子供部屋が散らかっている! 片付けができる子に教育するには?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

子供部屋が散らかっている。そのときあなたは、どうしていますか?「片付けなさい!」と怒っては、かえって逆効果になることも。なぜなら、お子さんは強制されると反発してしまうこともあるからです。子供の目線に立って、一度、見直してみませんか?そして、自ら実践してみてください。子供部屋の収納のポイントを紹介します。

  1. 片付けは子育ての1つ
  2. 楽しくなる?子供部屋の片付け法
  3. 子供部屋の片付けのコツ
  4. まとめ

1.片付けは子育ての1つ

散らかり放題の子供部屋。見るに見かねたあなたは、思わず「片付けなさい!」と、怒鳴っていませんか?叱るのはいいけど、怒ってはダメ。勉強でもそうです。
成長期にあるお子さんは、怒ったあなたの言葉に、敏感に反応します。多感な年ごろ。あなたの怒りにふれて、しぶしぶ片付けを始めるかもしれません。あるいは、反発して無視するかも。さらには、片付けしたとしても、とりあえずあなたから見えない場所にしまい込んで、見た目は片付けたように見せることもあるでしょう。いずれにしても、いい結果を生むとは思えません。
「なぜ片付けなければいけないの?」「片付けることでどんないいことがあるの?」
片付けた方がいいと心の中では思っていても、お子さんがこんな質問をしてきたとき、あなたはどんな言葉を用意していますか?ここで模範解答を用意するつもりはありません。あなた自身の言葉で、お子さんに片付けることの意味を伝えるべきです。
片付けは、お子さんへのしつけであると同時に、あなたのご家庭ならではの子育て・教育になります。あなたご自身が、子育ての考えのもとに伝えてください。

12