部屋の模様替えのコツ!上手な部屋の整理術

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

部屋の模様替えは、日常生活を楽しく快適にするための生活改善方法です。模様替えは、日常生活を楽しく快適にすることに加えて、日常の疲れを効果的に癒(い)やすことができます。家具の配置・配色から生活を快適にするためのコツや証明の選び方まで、部屋の模様替えに関する方法を詳しくご紹介しましょう。

  1. 部屋の模様替えのコツとは?
  2. 部屋を広く見せる視覚効果
  3. 部屋のイメージは配色と照明で決まる
  4. まとめ

1.部屋の模様替えのコツとは?

1-1.目的に合わせた模様替え

部屋の模様替えは、目的を持って取り組むことが大切です。模様替えによって得られる効果について簡単にご紹介しましょう。

疲れを癒やす部屋

疲れを癒やすことは、部屋の持つ大切な機能です。普段、自宅や部屋で疲れが取れないと感じている方は、疲れを癒やすための模様替えを目指してみましょう。

楽しく過ごす部屋

部屋はプライベートな時間を過ごすための空間です。日常を楽しく過ごすためにも、楽しく過ごせることは部屋の大切な機能の一つといえるでしょう。

部屋の片付けは心の整理

部屋はプライベートな空間であることから“心を移す鏡”といわれています。部屋の片付けることは、心の整理といっても過言ではありません。心の整理をつけたい場合には部屋の整理からはじめてみましょう。部屋の模様替えは、目的意識を持ってはじめることが大切な心掛けです。

1-2.効果的な部屋の模様替えとは?

部屋を片付けるためのコツは、“家具選びと配置”“部屋の配色”を意識して模様替えすることが大切です。部屋の最適な家具を選び的確に配置することで、部屋を広く見せる効果が得られます。また、家具の配色を統一し適切な証明を選ぶことで“集中できる部屋”“くつろげる部屋”など目的に合わせた部屋を手に入れられるのです。効果的な部屋の模様替えをするための情報を得ることも大切な下準備といえるでしょう。

2.部屋を広く見せる視覚効果

2-1.家具の配置で部屋を広く!

「なんとなく部屋が狭い」「もう少し部屋を広くしたい」という場合には、家具の配置を検討してみましょう。家具の配置で“部屋を広くすること”はできないのですが、“部屋を広く見せること”は可能です。引っ越した当日は広く見える部屋でも、引っ越し後になんとなく狭く感じてしまいます。

これは、家具によって部屋の空間が減少していることが原因です。生活に欠かせない家具なのですが、部屋を狭くしてしまう原因でもあります。家具は適切に選び配置することは、部屋の整理の基本です。部屋を広くするためには、必要最低限の家具だけを使用するようにしましょう。部屋の模様替えには、不用品の処分も大切な要素なのです。

2-3.視覚効果

不用品の整理をしても限界があるという場合には、視覚効果を利用することで部屋を広く見せることができます。視覚効果を利用した部屋の模様替えについてご紹介しましょう。

背の高い家具は圧迫感が生じる

背の高い家具は、部屋の収納効果を高めることができます。しかし、高い家具は圧迫感が生じるデメリットがあるのです。必要でない限り背の高い家具の配置を避けることで部屋の広さを引っ越し前の状態に近づけることができます。圧迫感が生じない家具の高さは、床から1m程度が限度です。

視線と家具の配置

どうしても背の高い家具を使用したい場合には、普段の目線に注意することで圧迫感をなくすことができます。たとえば、“背の高い家具はソファーの後ろに配置する”“ドアの横に背の高い家具を配置する”など普段の生活で目線に入らない場所に配置するようにしましょう。部屋は家具の高さと配置に大きく影響を受けるので、部屋に圧迫感がある場合には、家具の配置を工夫することが大切です。

3.部屋のイメージは配色と照明で決まる

3-1.家具と色彩の効果

部屋を広く感じる上で重要なのは、家具の高さに加えて“色彩”も大きく影響します。色彩によって変わる部屋のイメージについてご紹介しましょう。

寒色系

白やブルーなどの寒色系は部屋を広く見せる効果があります。寒色系には精神安定効果もあるため“落ち着ける部屋”に向いている色彩です。

暖色系

赤やオレンジなどの暖色系は部屋を狭く見せる効果があります。暖色系には興奮効果があるので、“気分を高める部屋”に向いている色彩です。部屋を広く見せる場合には、“寒色系”の家具に統一することで高い色彩効果を得ることができます。

3-2.目的に合わせた照明を選ぼう!

部屋を広く見せる上で照明も大きな影響を与える器具です。照明には暖色系、寒色系の2種類があり、効果的に利用することで部屋のイメージを大きく変えることができます照明と家具が部屋に与える影響ついてご紹介しましょう。

白昼色は部屋を広く見せる

LEDや蛍光灯などの白い光は部屋を広く見せることができます。模様替えで、部屋を広く見せたい場合には光量の高い照明器具を選ぶようにしましょう。LEDの光量は“ルーメン(lm)”、蛍光灯の光量は“ワット(W)”で現されています。

電球色で快適な部屋を作る

寒色系の照明は部屋を広く見せることに適しているのですが、陰気な部屋全体を陰気なイメージにしてしまう効果を持っています。部屋で気持ちが休まらない場合には“電球色”の照明を利用しましょう。電球色の照明はLEDや蛍光灯の両方で販売されています。

まとめ

部屋の模様替えは計画性を持って取り組むことで理想の部屋に近づけることができます。理想の部屋に近づけるための模様替えのコツをまとめてみましょう。

部屋を広く見せるためのポイント

  • 家具は床から1m以下のものを使用する
  • 寒色系の家具は部屋を広く見せる効果がある

部屋を広く見せるためのコツは“家具の大きさと色”を選ぶことです。

部屋に最適な家具を選び快適な部屋に模様替えしてみましょう!

続いて、部屋の照明による変化についてまとめます。

照明が与える部屋の印象

  • 白昼色:部屋を広く見せる効果がある
  • 暖色系:暖かくリラックス効果がある

家具に加えて照明によっても部屋の印象は大きく変化します。自分が部屋に求める印象を判断して最適な照明を選ぶように心掛けましょう。