ノートパソコンをお得に処分する方法は? 簡単に廃棄するコツを伝授!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ノートパソコンの処分でお悩みではないでしょうか。ノートパソコンは、PCリサイクル法によりゴミとして出すことができないため、ほかの方法で処分することになります。しかし、「なるべく費用がかからず簡単な方法はないか」「処分する前にどんな準備が必要か」など、何かと知りたいこともあるでしょう。

そこで今回は、ノートパソコンの処分について詳しく解説します。

  1. ノートパソコンは自治体のゴミで出せない
  2. ノートパソコンを処分する前の準備
  3. ノートパソコンを処分する方法
  4. ノートパソコンを買取に出す方法
  5. ノートパソコンの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、ノートパソコンをお得に処分するコツや注意点がよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。


1.ノートパソコンは自治体のゴミで出せない

最初に、ノートパソコンを自治体のゴミで出せない理由などを見ていきましょう。

1-1.PCリサイクル法によりゴミとして出せない

ノートパソコンは、PCリサイクル法の対象品目となるため、ゴミとして自治体に出すことができません。PCリサイクル法は、パソコンやパソコン用モニターに含まれる再生資源の有効活用・ゴミの総量削減などを目的とした法律です。PCリサイクル法では、メーカーが責任を持って自社製品を回収し、再資源化することが義務となっています。

1-2.小型家電リサイクル法の対象になる場合もある

自治体によっては、ノートパソコンが小型家電リサイクル法の対象品目に指定されていることがあります。小型家電リサイクル法も、PCリサイクル法と同様、再生資源の有効活用などを目的に制定された法律です。ただし、指定品目の選択は各自治体に権限がある点に違いがあります。そのため、ある自治体ではノートパソコンが対象になっても、ほかの自治体では対象外となるのです。自治体が小型家電リサイクルに沿った処分を採用している場合は、役所や商業施設に設置してある「専用回収ボックス」に投入するだけで、無料にて処分できます。

2.ノートパソコンを処分する前の準備

ノートパソコンを処分する前にやっておくべきことを解説します。

2-1.内部データの移行やバックアップをしよう

ノートパソコンを処分する前に、内部データの移行やバックアップを行っておきましょう。具体的な手順は、以下を参考にしてください。

  1. パソコン付属のバックアップツールなどにより、データ全体のバックアップを取る
  2. 移行するデータを選別する
  3. インターネットクラウドや外付けハードディスクなどを用意し、データを移行する

2-2.データを確実に消去する

パソコンを処分するときは、必ず内部データを消去してください。内部データが残ったまま処分した場合、悪意ある第三者の手に渡ると悪用される恐れがあります。内部データの移行やバックアップが終わったのを確認し、消去作業に移りましょう。先に消去作業をしてしまうと、大切なデータを失うので注意してください。なお、内部データの消去は、以下のようなフリーソフトでも可能です。

  • DESTROY:初期化だけでは残ってしまうデータも丸ごと消去できるフリーソフト

一般的な初期化だけでは、完全にデータを消去できないため、上記のようなデータ消去ソフトを利用しましょう。また、パソコンの故障などでデータ消去ソフトが使えない場合は、HDDを物理的に曲げたり裁断したりするなどの方法により、データを読み込み不可の状態にできます。

2-3.ユーザー登録の解除も忘れずに

メーカーにユーザー登録している場合は、必ず解除しておきましょう。多くの場合、メーカーのホームページから解除可能です。解除せずに処分した場合、個人情報が次の持ち主に知られる・次の持ち主が新たにユーザーできないなどの可能性があります。また、ノートパソコンに写真シールなどを貼ってある場合も、忘れずに除去しましょう。

3.ノートパソコンを処分する方法

ノートパソコンを処分する方法で主なものを詳しく見ていきましょう。

3-1.メーカーに回収を依頼する

不要になったノートパソコンは、メーカーに依頼して処分してもらうことができます。詳しくは、以下を参考にしてください。

  1. メーカーのリサイクル受付窓口に連絡し、ノートパソコンの回収を依頼する
  2. メーカーにパソコンの品番・希望回収日時・場所・連絡先などを伝え、指示を受ける
  3. リサイクル費用が必要な場合は郵便局で支払い、控えを受け取る
  4. メーカーから配送伝票が送られてくる
  5. ノートパソコンをこん包し配送伝票を貼りつけ、配送業者に渡す

メリット

  • PCリサイクルマークがあるものは無料で処分可能
  • 確実に再資源化される
  • 信頼度が高い

デメリット

  • 手続きが面倒
  • 依頼から集荷完了まで2週間程度かかることがある
  • PCリサイクルマークがないものは有料(1台数千円程度)

3-2.販売店の下取りや引き取りを利用する

ノートパソコンを買い替える場合は、販売店の下取り・引き取りサービスを利用できることがあります。サービスを利用できるか確認し、業者の店頭に持ち込むか新しいノートパソコンの受け取りと同時に引き渡してください。なお、下取りや引き取りの場合は、リサイクル費用は不要です。

メリット

  • 買い替えと同時に処分できる
  • リサイクル費用がかからない

デメリット

  • 機種・メーカー限定サービスの場合がある
  • 購入台数と同数だけの対応となる

3-3.不用品回収業者に依頼する

不要になったノートパソコンは、パソコン回収を強化している不用品回収業者に処分を依頼するのもおすすめです。最近では、指定業者の宅配便にて着払いで送付するなどを条件に、ノートパソコンを無料回収してもらえるサービスも増えています。たとえば、当パソコン処分本舗でも、佐川急便の着払いを利用した場合、宅配便の送料も無料で回収可能です。ノートパソコンと同梱(どうこん)すれば、そのほかの不用品も処分費用無料で回収できて大変お得ですので、ぜひご利用ください。

メリット

  • 条件によっては無料回収してもらえることがある
  • 周辺機器なども同時に回収依頼できる
  • データ消去サービスを利用できる
  • 宅配便を利用して回収してもらえて便利

デメリット

  • 悪質業者に注意する必要がある

4.ノートパソコンを買取に出す方法

比較的新しくキレイなノートパソコンは、買取してもらえることがあります。

4-1.年式が新しく故障していないものなどが対象

不要になったノートパソコンでも、以下のようなものは買取してもらえる可能性が高くなります。

  • 年式が新しい
  • 人気メーカー(Apple・富士通・東芝・VAIOなど)
  • 故障や不具合がない
  • 購入時の箱・説明書・付属品がそろっている
  • 目立つ汚れ・ひどい臭い・破損がない
  • 液晶にヒビや欠けがない

4-2.パソコン買取専門業者やリサイクルショップなどで買取可能

ノートパソコンは、以下のようなところで買取してもらえます。買取を希望する場合は、業者に連絡して査定を受けましょう。買取可能で、業者の提示金額に同意できる場合は、ノートパソコンを引き渡し、代金を受け取ってください。

  • パソコン買取専門業者
  • リサイクルショップ

また、ネットオークションやフリマサイトを利用し、自分で売ることも可能です。業者で買取不可になったものも出品でき、売りたい価格を設定できます。ただし、個人間取り引きとなるため、発送やクレーム対応などをすべて自分で行う必要があり、普段から取り引きに慣れていない人にはおすすめしません。

5.ノートパソコンの処分に関するよくある質問

最後に、ノートパソコンの処分に関する質問に回答します。それぞれ確認してください。

Q.メーカーに2台以上まとめて回収手続きすることは可能?
A.いいえ。メーカーに依頼する場合は、1台ごとに手続きが必要です。回収費用が必要な場合も、1台ごとにかかるので注意してください。

Q.メーカーで回収された後、どんな風にリサイクルされる?
A.メーカーの自社施設で素材ごとに分解され、再資源化されます。再生資源は、新たな製品の原料となったり、燃料として使われたりして有効活用されるのです。

Q.ノートパソコンの買取価格に納得できない場合はどうする?
A.まずは、業者に査定理由を説明してもらいましょう。理由を聞いてもなお納得できない場合は、以下の方法を参考にしてください。

  • 現在の業者と取り引きを中止し、ほかの業者に改めて査定を依頼する
  • ネットオークションやフリマサイトに出品する

Q.10年以上前に購入したノートパソコンが買取不可と言われる理由は?
A.以下のような理由があるからです。

  • 年式が古すぎて最新のプログラムに対応できない
  • メモリーやHDDの容量が少なすぎる
  • 経年などの理由で部品の寿命が短くなっている

ほぼ使用せずキレイな状態であっても、実用性に乏しいと考えられるものは、買取対象外となります。不用品回収業者に依頼するなど、ほかの方法での処分を検討してください。

Q.業者に内部データの消去を依頼するのは不安なのですが?
A.信頼できる業者なら、問題ありません。なお、有料ですが「データ消去証明書」を発行してもらうと安心です。

まとめ

今回は、ノートパソコンの処分について詳しく解説しました。ノートパソコンは、PCリサイクル法の対象品目であり、自治体のゴミとして出すことができません。したがって、故障や買い替えなどで不要になったパソコンは、メーカー回収・販売店の下取りや引き取り・不用品回収業者に依頼などの方法で処分しましょう。メーカー回収を利用する場合は、PCリサイクルマークがあれば無料・ない場合は1台につき数千円の回収費用が必要です。なお、不用品回収業者の中には、指定業者の宅配便にて着払いで送付すると、宅配便の送料も無料で回収してもらえるところもあります。費用がかからず処分でき、そのほかの不用品も無料処分できることもあるので、調べてみるといいでしょう。