiを利用していないと、すぐに定額プランを超えてしまうこともあるはずです。
最近では、店舗やホテルなどで公衆Wi-Fiを用意しているスポットが増えました。公衆Wi-Fiを利用することでデータ通信使用量を抑えることができる大きなメリットがありますが、安全性やデメリットも知っておくべきです。
この記事を参考にし、公衆Wi-Fiへの知識を深めましょう。

  1. 公衆WI-Fiとは? 
  2. 公衆Wi-Fiの危険性
  3. 公衆Wi-Fi利用時のセキュリティー対策・注意点
  4. まとめ

1.公衆Wi-Fiとは? 

公衆Wi-Fiを導入している店舗や施設はどんどん増えています。コンビニエンスストアでも設置しているケースもあり、いかに公衆Wi-Fiが必要とされているかが理解できるでしょう。
街で見かけることが増えた公衆Wi-Fiですが、実は使い方やどのようなものか把握していない方も多いものです。
公衆Wi-Fiについてご紹介します。

1-1.公衆Wi-Fiはどこにある? 

Wi-Fiはインターネット接続するために必要なもの。自宅でインターネットをするために、自宅専用の Wi-Fiを設置している方がほとんどでしょう。
最近では街に公衆Wi-Fiが至るところに設置されています。店舗・ホテル・空港・駅などさまざまな場所で設置していることを表示するマークを見かける機会が増えましたよね。
屋外でも快適なインターネット接続を楽しめることから、気軽に利用している方も多くいます。

1-2.公衆Wi-Fiの使い方

設置表示を見かけても、接続方法をよく知らない方もたくさんいます。公衆Wi-Fiの使い方は決して難しいものではなく、サービス登録後からすぐに利用できる手軽な機能です。
スマートフォンやパソコンがあれば、ほかに特別な機器を用意する必要もなく、接続が簡単にできる便利なもの。データ通信使用量が多い方は、快適な通信環境確保やデータ通信の料金を気にして積極的に利用するケース見ることができます。
使い方は、接続可能なスポットでサービス登録を済ませ、Wi-Fiをサービス提供エリアにセットするだけで完了です。人が集まる場所に設置されていることが多くあります。

2.公衆Wi-Fiの危険性

公衆Wi-Fiは快適なインターネット環境を維持するために気軽にアクセスできるメリットを持っている反面、デメリットがあることも知っておくべきです。
1番大切なのは、危険性を知っておくこと。個人情報漏洩(ろうえい)や不正アクセスが騒がれている今、他人から気づかないうちに傍受されてしまっている恐れもあります。
公衆Wi-Fiの危険性を覚えておいてください。

2-1.個人情報漏洩(ろうえい)の危険 

公衆Wi-Fiで注意したいのは、個人情報が傍受される恐れがあることです。公衆Wi-Fiにアクセスすると、傍受の恐れや通信内容が筒抜けになる危険性を警告する表示がされることがあります。
スマートフォンやパソコンには、クレジットカードナンバー・暗証番号・写真・動画・パスワードなどの他人から知られたくない秘密が詰まっているはずです。
大切な個人情報が不正利用される可能性も懸念されるため、公衆Wi-Fiを利用するときは危険性も把握しておくべきでしょう。

2-2.ウイルス感染の危険性

他人から傍受されやすい公衆Wi-Fiは、ウイルス感染の不安もつきまといます。「Free」や「Public」と表示されている公衆Wi-Fiはセキュリティーも弱く、不正アクセスの可能性が高いため、より慎重な利用が大切です。

2-3.不正アクセスに要注意

パスワードを入力せずに使える公衆Wi-Fiは、無線通信が暗号化されていないことが多く、簡単にスマートフォンやパソコンの内容を覗(のぞ)き見ることができてしまいます。暗号化技術を用いていても、安全度が低い恐れもあるでしょう。
パスワードが設定されていても公開されている場合は、知識さえあれば簡単にアクセスできてしまうので危険です。
便利な公衆Wi-Fiは安全性を確かめてから使用することをおすすめします。

3.公衆Wi-Fi利用時のセキュリティー対策・注意点

利便性が高い反面、サイバー犯罪の温床にもなっている公衆Wi-Fiは、利用者ができる限りの対策を行うことが大切です。本来は設置する事業者がセキュリティー対策を強化することが求められますが、個人情報漏洩(ろうえい)問題は尽きることがありません。
自分の情報は自分で守る気持ちを忘れず、可能な範囲で安全対策を行っておきましょう。
公衆Wi-Fi利用時のセキュリティー対策と注意点をご紹介します。

3-1.ファイル共有情報

頻繁に公衆Wi-Fiを利用している方でも知らないことが多いのは、セキュリティー対策です。安全対策を行わずに利用することは極めて危険で、自己防衛を必ず心がけてください。
ファイル共有という機能があるのをご存じですか?ファイル共有が有効になっていると、不正アクセスして覗(のぞ)かれてしまう恐れが高まります。ファイル共有は必ず向こうにしてから、公衆Wi-Fiにアクセスすることを忘れずに。

3-2.SSL設定を利用

データを暗号化する技術で、SSLという仕組みがあります。クレジットカードナンバーやパスワードなど個人情報を送受信する際に、SSLで暗号化して送受信する方法です。
より安全性を高めるため、ファイル共有無効と同時に行いたいセキュリティー対策の1つとなるでしょう。

3-3.なりすましに注意

不正アクセスによる被害が増えている中、近年騒がれているのは第3者によるなりすましです。人が集まるスポットに第3者がアクセスポイントを持ち込み、公衆Wi-Fiと同じSSIDとパスワードを設定していることがあります。
なりすましにアクセスしてしまうと、スマートフォンやパソコンの内容は筒抜けになってしまい、サイバー被害に遭う恐れが高まるでしょう。さまざまな事業者が公衆Wi-Fiを導入し、種類も多くあります。どれが安全な公衆Wi-Fiか見極める方法は難しく、自動的になりすましにアクセスしてしまうことが多いので、安全性を優先するのであればなるべく利用しないようにしてください。

3-4.安全にWi-Fiを利用するためには

外出先や出張先でも快適で安全に Wi-Fiを利用したいですよね。モバイルルーターを利用してみてはいかがでしょうか?
自分専用のモバイルルーターを使えば、パスワードを知られることがなければ安全に利用することが可能です。
月額料金も安く、快適なインターネット環境を維持することができるでしょう。公衆Wi-Fiはたくさんの人がアクセスするため、混雑して繋(つな)がらないことも多く見ることができます。通信障害が発生することを避けるためにも、モバイルルーターを活用してみてください。

4.まとめ

公衆Wi-Fiの危険性についてご紹介しました。

  • 公衆WI-Fiとは? 
  • 公衆Wi-Fiの危険性
  • 公衆Wi-Fi利用時のセキュリティー対策・注意点

データ通信使用量を抑えるため、公衆Wi-Fiを利用する方も多くいます。しかし、セキュリティーが万全ではないケースもあり、不正アクセスによるサイバー犯罪の温床だとする意見も少なくありません。
ファイル共有機能を無効にし、 SSLによるデータの暗号化で送受信を行うなど、個人でもできるセキュリティー対策は怠らないようにしましょう。
なりすましアクセススポットも存在し、たくさんの人がアクセスすることで繋(つな)がらないこともあります。より安全に快適なインターネット環境を外出先でも維持したい場合には、 モバイルルーターの活用がおすすめです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
お部屋スッキリ計画の第一歩は不用品の処分から。

不用品の無料回収サービスのご案内

不用品の中に次の品物はありますか?
パソコン/液晶モニター/液晶テレビ/スマートフォン/タブレット/ハイスペックゲーム機

該当品目が一つでもあれば、不用品をまとめて無料で処分できるかも! 弊社指定の回収対象品目(70品目以上)でしたら無料で宅配回収いたします。 送料も弊社が負担しますので、処分にかかる費用はゼロ。

さらにご不要になったパソコンのOSがウィンドウズvista以降であれば、梱包用の宅配キットを無料でお送りします。

回収対象品目の一覧を見る 無料で回収できる理由