敷金が戻ってくる?引越しの際最低限掃除しておきたいところとは

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

新しい住まいが決まっていよいよ引越しとなった場合。荷造りも頑張ったし、あとは引越し業者を待つだけ…と思っていませんか。引越しの際、どこをどう掃除すればいいのか、また敷金を取り戻すための掃除の必須ポイントをご紹介します。

  1. 敷金を取り戻すための掃除、その必須ポイント
  2. ほかに敷金から原状回復費を引かれる場合はどんな場合?
  3. 部屋を退去する際、どう部屋を掃除する?
  4. 引越しのとき、不用品処分はどう行うか

以上4点をおさえて退去の際の掃除を行えば、敷金返還を満足のいくものにできるばかりか、身軽な気持ちで新居にて暮らすことができるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。


1.敷金を取り戻すための掃除、その必須ポイント

引越すときに、敷金が戻ってくるという話は聞いたことがある人も多いでしょう。でも、掃除ひとつで敷金が戻る金額が変わってくるって知っていましたか。掃除のポイントをご紹介します。

1-1.掃除のポイントは東京都や国土交通省が出しているルールを参考に

東京都は「賃貸住宅トラブル防止ガイドライン」、国土交通省は「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」を出しています。この二つには、線引きが難しい敷金にまつわるルールが載っているので、参考にしてみましょう。ただし、これらのルールは法的拘束力があるわけではないので、契約書などを確認し、それらに載っている方を優先してください。

1-2.台所の油汚れや換気扇の油汚れは掃除必須

上記の二つのガイドラインには、台所の油汚れや換気扇の油汚れの原状回復費は、借り主、つまりあなたが一部支払うことになることが多い費用だと書いてあります。つまり、掃除を怠ったことによる原状回復費の一部を、戻るかもしれない敷金から差し引かれるのですね。これは損。台所や換気扇の油汚れは、きちんと掃除しておきましょう。また、ガスコンロ置き場の汚れもこの範ちゅうに入ります。掃除の仕方は後ほど述べましょう。

1-3.結露を放っておいた場合のカビやシミ

気密性の高いマンションやアパートが増えている中、結露は避けて通れないものとなっています。放っておいて、カビやシミが発生したというのもよく聞く話。これは、一部借り主の負担になりますので、注意しましょう。これの掃除の仕方も後述します。

1-4.風呂・トイレ・洗面台の水あかやカビ

お風呂やトイレ、それに洗面台の水あかやカビは、一部借り主負担になることがありますので、掃除しておいた方が良いでしょう。

12