無料で出来るには訳がある! ノートパソコンの処分方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

生活に欠かすことの出来ないノートパソコン。いまでは子どもでも気軽に使っている時代です。そんなパソコンも、年を追うごとに高性能化・デザインが一新されて次々と新しいモデルが生まれています。今では一年に一度、パソコンを買い替えている方も多いかと。そのとき
「古いノートパソコン、どう処分すればいいんだ」
「パソコンは捨ててもいいのかしら」
「データとか大丈夫かな」
と、ノートパソコンを捨てるにしても疑問が浮かんでくるかもしれません。
ここでは、そんなノートパソコンの捨て方をご紹介します。

目次

  1. ノートパソコンを処分するには
  2. ノートパソコンを処分する方法
  3. 処分に合わせたデータの消去方法
  4. なぜ、基本的にパソコン処分は「無料」なのか
  5. 処分前のチェックリスト
  6. まとめ

1.ノートパソコンを処分するには

パソコンなどの家電は、勝手に不燃ごみや粗大ゴミとして出し手はいけません。自主回収・リサイクルが義務付けられています。対象のものは

  • デスクトップパソコン
  • ノートパソコン
  • 液晶ディスプレイ
  • CRTディスプレイ
  • 液晶と本体の一体型パソコン

などがあります。プリンター・キーボード・マウスなど周辺機器は対象にはなりませんので、不燃ごみや粗大ゴミとして出しましょう。

2.ノートパソコンを処分する方法

古いノートパソコンを処分するには、自分で勝手に捨てることはできません。ここでは、そうしたノートパソコンの処分方法をご紹介します。

2-1.パソコンを処分してくれる業者に依頼する 

古いノートパソコンを無料で廃棄・処分している場所で処分してもらう方法です。自分の近くにあれば持ち込んでみましょう。自分の地域にそういった場所が無くても、発送することで処分してくれる業者もあります。
また、会社によってはハードディスクのデータ消去も行ってくれますので、その点を含めて依頼先を探してみましょう。

2-2.メーカーに回収してもらう

PCリサイクルに基づき、パソコンメーカーが有償で回収してくれます。しかし、「PCリサイクルマーク」が付いている場合は無償です。
また、ハードディスク内のデータ消去は自己責任で行います。所有しているパソコンのメーカーによって廃棄・処分方法は異なってきますので、メーカーごとに問い合わせて確認しましょう。

2-3.家電量販店・パソコンショップで処分してもらう

近くに家電店などがあれば、その店舗で処分してもらうことができます。新しいパソコン購入時に古いパソコンを下取り扱いしてもらい、値引きとなる場合もポイントです。
しかし、ブラウン管ディスプレイなど廃棄出来ない物があるので注意しておきましょう。また、データ消去は店舗のサービスによって異なりますので、確認しておく必要があります。

2-4.自分で売りに出す

ノートパソコンや、その部品を中古品としてオークションなどで販売することも可能です。性能が高かったり、珍しいパソコンであったりすれば、高値での売却が期待できるでしょう。
しかし、近年パソコンの性能はどんどん進化していて、性能が高くて安いパソコン・部品が増えています。古いパソコン・部品などはほとんど値段が付かないことが大半ですので、過度な期待はしないように。
また、ハードディスクのデータ消去も自分で行わなければいけません。

3.処分に合わせたデータの消去方法

パソコンにはハードディスクが内蔵されています。ここに自分が使ったデータがすべて入っており、処分する際にはこのデータを消さないと個人情報が漏れる危険性があるのです。こうしたハードディスクのデータは簡単に消えず、初期化をしても特殊な方法で読み取ることは可能とされています。
では、古いノートパソコンを処分する場合に、どういった形でハードディスクを処分すればいいのか確認しておきましょう。

3-1.自分でハードディスクを取り出す 

ノートパソコンからハードディスクを取り出し、自分で保管するか、物理的な破壊を行う方法です。ハードディスクを取り外したパソコンは処分を依頼するため、パソコンの分解作業が必要となります。
データが入っているハードディスクは、いざというときのバックアップ用として使用できるでしょう。また、再フォーマットして予備のハードディスクとして保管しておくなど使い道はあります。ただしハードディスクが壊れている場合は利用できません。
取り外してデータを破壊したハードディスクは、パソコンではありませんので不燃物・資源ごみとして出すこともできます。

3-2.自分でデータ消去を行う

ノートパソコンに、自分でデータ消去ソフト・物理フォーマットツールを使用してハードディスクを取り出さずデータ消去を行う方法です。ハードディスク取り出し・パソコン分解が難しいときに試してみましょう。

3-3.パソコン処分会社に任せる

パソコンの処分を行っている会社でデータ消去を行ってもらう方法です。パソコンの処分にあわせてデータ消去も任せられるため、便利なサービスと言えます。
また、終わったあとに証明書を発行してくれる場所もあるようです。

3-4.パソコン専門店・家電店でのデータ消去サービス

パソコン専門店や家電店にハードディスクを持ち込むことで、データ消去を行ってもらうサービス。店頭などにハードディスクを持ち込むことで、物理破壊や磁気ディスクのデータ消去を行ってもらえます。
この場合、多くは新品パソコンの下取り扱いでのサービスとなることが多いです。

4.なぜ、基本的にパソコン処分は「無料」なのか

「家電を処分するにはお金が掛かるのに、どうしてパソコンは無料回収しているの?」
と疑問を持たれる方も多いと思います。その理由を、この項目で解決しましょう。

4-1.部品の再利用

パソコンを回収した後、ただ壊すけではありません。再生可能なパソコン部品を取り出して、それを再利用・リサイクルするのが目的です。

  • CPU
  • メモリ
  • グラフィックボード

などは、自分でパソコンを作る人には売ることもできるため、回収して売る企業も多くあります。

4-2.貴金属の再利用

ノートパソコンやその部品は、ほとんどが金属で出来ています。そのため、鉄やアルミとして再利用することができるのです。
また、パソコンの基盤にはレアメタル(希少金属)も使われています。処分されるパソコンからは金属などの他に、レアメタルも取り出され再利用されるのです。

5.処分前のチェックリスト

古いノートパソコンを捨てる前に、データだけでなく他にも確認しておかなければいけないことがあります。ここではその確認を行いましょう。

5-1.古いデータを移行させる

パソコン内には、思い出が詰まった写真データ・お気に入りの音楽データなどがたくさん残っているもの。必要なデータは新しいPCでも使えるように、データを移行させた上でデータ消去やパソコン処分を行いましょう。

5-2.大事なデータのバックアップを取っておく

大切なデータが無いと思っても、気付かない場所に個人情報が残っている可能性があります。

  • クレジット情報
  • アドレス
  • 会社情報

などが、パソコンの処分と共に流出するわけにはいきません。しっかりとバックアップを取った上で、廃棄を行いましょう。

5-3.パソコンを工場出荷時の状態に戻す

パソコンを個人で売りに出す場合は、フォーマットを行うことで、パソコンを購入前の状態に戻しておきます。しかし、これはハードディスク領域のデータ消去を完全に行っている状態ではありません。危険性があれば、データの完全破壊をしておきましょう。

6.まとめ

いかがでしたか?
この記事ではパソコンの処分方法に関して紹介しました。さいごに、大事な部分をまとめておきましょう。

  • ノートパソコンを処分する方法を考える
  • 方法によっては、自分でデータの消去を行う必要がある
  • 基本的に処分は無料で行ってもらえる
  • 処分する前に、データ移動やバックアップをしておく

古いノートパソコンが家にあっても、邪魔になるだけです。信頼できる場所で、個人情報をしっかりと消去した上で、いらないノートパソコンを捨ててしまいましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
お部屋スッキリ計画の第一歩は不用品の処分から。

不用品の無料回収サービスのご案内

不用品の中に次の品物はありますか?
パソコン/液晶モニター/液晶テレビ/スマートフォン/タブレット/ハイスペックゲーム機

該当品目が一つでもあれば、不用品をまとめて無料で処分できるかも! 弊社指定の回収対象品目(70品目以上)でしたら無料で宅配回収いたします。 送料も弊社が負担しますので、処分にかかる費用はゼロ。

さらにご不要になったパソコンのOSがウィンドウズvista以降であれば、梱包用の宅配キットを無料でお送りします。

回収対象品目の一覧を見る 無料で回収できる理由