今度こそ部屋をきれいに保つ! 失敗しない片付け・整理のポイント

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

部屋を何度もきれいにしても散らかることはないでしょうか。部屋をきれいにするには、その原因を知ってきちんと対策することが大切です。そこで、この記事では部屋をきれいにするためのポイントと共に原因についてもまとめました。

  1. 部屋が散らかる原因
  2. 部屋をきれいに保つ5つのポイント
  3. きれいになる整理整頓術
  4. まとめ

1.部屋が散らかる原因

部屋が汚れてしまうには、それなりの原因があります。部屋をきれいにしたいときは、その原因をきちんと理解しておきましょう。そこで、この項目では部屋が散らかってしまう原因をリストアップします。自分に当てはまる原因がいくつあるのかセルフチェックしてみましょう。

1-1.ものを買うだけで整理しない

とにかくものを買うだけ買って整理しない人は、部屋が汚くなる人の特徴です。ものをとにかく増やしてしまう内に整理しなくなります。そのため、自分でも知らない内に部屋の中が不用なものであふれてしまうのです。
部屋を整理しないと自分が何を持っているのか把握しづらくなります。自分が持っているものがわからないと同じものばかり買うようになるのです。その結果、ものが部屋の中に入ってくる悪循環が生まれます。

1-2.勢いに任せてまとめ買いする

「バーゲン」や「セール」と聞けばものを買っていないでしょうか。とにかくものをまとめて買う傾向がある人は、部屋が散らかってきれいにならない人の特徴です。
ものをまとめて買ってしまうとすべて消費することが難しくなります。服やバッグをまとめて買ったとしても仕事などで使う機会は限られてくるもの。それを考えるとまとめて買うのは非常に効率が悪いのです。
また、まとめて買った後に捨てないのも部屋が汚れる原因となってきます。ものは自分で減らさない限り増え続けるもの。日ごろの生活を振り返ったとき、化粧品や日用品も無くなったら買い足しますよね? しかし、使う量よりも買い足す量が多いと自然と増えてしまうのです。まとめて買っても使わず捨てるものは、経済的にも無駄になってしまいます。衣類・日用品のどちらにかんしてもまとめて買う人は注意しましょう。

1-3.押し入れ・収納スペースにとにかくものを突っ込む

買ったものをとにかく収納スペースや押し入れに突っ込んでしまう人は、部屋が汚い人です。
片付けが苦手な人は、とりあえず収納スペースなどにものを突っ込んでしまう傾向にあります。自分でも苦手なことがわかっているので「押し入れに入れておけば大丈夫」と、突っ込んで終わってしまうのです。
ものを突っ込んでしまうと自分が何を持っているのか把握できません。そのため、不用意にものを買ってしまい経済的にも部屋のスペース的にも無駄を生み出します。また、ものをむやみに突っ込んでしまうとスペースを有効活用できません。

1-4.汚れている状態に慣れてしまう

部屋をきれいにしようとしても「机の上にものがあるほうが便利」や「床にあったほうがすぐにものを使える」など、汚い状況を肯定しているときれいになりません。
また、部屋にものがあふれている状況に対して安心感を覚えるときは、精神的にも疲れている可能性があります。床までものでいっぱいのときは、もので不安やストレスを埋めようとする傾向にあると思いましょう。
さらに、精神的にも完全に弱っていると「面倒だ」という気持ちがだんだんと強くなります。その心理的作用も手助けしてしまい部屋がどんどん汚くなるのです。床までものがいっぱいのときは、まず精神的なゆとりを持つことが重要となります。

12