テレビの処分を簡単にできます! 業者へ廃棄依頼するための方法

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

引っ越しや片付けをする上で、テレビを処分することもあるでしょう。今ではテレビを処分するには、粗大ごみでなく家電リサイクル法に従って廃棄する必要があります。その手続きは面倒で簡単に処分できません。そこで、スムーズに処分できる業者の利用方法についてご紹介しましょう。

  1. テレビを粗大ごみで処分できない理由
  2. テレビを「家電リサイクル法」で処分する
  3. テレビを買い替え時に処分する方法
  4. テレビを処分・リサイクルする方法
  5. テレビの処分を業者に頼む場合
  6. テレビ処分にかんする質問
  7. まとめ

この記事を確認することで、テレビの廃棄方法と共に簡単な処分方法をチェックできます。


1.テレビを粗大ごみで処分できない理由

1-1.家電リサイクル法とは

家電リサイクル法とは、テレビ・エアコン・冷蔵庫・洗濯機をリサイクルするように決めた法律です。これら4つの家電は粗大ごみでは出せないことも決めてあります。
テレビを処分する場合にも、家電リサイクル法に従って捨てる必要があるのです。捨てるときには、リサイクル費用を支払って捨てることになっています。

1-2.家電リサイクル法の必要性

テレビ・エアコン・冷蔵庫・洗濯機をリサイクル対象品とした背景には、自治体でのごみ処分の事情があるのです。これら4つの家電は非常に大型となっています。市町村のごみ処理場だけでは、処分しきれない現状があるのです。
また、今では環境問題が深刻となっています。大型家電をごみとして廃棄すると、それだけ資源が無駄となってしまうのです。そこで、家電リサイクル法を作ることで、各企業が家電のパーツや金属類を再利用することになっています。
この法律があるのは、不適用な処分・廃棄も増えているからです。法律に従わず、業者が勝手に回収して不法投棄するケースもあります。また、不適当な管理によって火災などの被害も起こっているのを知っておきましょう。

1-3.ブラウン管テレビと液晶テレビについて

テレビを処分するときは、ブラウン管・液晶どちらでも家電リサイクル法に沿って廃棄します。新旧にかかわらずパーツや資源などの利用が求められているのです。
また、どちらのテレビも不法投棄などが起きると環境破壊につながります。資源の無駄にもなるため、法律に従った廃棄が求められるのです。