子供部屋が散らかっている! 片付けができる子に教育するには?

このエントリーをはてなブックマークに追加

子供部屋が散らかっている。そのときあなたは、どうしていますか?「片付けなさい!」と怒っては、かえって逆効果になることも。なぜなら、お子さんは強制されると反発してしまうこともあるからです。子供の目線に立って、一度、見直してみませんか?そして、自ら実践してみてください。子供部屋の収納のポイントを紹介します。

  1. 片付けは子育ての1つ
  2. 楽しくなる?子供部屋の片付け法
  3. 子供部屋の片付けのコツ
  4. まとめ

1.片付けは子育ての1つ

散らかり放題の子供部屋。見るに見かねたあなたは、思わず「片付けなさい!」と、怒鳴っていませんか?叱るのはいいけど、怒ってはダメ。勉強でもそうです。
成長期にあるお子さんは、怒ったあなたの言葉に、敏感に反応します。多感な年ごろ。あなたの怒りにふれて、しぶしぶ片付けを始めるかもしれません。あるいは、反発して無視するかも。さらには、片付けしたとしても、とりあえずあなたから見えない場所にしまい込んで、見た目は片付けたように見せることもあるでしょう。いずれにしても、いい結果を生むとは思えません。
「なぜ片付けなければいけないの?」「片付けることでどんないいことがあるの?」
片付けた方がいいと心の中では思っていても、お子さんがこんな質問をしてきたとき、あなたはどんな言葉を用意していますか?ここで模範解答を用意するつもりはありません。あなた自身の言葉で、お子さんに片付けることの意味を伝えるべきです。
片付けは、お子さんへのしつけであると同時に、あなたのご家庭ならではの子育て・教育になります。あなたご自身が、子育ての考えのもとに伝えてください。

2.楽しくなる?子供部屋の片付け法

あなたならではの子育て論が確立したとして、実際に子供部屋をどう片付ければいいのでしょうか。具体的な方法を紹介します。想定しているのは小学生くらいお子さん。子供部屋にあるのは、机、本棚、クローゼット、遊び道具(おもちゃなど)、ベッドです。

2-1.机は機能性を第一に

机は勉強するための場所。機能性を最優先してください。机の上には何も置かないのが理想です。でも、毎日使う教科書などは、できるだけ使いやすい場所に置くといいでしょう。本立てがついている机だと便利。本棚に置く場合は、すぐに取り出せる場所に本棚を配置しましょう。

2-2.引き出しは、いつも使うものを右上に

右上の引き出しには、いつも使うものを入れます。文房具などです。机の上と右上の引き出しが整理整頓されれば、机のまわりはグッと引き締まり、すっきりすします。
ほかの引き出しには、用途ごとにグルーピングして収納してください。あくまでも機能性第一。どこにしまったのか、すぐにわかるようにすることが必要です。引き出しは、とかく不要なもの、必要ないものが入りがち。定期的に見直すように誘導してあげてください。

2-3.本棚は学習専用

本棚には、教科書、副読本、参考書などを収納します。小学生だと本棚に余裕があるでしょう。でも、だからといって、まんが本や遊びのためのものを入れるのは禁物。勉強のためのものに特化すべきです。机の場所から見える場所にまんが本などがあると、つい、手にしたくなります。きっちりとメリハリをつけてあげましょう。

2-4.机の前の壁には何も貼らない?

机の前の壁には、何も貼らないようにした方がいい。そんなことをおっしゃる方もいます。確かに、好きな歌手のポスターを貼るようなことは好ましいとは思えませんが、勉強のために必要なものは別。スケジュール表や時間割表を貼ることは、大いにい結構です。勉強のために必要なものまでダメというのでは、お子さんが窮屈になるだけでしょう。

2-5.おもちゃなどは専用の収納箱に

まんが本やおもちゃなどは、1か所にまとめて収納することをおすすめします。しかも、勉強する机とは反対側に置くことが理想です。カラーボックスや専用の箱を用意してください。できれば、普段は見えないように。この場所だけは、あなたは口を出していけません。お子さんの自由にさせるべきです。自分だけの場所にすることで、お子さんは愛着を覚え、片付けの自覚も芽生えます。

2-6.クローゼットは使いやすく

洋服などはクローゼットに収納しますが、小学生くらいの身長では、高い場所に届かない可能性があります。収納ケースなどを入れて、使いやすくしてください。ハンガーの上にある収納スペースは、使う必要がなければそのままで構いません。
ただし、季節ごとに使うものを入れておくこともあるでしょう。お子さんが成長すれば自由に出し入れでできるはず。でも、成長するまでは、あなたが一緒に片付けと収納を手伝ってあげることが大切です。

2-7.ベッドも整理整頓

ベッドの乱れは、お部屋が散らかっているいるという悪印象を与えます。起きてパジャマを着替えるときは、ベッドの乱れを直し、パジャマはきちんとたたむようにしつけてください。ベッドとパジャマをきちんとするだけでも、子供部屋の印象はがらりと変わり、すっきりするはずです。

3.子供部屋の片付けのコツ

子供部屋の片付け術を紹介しました。でも、大切なことは、お子さんを片付ける気持ちにさせることです。そのためには、大人の考えを押し付けないこと。どんな秘けつがあるのでしょうか。

3-1.子供の目線で考える

あなたがこうした方がいいと思っても、お子さんにとっては、かえって使いにくくなることもあります。子供の目線で見つめ直すことが大切です。たとえば、次のようなことがあります。

  • 手間がかかるフタつきの収納ケースはやめる
  • 高さのある収納は避ける
  • 収納するものの大きさに合わせた入れ物を用意する

3-2.変化する収納・家具にする

お子さんは、どんどん成長していきます。そして、成長するのに比例して、収納するものも増えていくはず。小学1年生と6年生では違うのです。なのに、収納するものが同じでは、いくら整理整頓しても、ものはあふれてしまうでしょう。
お子さんの成長に合わせて、可変性がある収納や家具を考えるべきです。買い替えるのではなく、増殖する収納を考えてはどうでしょうか。カラーボックスなどは、とても便利なグッズです。そして、不要なものは処分することも大切だということを教えていきましょう。

3-3.一緒になって部屋づくり

片付けたい気持ちはあっても、片付け方がわからないお子さんもいます。そんなときは、あなたが片付けの見本を示してください。あなた自身は、片付け方を身につけていますか?「片付けなさい」と叱る以上は、あなたがきちんと片付け方を知っておくことが大切です。

3-4.使ったら戻す、戻す場所を決める

使ったら元の場所に戻す。きれいなお部屋を維持するための鉄則です。そのためには、戻す場所を決めておくことが重要。用途ごとに収納する入れ物や収納場所を決めてください。
毎日、お休みする前の5分間、元の場所に収納してから1日を終えることを習慣づけるといいでしょう。

4.まとめ

子供部屋が散らかり放題と悩むあなたに、片付け方や収納のポイントを紹介しました。大切なことは、お子さんを片付けする気にさせることです。そのためには、あなた自身が片付けに関して、しっかりした考えをもっていなければなりません。
なぜ、片付けなければならないのか。あなた自身の言葉で伝えてください。そうすれば、お子さんはわかってくれるはずです。
片付けは子育て。片付けを通して、お子さんを成長に導いてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
お部屋スッキリ計画の第一歩は不用品の処分から。

不用品の無料回収サービスのご案内

不用品の中に次の品物はありますか?
パソコン/液晶モニター/液晶テレビ/スマートフォン/タブレット/ハイスペックゲーム機

該当品目が一つでもあれば、不用品をまとめて無料で処分できるかも! 弊社指定の回収対象品目(70品目以上)でしたら無料で宅配回収いたします。 送料も弊社が負担しますので、処分にかかる費用はゼロ。

さらにご不要になったパソコンのOSがウィンドウズvista以降であれば、梱包用の宅配キットを無料でお送りします。

回収対象品目の一覧を見る 無料で回収できる理由