部屋がすぐに散らかる原因とは?効率的にキレイな部屋を維持するコツ

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

掃除しても部屋が散らかるのは、自分に原因があるものです。
片付けが苦手な人でも原因やポイントを把握しておけば簡単に整理ができます。
そこで、すぐに部屋が散らかる原因やすぐに散らかる人の共通点・心理、上手に片付けをするコツ、キレイな部屋を維持する方法について説明しましょう。
キレイな部屋を維持したい人はぜひ参考にしてください。

  1. すぐに部屋が散らかる原因
  2. すぐに部屋が散らかる人の共通点・心理
  3. キレイな部屋を維持する方法
  4. まとめ

1.すぐに部屋が散らかる原因

掃除をしてもすぐに部屋が散らかるのは、なぜなのでしょうか。
キレイな部屋を維持するには、すぐに散らかる原因を把握しなければなりません。
自分の原因を把握して部屋をキレイにしていきましょう。

1‐1.収納スペースにものを押しこみすぎている

収納スペースは家庭によって限界があります。
一軒家の場合、収納スペースが十分に確保できるでしょう。
クローゼットや押し入れなど収納スペースにものをぎゅうぎゅう詰めにしていませんか?
ものを押しこみすぎている人ほど、すぐに部屋が散らかりやすくなります。
ぎゅうぎゅう詰めにしていると新しいものを収納するスペースがありません。
次々とものを押しこんだ結果、収納スペースからものがあふれ出て部屋が汚くなってしまいます。
収納する際“デットスペース”が生まれるものです。
デットスペースは隙間やものとものの間にある空間のことを指します。
デットスペースを上手に利用できるかどうかが、大きなポイントになるでしょう。
キレイな部屋を維持している人は、デットスペースを活用して収納スペースに余裕をつくっています。

1‐2.ものの置き場所が決まっていない

すぐに部屋が散らかる原因は「ものの置き場所が決まっていない」点があります。
たとえば、リモコン、雑誌、CD、洋服など置き場所をきちんと決めなければなりません。
片付けが苦手な人はものの置き場所が決まっていない傾向があります。
あいているスペースがあれば、あちこちにものを置いているのです。
ものの置き場所が決まっていないと使いたいときにいちいち探す必要があります。
時間・手間がかかってしまい、非常に効率の悪い生活になるでしょう。
ものの置き場所が決まっていない人は、自分で使いやすいように場所を決めてください。

1‐3.使った後はすぐに放置する

あなたはものを使った後、すぐ片付けているでしょうか。
時間がないからとものをすぐに放置しがちです。
片付けが苦手ですぐに散らかる人ほど、使った後はすぐに放置してしまいます。
使ったものは広い場所に置くなど悪習慣がついてしまってはおしまいです。
時間がないからと放置せず、使った後はすぐに片付けましょう。
すぐに散らかる原因は毎日の習慣が問題になっています。
生活習慣を少しずつ改善していけば、片付けの問題も解決できるでしょう。
キレイな部屋が自然と維持できるようになりますよ。

12