次はこれで決まり!もう迷わない掃除機の選び方

このエントリーをはてなブックマークに追加
掃除機

主婦の仕事の代表例はひらがなのさ行に例えることができるのを知っていますか?それぞれの頭文字をとって裁縫・しつけ・炊事・洗濯・掃除のさしすせそ。主婦の仕事は、数え切れないほどたくさんありますが、大きく分類するとこの5つに集約することができると言われています。今日は、その中でも主婦の右腕とも言える掃除機にターゲットを絞ってお話しましょう。どんな種類があるのか、そのかしこい選び方や古くなった掃除機の処分方法などについて解説していきます。

  1. 掃除機の種類について
  2. ライフスタイルに合わせた掃除機の選び方
  3. いらなくなった掃除機の処分方法とは?

1.掃除機の種類について

ほこりもなくキレイな部屋で過ごすのは、気持ちまでポジティブになれますよね。そんな部屋をキレイにするために欠かせないのが掃除機。掃除機と一口に言っても実はさまざまな種類があるのをご存知(ぞんじ)ですか?ここでは、それぞれのメリット・デメリットについて詳しくご紹介していきましょう。

1-1.紙パック式掃除機

紙パック式とはゴミが集まるダストケース部分に紙パックをとりつけることでその中にゴミがたまっていくタイプの掃除機です。吸い込み口から集められたゴミ混じりの空気はフィルターで一度同じ場所に集められ、その後ゴミと空気に分離されます。

メリット

  • ダストケースに設置した紙パックにゴミが蓄えられます。そのため、ゴミがたまったら手を汚すことなく簡単に紙パックごと外してポイッと捨てるだけ!手を汚すことなく衛生的です。
  • 排気口の隙間などからゴミを外に逃がさない密閉構造のため、吸引力が強く小さなゴミもくまなくキャッチしてくれます。

 デメリット

  • 紙パックにゴミがたまりすぎると吸引力が下がるため、定期的に紙パックの交換が必要です。紙パック購入というランニングコストが必要となります。
  • 夏場など季節によっては、紙パックの内部にたまったゴミが腐敗し悪臭を放つことも。また、紙パックにゴミが満タンにたまっていなくても、臭いが気になる前に早めの交換が必要となり、不経済とも言えるでしょう。

1-2.サイクロンタイプ

サイクロン掃除機と言えば、大手家電メーカーのダイソンのキャッチコピーを思い出す人も多いのではないでしょうか?「吸引力の変わらない、ただひとつの掃除機」と言うのがそれ。ここでは、サイクロンタイプの掃除機のメリットとデメリットな要素を見ていきましょう。

メリット 

  • キャッチコピーでも歌われているように、吸引したときの空気の経路とゴミが別々に確保されるため、ゴミを吸い取る吸引力は変わらず持続します。
  • 吸い込まれた空気は、紙パック式掃除機のようにゴミと混ざることなく空気だけのフィルターを通すため、クリーンな状態で排気されます。

デメリット

  • 紙パックのように片手でゴミを捨てることができません。ゴミを集めたダストカップからゴミ箱に捨てる際に、小さなほこりクズが舞い散ってしまいます。
  • 空気中に舞うチリやほこりをろ過する掃除機内のフィルターは定期的なメンテナンスが必要です。内部のパーツを外すなど意外に厄介な作業となるため、忙しい現代人にとっては、こういったこまごまとした手作業を億劫(おっくう)に感じる人もいるでしょう。

2.ライフスタイルに合わせた掃除機の選び方

掃除機の内部構造は大きく紙パックタイプとサイクロンタイプのふたつに分かれますが、それ以外にも掃除機にはさまざまな形状があります。ここでは、その形状とライフスタイルに合わせた掃除機選びのポイントについて解説しましょう。

2-1.キャニスタータイプの掃除機

掃除機と言えばこのタイプを主役級で使っている一般家庭が多いのではないでしょうか。ゴミを吸引する本体と吸い取り口の部分がホースでつながっているタイプです。本体にはキャスターが付いているので掃除機の重量を感じることなく部屋のすみずみまで掃除ができます。吸引パワーになるエネルギーは壁面にある電源からとるので、吸引力にむらがなく、ブレのない一定のパワーが魅力です。

2-2.スティックタイプの掃除機

本体と吸い込み部分が一本のスティック状に組み込まれたタイプ。見た目もスタイリッシュな細身タイプなので置き場所もとりません。しかし、重量が平均して3〜4キロ以上あるため、女性や高齢者にとって、それを運びながら部屋から部屋へと掃除するのはかなりキツイものがあるのでしょう。一人暮らしやワンルームマンションなど限られたスペースを掃除するにはピッタリのタイプです。

2-3.コードレスタイプ

コードレスタイプの掃除機は大きく分けて2種類あります。それは、掃除機を動かすのは自分だけれど、電源がコードレスといったスティックタイプ。そして、もうひとつはロボットのようにセンサーで作動し自発的にお部屋をくまなく掃除してくれるタイプです。
階段や車の中、引き出しの中など細かいところを掃除するなら電源がコードレスのスティックタイプが持ち運びやすく便利でしょう。キャニスタータイプを普段使いにし、こちらのコードレスのスティックタイプをサブ的な位置づけで持っていても良いですね。
また、毎日忙しくなかなか家事に仕事が回らないようであれば、ロボットのようなセンサー作動の掃除機がオススメ。注意点は、センサーが小さなつまずきに反応し方向転換してしまうところ。同じ場所だけ何回も掃除してしまいます。そこで、掃除機を始動させる前には、床面はフラットにしておくのがコツ!椅子などは机に載せるなど障害物はできるだけ少なくしておくとサクサク仕事をしてくれます。

3.いらなくなった掃除機の処分方法とは?

3-1.粗大ゴミとして処分する

それぞれお住まいの自治体に電話連絡をし、粗大ゴミとして回収してもらいます。曜日や時間帯は自治体によってさまざまです。年末や引越しシーズンなど込み合う時期は回収の延期も予想されるので余裕を持って連絡しましょう。
粗大ゴミの回収には、掃除機本体にゴミ回収の許可をとった印としてステッカーを貼る必要があります。住んでいる地域のコンビニエンスストアなどで販売されているので、初めて自治体を通して粗大ゴミを捨てる場合は、回収問い合わせの際に合わせて確認をとると良いでしょう。

3-2.家電量販店で引き取ってもらう

家電量販店で新しい掃除機を購入する際に、不要になった掃除機の引き取りについて打診してみましょう。年代や機種によっては安価で引き取ってくれる店舗もあり、新しく購入する掃除機との相殺でディスカウントしてくれるかもしれません。

3-3.不用品回収業者に依頼する

地元の不用品回収業者に不要な掃除機を持って行ってもらいましょう。製造月日が5年以内のものであれば、買い取ってくれるケースもあります。しかし、汚れや傷など劣化が目立つものやノズルなど付属品に欠落があるものは買い取りしてくれない場合もあるでしょう。
不用品回収業者を利用する際は、会社概要に許可番号の記載があるかどうか、また、インターネットなど口コミなどの評判を事前に確認しましょう。掃除機一台からでも処分してくれますが、一括でいろいろ回収してもらう方が格安になる場合もあります。処分に迷っている家電などがあれば一緒に見積もりをお願いしても良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?この記事では、掃除機の種類や選び方、そして、不要になった掃除機の処分方法について解説しました。

  • 掃除機の種類について
  • ライフスタイルに合わせた掃除機の選び方
  • いらなくなった掃除機の処分方法とは?

以上について知ることで、次に掃除機を購入する際の参考になることでしょう。また、不要になった掃除機の処分についても迷うことが少なくなるはずです。この記事を参考に、あなたのライフスタイルにピッタリの掃除機を選んでくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
お部屋スッキリ計画の第一歩は不用品の処分から。

不用品の無料回収サービスのご案内

不用品の中に次の品物はありますか?
パソコン/液晶モニター/液晶テレビ/スマートフォン/タブレット/ハイスペックゲーム機

該当品目が一つでもあれば、不用品をまとめて無料で処分できるかも! 弊社指定の回収対象品目(70品目以上)でしたら無料で宅配回収いたします。 送料も弊社が負担しますので、処分にかかる費用はゼロ。

さらにご不要になったパソコンのOSがウィンドウズvista以降であれば、梱包用の宅配キットを無料でお送りします。

回収対象品目の一覧を見る 無料で回収できる理由