サーバーの廃棄方法とは? 専門業者に依頼するメリット・注意点など

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

パソコン周辺機器の1つであるサーバーは、ホームページを表示するために必要な情報を格納する場所のことです。不要になったサーバーを処分する場合、どのように廃棄すればよいのか悩む方は多いでしょう。PCリサイクル法の対象に入るのか、どこで処分できるのか、事前に知識を身につけておかなければなりません。そこで、本記事では、サーバーの廃棄方法・注意点・専門業者への依頼について説明します。

  1. サーバーの廃棄について
  2. サーバーの廃棄方法
  3. サーバー廃棄の注意点
  4. 専門業者へ依頼する場合
  5. サーバーの廃棄に関してよくある質問

この記事を読むことで、サーバーの廃棄方法と注意点が分かります。処分を検討している方や悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。


1.サーバーの廃棄について

サーバーとはどのようなものなのでしょうか。処分前に、基礎知識と廃棄をきちんと把握しておかなければなりません。

1-1.サーバーとは?

パソコンを利用するクライアント(依頼人)に対して、さまざまな機能処理やサービスを提供するコンピューターを「サーバー」といいます。企業では、データの共有・管理を行う場合に使われることが多く、必要不可欠な機器です。システムの安定性に優れているのがサーバーの特徴で、複数のクライアントにサービスを提供することができます。

また、クライアントやデータが増えたときも対応できるように拡張性を持たせ、多数のサーバーの稼働状態を常にチェックすることも可能です。異常があれば、即座に把握できる管理システムの機能が求められます。

1-2.サーバー廃棄のルールについて

PCリサイクル法(資源有効利用促進法)に基づき、PCリサイクルマークがついているパソコンは、メーカーによる回収・リサイクルが義務づけられています。対象となっているのはパソコン本体だけなので、サーバーを含めた周辺機器は対象外です。