電子レンジの寿命って何年なの? 買い換えに役立つ基礎知識とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

料理を行う上で必需品となった電子レンジ。カレーやシチューを作る際には、ジャガイモやにんじんを電子レンジを使って火を通し、柔らかくしておけば失敗しません。また、余り物を温めておいしくいただくこともできます。

そんな電子レンジが壊れてしまうと非常にこまってしまうはず。できれば、どのくらいで寿命がやってくるのかを知りたいところですよね。

そこで、今回は電子レンジの寿命が何年程度なのかについてお話しします。そのほか、電子レンジの選び方などについてもご紹介するので、ぜひ最後までおつきあいくださいね!

  1. 電子レンジの寿命
  2. 電子レンジの寿命が近いと思われる不具合
  3. 電子レンジの処分方法
  4. 電子レンジの選び方

1.電子レンジの寿命

1-1.電子レンジの平均寿命は何年?

電子レンジはマイクロ波というものを放出することで食べ物の分子を振動させ、その際に発生する摩擦熱によって加熱する家電製品です。つまり、そのマイクロ波を出す装置が故障してしまえば電子レンジとしての役目を果たすことができません。

つまり、マイクロ波を放出する装置の故障=寿命と考えてください。では、マイクロ波を放出する装置の平均寿命はどのくらいなのでしょうか。

マイクロ波を出す装置はマグネトロン(マイクロ波発振用電子管)という真空管です。このマグネトロンの寿命は一般的に『2000時間』といわれています。丸々換算すると、連続稼働で80日程度という計算ですね。

こう聞くとすごく寿命が短いように聞こえますが、実際は丸1日使うことなどありません。さらにいえば、使う日と使わない日もあるでしょう。

仮に1日30分使用したとすれば、4000日は持つということ。つまり、約11年持つということになりますね。

10日間どのくらい使用したのかを記録して1日の使用平均を出してみれば、だいたいどのくらいで寿命が来るのかを把握することができるでしょう。

1-2.寿命はあくまで指標

マグネトロンの寿命が2000日。1日30分の使用を前提とすれば11年持つと考えられるとお話ししました。しかし、必ずしも正しいとは限りません。余り数字にこだわり過ぎないようにしましょう。

なぜかというと、一口に電子レンジといってもメーカーや生産国によって寿命が変わってくるからです。たとえば、日本製やドイツ製などは長持ちしますが、中国製や東南アジア製などのものは比較的寿命が短いでしょう。これは技術の差はもちろん、製品に使われている部品の性能や、造りの丁寧さが違うからです。

高品質なものならば、20年以上も現役で稼働してくれることも少なくありません。寿命が近くなったからといって捨てるのではなく、何らかの不具合が出てきてから処分しても遅くはないでしょう。

12