体重計の処分方法とは? それぞれのメリット・デメリットや注意点

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「体重計の処分がわからないから……」と、そのまま放置していませんか? 使わなくなった体重計は自治体で処分できるのか、無料で処分できるのかなど、処分に悩みがちです。家電の1つである体重計には、適切な処分方法がいくつかあります。体重計の状態やライフスタイルに合った処分方法を選択すれば、上手に処分できるはずです。しかし、スムーズに処分するためには、知識を身につけておかなければなりません。そこで、本記事では、体重計を処分する前に知るべきことや処分方法・注意点などについて詳しく説明します。

  1. 体重計を処分する前に知るべきこと
  2. 体重計の処分~自治体回収
  3. 体重計の処分~リセールやオークションについて
  4. 体重計の処分~回収業者に頼む場合
  5. 体重計の処分にかんしてよくある質問

この記事を読むことで、体重計の適切な処分方法を知ることができます。処分に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。


1.体重計を処分する前に知るべきこと

体重計の処分に、悩んでいる方は多いことでしょう。正しい方法で処分するためにも、事前に知っておかなければならないことがあります。それでは、ゴミの分類と大まかな処分方法についてチェックしておきましょう。

1-1.ゴミの分類

一般家庭で使用する体重計は、ヘルスメーターといわれるものです。コンパクトサイズが多く、目盛りで値を読み取るアナログ式と、値を表示するデジタル式があります。健康診断などで使用されるのは、台はかりタイプや身長体重計です。体重計の種類によって、使われている素材が異なりますが、ほとんどは鉄・アルミ・樹脂・ステンレスなどで構成されています。そのため、燃えるゴミとして処分できません。一般的に、体重計は粗大ゴミとして扱われることになります。ただし、自治体によって、ゴミの分類が異なるので注意してください。

1-2.処分方法

体重計は、頻繁に買い替えるものではありませんので、処分方法に悩む方は多いことでしょう。大まかな処分方法は、自治体回収・リセールやオークション・回収業者への依頼となります。正しくスムーズに処分するためには、それぞれの方法やメリット・デメリットをきちんと把握することが大切です。