テレビの処分を簡単にできます! 業者へ廃棄依頼するための方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

引っ越しや片付けをする上で、テレビを処分することもあるでしょう。今ではテレビを処分するには、粗大ごみでなく家電リサイクル法に従って廃棄する必要があります。その手続きは面倒で簡単に処分できません。そこで、スムーズに処分できる業者の利用方法についてご紹介しましょう。

  1. テレビを粗大ごみで処分できない理由
  2. テレビを「家電リサイクル法」で処分する
  3. テレビを買い替え時に処分する方法
  4. テレビを処分・リサイクルする方法
  5. テレビの処分を業者に頼む場合
  6. テレビ処分にかんする質問
  7. まとめ

この記事を確認することで、テレビの廃棄方法と共に簡単な処分方法をチェックできます。


1.テレビを粗大ごみで処分できない理由

1-1.家電リサイクル法とは

家電リサイクル法とは、テレビ・エアコン・冷蔵庫・洗濯機をリサイクルするように決めた法律です。これら4つの家電は粗大ごみでは出せないことも決めてあります。
テレビを処分する場合にも、家電リサイクル法に従って捨てる必要があるのです。捨てるときには、リサイクル費用を支払って捨てることになっています。

1-2.家電リサイクル法の必要性

テレビ・エアコン・冷蔵庫・洗濯機をリサイクル対象品とした背景には、自治体でのごみ処分の事情があるのです。これら4つの家電は非常に大型となっています。市町村のごみ処理場だけでは、処分しきれない現状があるのです。
また、今では環境問題が深刻となっています。大型家電をごみとして廃棄すると、それだけ資源が無駄となってしまうのです。そこで、家電リサイクル法を作ることで、各企業が家電のパーツや金属類を再利用することになっています。
この法律があるのは、不適用な処分・廃棄も増えているからです。法律に従わず、業者が勝手に回収して不法投棄するケースもあります。また、不適当な管理によって火災などの被害も起こっているのを知っておきましょう。

1-3.ブラウン管テレビと液晶テレビについて

テレビを処分するときは、ブラウン管・液晶どちらでも家電リサイクル法に沿って廃棄します。新旧にかかわらずパーツや資源などの利用が求められているのです。
また、どちらのテレビも不法投棄などが起きると環境破壊につながります。資源の無駄にもなるため、法律に従った廃棄が求められるのです。

2.テレビを「家電リサイクル法」で処分する

2-1.家電リサイクル券を買って処分する

テレビを家電リサイクル法に従って処分するときは、家電リサイクル券を購入して廃棄します。家電リサイクル券は、郵便局にて購入できるのです。リサイクル券の料金は、以下のようになっているのでチェックしておきましょう。

  • ブラウン管(15型以下)…1800円~
  • ブラウン管(15型以上)…2900円~
  • 液晶・プラズマテレビ(15型以下)…1800円~
  • 液晶・プラズマテレビ(15型以上)…2900円~

家電リサイクル法に従って処分するときは、自分で回収を依頼する必要があります。もしくは、自治体に運搬サービスがあるので依頼しましょう。どちらにかんしても、家電リサイクル券とは別に料金が発生します。

2-2.自分で処分するときのメリット・デメリット

家電リサイクル法に従って自分で処分するときは、すべて自分のタイミングで処分できるのがメリットです。公共機関の時間に併せて処分できるときは、自分のペースで処分しましょう。
デメリットとしては、手続きによって廃棄に時間が掛かる点です。平日などに時間が取れない人は、処分が大変だと思いましょう。

3.テレビを買い替え時に処分する方法

3-1.家電量販店による下取り・引き取り

テレビを処分したいときは、新品テレビを購入した家電量販店で処分できます。新品購入時の下取りサービスなどがあるので活用しましょう。
また、家電量販店ではリサイクル対象の家電引き取りも行っています。サービスや料金、方法は各店舗で違いますので確認しておきましょう。ホームページや店舗にて直接依頼できます。

3-2.メーカーによる回収

家電を販売している各メーカーでは、テレビなどリサイクル品などの回収も行っているのです。メーカーに直接電話・ホームページから連絡することで手続きができます。
各メーカーによって回収方法や料金には違いがあるもの。自分が処分したいテレビのメーカーを確認した上で、依頼を検討してみましょう。

3-3.家電量販店に依頼するメリット・デメリット

家電量販店にテレビ処分を依頼するメリットは、手続きを店側がしてくれる点です。店舗が確実に処分してくれるので安心もできます。
デメリットとしては、料金が高くなる点です。運搬費用や手続き代行によって、料金が割高となることが大半と思いましょう。

4.テレビをリサイクルする方法

4-1.テレビの買い取りをしてくれるところ

テレビがまだ使えるときは、リサイクルショップなどで買い取ってくれます。まだ状態がいい・使えるテレビであれば検討してみましょう。
リサイクルショップ以外にも不用品回収業者でも買い取りをしています。不用品回収と共に買い取りもしてくれるので依頼してみましょう。

4-2.リセールの場合

新品同様のテレビの場合は、オークションなどで売ってみるのがおすすめです。状態がいいものであれば高値が付くことがあります。
リセール商品になれば、不用品回収業者でも高値買い取りができるのです。オークションなどが面倒な人は、業者を頼ってみましょう。また、ブラウン管テレビなどを売ることも難しくなっています。

5.テレビの処分を業者に頼む場合

5-1.業者選びのポイント

テレビ処分を業者に依頼するときは、処分について許可を得ている業者にしましょう。認可を受けている業者は、きちんと処分できることを意味しています。ホームページなどに掲載しているので、事前にチェックしておきましょう。
同時に住所なども見ておくのがポイントです。住所登録がない業者だと、不法投棄など悪徳業者である可能性が高くなります。

5-2.業者に依頼するメリット

業者にテレビ処分を依頼するメリットは、簡単に処分できる点です。不用品回収業者は、家電などを処分するプロ。家電量販店よりも早く処分してくれます。
また、自宅に直接回収に来る・郵送など処分方法も幅広く対応しているのもポイント。手早く処分したいときは依頼してみましょう。

5-3.料金について

業者では、回収品目について料金設定しています。見積時に料金のことをしっかり聞きましょう。また、条件や商品によっては回収料金が無料となる場合があるのです。

5-4.主な回収方法

回収業者の回収方法としては直接訪問・宅配・事務所への持ち込みの3つがあります。これらどの方法でも回収費用はタダです。
自分に併せた形で回収を依頼できるのは、利用者として非常に助かるところ。また、見積もりも24時間受け付けています。回収前に費用が気になる人は、まずは見積もりを取ってみましょう。

5-5.注意したい無料回収業者

不用品回収業者に依頼する際は、「何でも無料回収します」という業者は避けることをおすすめします。「何でも無料」と言っている業者は、後々になって高額な請求をされることが多いのです。
同じように、見積もりを取らない業者も避けましょう。「無料」としている業者と同じで料金が割高となることがあります。

6.テレビ処分にかんする質問

6-1.データ消去について

最近の液晶テレビには、HDD内蔵型のものがあるのです。HDD内にあるデータは、不用品回収業者のほうで処分できます。
データ消去にかんしては無料サービスで行っているのです。各業者にて違うので、事前にチェックしておきましょう。

6-2.直接持ち込んだ際について

ブラウン管テレビなどを業者の事務所に直接運んだときは、スタッフが手伝ってくれます。テレビは非常に重いので、無理せずスタッフの力を借りましょう。
また、処分品が数種類あるときは、フォークリフトによる運びだしもできます。

6-3.電池式の液晶テレビについて

電池式の液晶テレビは、家電リサイクル法の対象外です。自分でも不燃ごみや粗大ごみとして処分することができます。自分で捨てるのが面倒なときは、回収業者のほうで処分できるので依頼してみましょう。まとめて廃棄するほうが楽です。

6-4.海外の製品について

海外のテレビでも家電リサイクル法に従って捨てることになります。また、不用品回収業者でも処分できるので依頼しましょう。
しかし、メーカーやテレビによっては処分が難しいものがあります。海外製のテレビについては、事前に業者などに相談しておきましょう。

6-5.付属品について

テレビに付いているリモコンなどの付属品は、不用品回収業者がまとめて処分します。捨てるときは、まとめて依頼しましょう。
また、ビデオデッキなどもまとめて捨てることもできます。見積もりで一緒に依頼しておけば、料金も事前にわかるので安心して捨てられるのです。

7.「パソコン処分本舗」のテレビ無料回収サービスについて

パソコン処分本舗では、無料で液晶テレビの回収をしています。宅配による回収で全国どこでも対応しているのです。
無料で回収できるのは、回収品を販売しているから。分解して使えるパーツの販売したり、リサイクル品としてそのまま販売します。
しかし、ブラウン管テレビの回収はしておりません。液晶テレビだけなのを知っておきましょう。

8.まとめ

いかがでしたか? この記事ではテレビの処分方法についてまとめました。
テレビを処分するには、家電リサイクル法に従って捨てる必要があります。自分で捨てるときは、家電リサイクル券などを購入して捨てることになるのを知っておきましょう。
自分で捨てるのが面倒なときは、不用品回収業者に依頼して捨てるのがおすすめです。回収や手続きを代行してくれるため、簡単に処分できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
お部屋スッキリ計画の第一歩は不用品の処分から。

不用品の無料回収サービスのご案内

不用品の中に次の品物はありますか?
パソコン/液晶モニター/液晶テレビ/スマートフォン/タブレット/ハイスペックゲーム機

該当品目が一つでもあれば、不用品をまとめて無料で処分できるかも! 弊社指定の回収対象品目(70品目以上)でしたら無料で宅配回収いたします。 送料も弊社が負担しますので、処分にかかる費用はゼロ。

さらにご不要になったパソコンのOSがウィンドウズvista以降であれば、梱包用の宅配キットを無料でお送りします。

回収対象品目の一覧を見る 無料で回収できる理由