カテゴリー:パソコンの処分

ノートパソコンの寿命はたったの5年!? 処分方法と寿命の伸ばし方!

今や私たちの生活に欠かせないものとなったパソコン。特に、ノートパソコンはその使い勝手の良さなどから、幅広い世代・分野で利用されています。そんな生活必需品ともいえるノートパソコンだからこそ、気になるのは寿命ですよね。どのくらい使えるのか、そして、いざ寿命が来た際にはどうやって処分すれば良いのか、と悩む方も珍しくはありません。そこで、今回はノートパソコンの寿命や処分方法などについて中心にご紹介します。

  1. ノートパソコンの基礎知識
  2. ノートパソコンの寿命について
  3. ノートパソコンの故障と症状について
  4. ノートパソコンの寿命を長持ちさせる方法
  5. ノートパソコンが壊れてしまったら
  6. ノートパソコンの処分におけるよくある質問

これらの記事を読むことで、ノートパソコンの寿命と処分にまつわる基本的な知識を得ることが可能です。ノートパソコンの寿命を延ばすための方法についても解説していますので、ぜひお見逃しなく!


このエントリーをはてなブックマークに追加

古いパソコンの処分費はいくら? 気になる廃棄の謎を6か条で解説

古いパソコンをお使いの方は、「処分するときお金がかかるのかな?」と一度は考えたことがあると思います。最新のデスクトップパソコンやノートパソコンはPCリサイクル法によってリサイクルされますが、古いパソコンはどうなのでしょうか? そうした疑問を一挙に解決するため、今回は古いパソコンの処分方法について6項目でまとめてみました。2017年版、1月に書かれた最新記事です。

  1. 古いパソコン処分について
  2. 古いパソコンとPCリサイクル法
  3. 古いパソコン~処分の前にすべきこと~
  4. 古いパソコン~種類による処分方法~
  5. 古いパソコンの処分方法あれこれ
  6. 古いパソコンを処分するときの注意点
  7. 古いパソコンの処分にかかわるよくある質問
  8. まとめ

最後まで記事をお読みいただければ、安心して古いパソコンを処分できます。古いパソコンは最新パソコンより価値があるとご存じでしょうか? そのわけについても説明します。


1.古いパソコン処分について

古いパソコンに限らず、世間でパソコンの処分に対する扱いはどうなのでしょうか? リサイクルの現状など、最初の項で基本情報をお教えします。

1-1.パソコンはごみではない?

パソコンにはレアメタルなどの希少金属が多分に含まれています。こうした資源は再利用が可能です。したがって、パソコンは使えなくなってもごみではありません。逆に捨ててしまうことで資源を無駄にしてしまいます。また、古いパソコンの部品には希少金属類の割合が多いため、リサイクルすることには大きな意味があるのです。

1-2.リサイクルの目的と現状

リサイクルすることで、製品を作るたびに消費し続けていた資源の減少を軽減することができます。現状、リサイクルで新製品に必要な金属類を完全にカバーはできていません。ですが、技術も進歩し、ひと昔前の古いパソコンに比べ、今はレアメタル等の希少金属を多用しなくてもパソコンは製造できます。まだ課題は残されていますが、リサイクルと並行することで将来は資源の利用を限りなく抑えることも可能でしょう。

1-3.不法投棄について

古いパソコンの処分に困って不法投棄する方もいます。年間、不法投棄されるパソコンや日用品などは重さにして3万tともいわれており、ゆゆしき事態です。不法投棄をすると「5年以下の懲役、または1000万円以下の罰金」という罰則が処せられます。ですが、罰則で人を改心させることはできても、不法投棄で汚れてしまった環境の掃除は容易ではありません。土壌がひどく汚染されれば植物は育たないと覚えておきましょう。また、金属などが溶け出すと周辺住民に健康被害が及ぶこともあります。軽率な不法投棄で多大な被害が想定されるのです。

2.古いパソコンとPCリサイクル法

古いパソコンもパソコンに変わりありません。すると、PCリサイクル法にも該当するのでしょうか?

2-1.PCリサイクル法とは

2003年10月に施行された「パソコンのリサイクルを義務付ける法律」です。ノートパソコン・デスクトップパソコンと種類を問わず、PCリサイクル法が施行されたあとに製造されたパソコンは、自作パソコンなどを除いてすべて対象となっています。消費者がリサイクル料金を支払い、メーカーが回収して適切な方法でリサイクルするのです。

2-2.PCリサイクルマークについて

PCリサイクル法に基づいてリサイクル料金を支払ったパソコンには、PCリサイクルマークがはられています。製品名の横に印字されている場合もありますので、ぜひ一度確認してみてください。

2-3.PCリサイクルマークが付いているパソコンの捨て方

パソコンを購入した方はおわかりだと思いますが、リサイクル料金は消費者が持ち、原則前払いです。購入時に製品代金とともに収めます。不要になったら、メーカーに問い合わせて回収してもらうのが一般的です。

2-4.PCリサイクルマークが無いパソコンの捨て方

PCリサイクル法が施行される以前の“古いパソコン”は、「PCリサイクル法の対象外」です。そのため、原則処分するときにリサイクル料金を支払います。メーカー、または一般社団法人パソコン3R推進協会に問い合わせてみましょう。

3.古いパソコン~処分の前にすべきこと~

古いパソコンとはいえ、内部にはさまざまな情報が詰まっています。処分するときはどのような手順を踏むのが賢いのでしょうか?

3-1.パソコンのデータ消去

ネット通販でクレジットカードの番号を入力していたり、ブログのパスワードが保存されていたりと、パソコンには個人情報が満載です。個人の古いパソコンとはいえ、悪用される可能性は十分にあり得ます。予期せぬトラブルに遭わないためにも、パソコンを処分するときはデータを完全に消去する必要があるのです。

3-2.データの消去方法

データをごみ箱に捨てたり、初期化したりすれば大丈夫だと思いがちです。ところが、今は専用のソフトを使うとデータを復元できてしまいます。可能な限り、データ消去の専用ソフトを使ってください。インターネットから無料でダウンロードもできます。「Free raser」や「File Shredder」が使いやすくて有名です。

3-3.大切なデータの移行

データを消すとき、うっかり大事な内容まで消してしまわないように気を付けてください。一度完全に消してしまうと元に戻せません。事前にUSBメモリーなどでバックアップを取りましょう。

3-4.データの移行方法

手っ取り早いのは外部の記憶媒体です。前述したUSBメモリーが良い例で、パソコン本体に差し込むことで保存先を表示してくれます。あとは残したいデータを移行するだけで完了です。そのほか、インターネットのメールサイトなどにファイルを添付して送っておき、あとで開封するという手段もあります。ただ、個人ファイルとはいえ一度インターネットに個人情報を載せることになるため、パソコンのセキュリティー対策が万全でないならば避けた方が良いでしょう。データの量が多い場合にも不向きです。

3-5.周辺機器について

古いパソコンですと、改造して扱いが自作PCになっている方も多いでしょう。ですが、無名のパソコンや改造品でも一般社団法人パソコン3R推進協会であれば回収してくれます。そのほか、スキャナー・プリンターといった周辺機器はメーカーで回収してくれるところもあるため、一度問い合わせてみてください。

3-6.注意点

定義では、PCリサイクル法に該当するものはパソコン本体に限ります。プリンターやマウスといった周辺機器は該当しません。周辺機器を処分するときは、パソコンと一緒に回収してくれる業者に頼るか、リサイクルショップなどで売却、あるいは自治体で処分しましょう。

4.古いパソコン~種類による処分方法~

古いパソコンにも種類があるでしょう。処分の仕方に違いがあるのか、料金はどう変わるのか、この項で要点を押さえていきます。

4-1.デスクトップ・ノート・自作といった種類による処分方法の違い

結論から述べますと、古いパソコンの種類で捨て方に大きな違いはありません。

  • PCリサイクル法の対応商品か
  • メーカーの純正品か否か

注目すべきは上記の2つです。前述していますが、PCリサイクル法が施行される前の古いパソコンは処分費がかかります。基本的にパソコン1つに対して処分費がかかるのはいうまでもありません。ただし、デスクトップパソコンは本体とは別にモニターぶんの料金も必要となります。

4-2.料金の違い

PCリサイクルマークがはられていない古いパソコンは、下記の料金を参考にしてください。パソコンメーカーで回収されたときの一般的な値段です。また、自作パソコンだけは特別で、下記で解説する料金に+1000円と思ってください。回収先は主に一般社団法人パソコン3R推進協会となります。

【3000円】

  • ノートパソコン
  • デスクトップパソコン本体
  • 液晶ディスプレイ(一体型パソコンも含む)

【4000円】

  • ブラウン管ディスプレイ(一体型パソコンも含む)

5.古いパソコンの処分方法あれこれ

実際に古いパソコンはどこで処分してもらえるのか説明します。一般的な廃棄方法である自治体とは何が異なるのか、違いも明確となるので必見です。

5-1.地方自治体の回収BOX

自治体で古いパソコンを処分する場合、料金はかかりません。PCリサイクル法があるため、そもそも回収しない自治体も多いです。けれど、回収ボックスを設置している地域もあるので、まずは確認してみましょう。回収ボックスは役所等の公共施設に用意されています。なお、粗大ごみと同様に「ごみ収集センターへ直接持っていく」という方法でも処分は可能です。とはいえ、いずれにしろ自治体は処分するだけでHDD(ハードディスク)のデータは消去してくれません。個人情報が漏洩(ろうえい)しても責任は取ってくれないため、データを消去しないで処分するときは自己責任となります。

5-2.パソコンメーカーによる回収

  • PCリサイクルマークが付いている
  • 自社のメーカー

メーカーでの処分には上記の条件があります。PCリサイクルマークが付いていれば料金は購入時に支払っているため、処分の際、費用はかかりません。また、複数のパソコンをお持ちの方は1台ごとに申請する必要があるので注意してください。申請~回収までで1週間前後を見ておきましょう。お持ちのパソコンが、PCリサイクル法が施行される前の古いパソコンでしたら前項の料金・情報を参考にしてください。

5-3.ショップによる下取り

販売店で廃棄する場合は基本的に下取りです。業者によっては下取り自体をおこなっていませんが、大手の家電販売店や通販業者でしたら可能性があります。1つ注意するところは“ブラウン管タイプのパソコン”です。下取りでも断られる可能性があるので、持ち込む販売店には事前に確認しておきましょう。基本的に料金はかかりませんが、業者によっては請求するケースもあるので併せて尋ねてみてください。

5-4.パソコンリユース企業による回収

要するに専門業者です。パソコンを主に扱っているため、古いパソコンでもほとんどの業者が無料で引き取ってくれます。よろしければパソコン処分本舗回収方法をご覧ください。お問い合わせフォームからご連絡いただくのが簡単ですが、電話でのご相談もお受けしています。急な引っ越しなどで急いでいる方には、即日対応が可能ですのでおすすめです。データの消去も代行して承ります(詳しくはこちら)。

6.古いパソコンを処分するときの注意点

前項の最後で触れましたが、パソコンリユース業者が初耳という方もいるでしょう。この項では、“業者の選び方”や“悪質業者の見分け方”などをご紹介します。

6-1.パソコンリユース企業の選び方のコツ

まずはインターネットで業者を調べてみましょう。ホームページに会社概要などの情報がきちんと掲載されていれば信用できます。そのうえで複数社に絞り、合い見積もりをしてください。最低でも3社が好ましいです。回収に料金がかからないのでしたら無理に見積もりを依頼する必要はありません。ですが、パソコンの周辺機器も回収してくれたり、宅配で送る場合も送料が無料だったりと、業者によってサービスが異なります。なんにせよ一度問い合わせてみましょう。ポイントは“信用できるか”と“合い見積もり”です。

6-2.不良回収業者の見分け方

  • ホームページが無い
  • 連絡先が携帯電話の番号
  • 領収書・見積書を発行してくれない

上記の事柄に該当する業者は要注意です。不良回収業者は住所を持っていないことが多いため、特定の住所を記すことができません。中古品を扱うに欠かせない「古物商の資格」も所持していないでしょう。いわゆる無許可営業です。電話応対で気になる点を確認し、応答が不明確でしたら別の業者を検討してください。

6-3.なぜ無料で回収できるのか?

消費者としては気になるところだと思います。よろしければパソコン処分本舗の「無料回収ができるわけ」をご覧ください。回収した古いパソコンがまだ使えそうならば、基本的にメンテナンスして再販します。電源が付かないなどのパソコンでも、分解すればパーツ単位で修理用に用いることができますし、レアメタルなどの希少金属を資源としてリサイクルに回すことも可能です。無料回収であっても利益を得るシステムができているため、商売として成立しています。

6-4.“パソコン処分本舗”のメリット

パソコン処分本舗では、パソコンはもちろん、ハイスペックゲーム機や液晶テレビなども幅広く無料回収の対象としています。宅配回収もおこなっており、ダンボールに同封していただければ、家電に限らずさまざまな製品を無料で回収可能です。

  • プリンター・スキャナーといったパソコン周辺機器
  • デジタルカメラ
  • スポーツ用品
  • 扇風機
  • 文房具
  • やかん
  • 自転車
  • ギター
  • 香水
  • 食器

上記は一例ですが、すべて無料で承ります。よろしければ弊社の取扱品目をご覧ください。また、データ消去にも自信があります。論理的・物理的といった2種でデータ消去を受ける業者が多いですが、弊社では“磁気破壊”も採用しており、データを完全に消去可能です。

7.古いパソコンの処分にかかわるよくある質問

この項ではインターネットを介して寄せられるお問い合わせ内容をまとめてみました。古いパソコンの処分についてお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

Q.データ消去はHDDを破壊すれば問題ない?
A.問題ありません。おそらく電動ドリルなどで穴をあける方法を検討されているのだと思います。ですが、HDDは意外と硬いので作業でけがをしないよう気を付けてください。とはいえ、PCの電源が入るようであればデータ消去ソフトの利用をおすすめします。最も確実で安心です。

Q.不良回収業者と契約してしまった場合は?
A.消費者センターに連絡してみましょう。相談してみて、改めて「やっぱり怪しい」と思ったときはキャンセルすることをおすすめします。相手業者が応じず、脅迫の言葉を口にした場合は迷わず警察に通報してください。間違っても自宅に上げてはいけません。

Q.パソコン処分本舗さんでは自作パソコンも無料で回収してもらえるのでしょうか?
A.通常のパソコンと同様に承ります。PCリサイクルマークが無くても問題ありません。

Q.データ消去はいくらで受けてくれるのでしょうか?
A.パソコン処分本舗では無料でデータ消去をおこなっています。データ消去の証明書を希望される場合は有料(1100円)です。写真付きですと2200円(HDD1つ)となります。

Q.パソコンは複数台ありますが対応してもらえるのでしょうか?
A.もちろん対応可能です。パソコン処分本舗ではグループ会社を合わせると、毎日30台以上のトラックを運行させていますのでご安心ください。

8.まとめ

最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございます。古いパソコンの処分方法をまとめてきましたが、記事の情報は参考になったでしょうか? 大切に扱っていようと精密機器はいつか必ず壊れてしまいます。現在、お持ちの古いパソコンを処分するか検討している方も、作業中に何かしらの不具合を感じているのではないでしょうか? ある日突然壊れてしまうのを待つより、または部屋の隅で眠っている「昔使っていたパソコン」をそのまま眠らせるより、処分してさっぱりしませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

個人情報が詰まったパソコン。処分前にデータ消去する方法とは? 

パソコンには、個人情報がたくさん詰まっています。写真・書類・アドレスなど、他人と共有している情報もありますが、やはり気になるのは、クレジットカード番号やWEBでの会員情報など、自分を特定できるパーソナルデータが集結していることです。

パソコンを処分する前にデータ初期化するのは当然ですが、実は初期化だけでは不完全な場合がほとんど。きっちりデータを消去する方法をご紹介します。

  1. データ消去するためには
  2. 無料ソフトと有料ソフトの違い
  3. その他のデータ消去法とパソコンの回収

このエントリーをはてなブックマークに追加

USBメモリの処分方法は? 注意したい3つのポイント

パソコンが生活のツールとして活用くし、自分で作ったデータをUSBメモリに保存していることでしょう。USBメモリに入れているから大丈夫と思っていても、USBメモリが何かの影響で使えなくなってしまうこともしばしば。そんな時、あなたはそのまま使えなくなったUSBメモリをごみ箱に捨てていませんか?

USBの接続部分が破損していて使えない場合、中のデータはそのまま残っていますから、ちょっと知識のある人であればその壊れたUSBメモリからデータを盗み見られてしまうかも。壊れたなと思った時にはただ捨てるのではなく、データが復活されないようにしてから捨てることが大切です。


  1. USBメモリを処分するときはデータを消してから
  2. USBメモリそのものを破壊してしまう
  3. 個人情報の漏えいには細心の注意を
  4. まとめ
このエントリーをはてなブックマークに追加

業務用パソコンの処分を5か条で徹底解説! 廃棄されたPCはどうなる?

業務用パソコンを処分するとき、

  • データは漏洩(ろうえい)しないだろうか?
  • 処分費用は一体いくらかかるのか?
  • お得な方法はないか?

といった疑問を抱く方も多いのではないでしょうか。できるだけ費用をかけずお得に廃棄したいけど、その反面、安さを追求するあまり変な業者に依頼するのも気が引けます。
業務用パソコンは会社で使っていたものですから、社の情報がふんだんに記憶されており、悪用されたら非常に困るのです。機密情報が外部へ流出すれば訴えられる可能性もあります。そこで、今回は業務用パソコンの処分に的を絞って記事をまとめてみました。廃棄する方法や手順をはじめ、業者に依頼するコツなど、順を追って解説していきます。

  1. 通常のパソコンの処分方法とは?
  2. 業務用パソコンの処分を解説
  3. 業務用パソコンの処分方法とは?
  4. 業務用パソコンの処分~データ消去について~
  5. 業務用パソコンの処分~業者に頼む場合~
  6. 業務用パソコンの処分にかかわるよくある質問
  7. まとめ

最後まで目を通すと業務用パソコンの処分方法がわかるだけでなく、データ消去の必要性や法律について知識を得ることができます。初心者の方でもわかるよう書いていきますので、ぜひ最後までお付き合いください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

不用なケーブルの処分方法!いらないケーブルを上手に廃棄しよう!

家電を使用する際に必要になるケーブル類は、身近な生活必需品の一つになっています。家電を購入するたびにケーブルが増え、オーディオラックや収納スペースを圧迫しているという悩みもよくある悩みです。使い道の分からない不要なケーブルの処分方法が分からないという悩みをもつ方も多くいます。

不用なケーブルを処分するための方法について詳しくご紹介しましょう。

  1. ケーブルとは
  2. ケーブルをゴミとして処分する方法とは?
  3. ケーブルをリサイクルする場合
  4. ケーブル処分、リサイクル回収業者の選び方
  5. ケーブルの処分でよくある質問
  6. まとめ

不要と感じているケーブルであっても、欲しい人にとっては価値があります。場合によっては売ることのできるケーブルもあるのです。ゴミとして処分する方法に加えて、不用品の買取サービスを使用することでお得にケーブルを処分できます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

中古PS3は処分?買取?お金も時間も無駄にできない人の最安値処分方法

PS4が発売されてから3年が経ち、FFXV・CODなど人気作をはじめとしたPS4用のソフトがかなり拡充されてきました。PS3からのPS4への乗りかえを考えている方も少なくないと思います。そこで悩むのが中古PS3の処分方法ではないでしょうか。特に、壊れて使えなくなったPS3は「捨てるしかない」と思いがちですよね。でもちょっと待ってください!PS3をお金をかけずに処分する方法もあるのです。今回は、PS3を無料回収で処分する方法や、買取のコツなどをご紹介します。

  1. PS3について
  2. PS3の処分方法について
  3. 中古PS3を処分・売却する前にやるべきこと
  4. 中古PS3の処分・業者の選び方
  5. PS3の処分方法について よくある質問
  6. まとめ

うっかりわすれがちなPS3のデータ初期化方法やその落とし穴などもお教えします。家に中古PS3を眠らせているままにしている方はぜひ最後まで読んでみてください。PS3だけでなく家の不用品まで、余計なお金をかけずに処分できるかもしれませんよ。


このエントリーをはてなブックマークに追加

必見!パソコン処分でのトラブルをなくそう!廃棄するときのポイント

パソコン処分で起こるトラブルには、どのようなものがあるのだろう。
そう気になっている人は多いでしょう。パソコンは、今や一家に一台あることも多く、欠かせない電化製品の1つです。しかし、その反面で、簡単に処分ができないことに頭を悩ます人も多いでしょう。なぜなら、パソコンは一般的なゴミを廃棄する方法では、処分できないのです。

そこで、この記事ではパソコン処分におけるトラブル事例や、その回避方法などをご紹介しましょう。

  1. パソコン処分とは?
  2. パソコン処分におけるトラブル事例
  3. パソコン処分でのトラブル回避のポイント
  4. 専門業者にパソコン処分を任せるときの流れについて
  5. パソコン処分についてよくある質問
  6. まとめ

この記事を読むことで、パソコン処分でどのようなトラブルが起こりやすいのか、それを回避するにはどうすればいいのかを把握できます。パソコン処分を考えている人はもちろんのこと、パソコンを所有している人はぜひ参考にしてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

初期化だけでは危険!パソコン処分時のデータ消去や無料回収の方法

パソコンの処分を考えた時、気になるのはデータ消去や廃棄方法ではないでしょうか?データを消しても不安がある方や、そもそも初期化の手順がわからない方も多いかと思います。 データが残ったままのパソコンを処分したりリサイクルに回したりすることは大変危険です。消したつもりのデータが第三者に復元されてしまう可能性もあります。そこで今回は、安全なデータ消去の方法やパソコンを無料回収してもらうための方法のご紹介です。

  1. パソコンの初期化とは?
  2. パソコン処分と初期化について
  3. パソコン処分とデータ消去について
  4. おすすめのデータ消去方法は?
  5. 専門業者によるパソコン処分の流れを紹介
  6. パソコンの初期化・データ消去について よくある質問
  7. まとめ

パソコンの処分・リサイクルや、データ廃棄方法でお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。本来処分料金がかかってしまうようなパソコンでも、余計なお金を使わずに処分することができます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

【必読】パソコンの処分はどうする?廃棄業者の無料回収とデータ消去

パソコンの廃棄方法に困っていませんか?ノートパソコンやデスクトップが故障やトラブルに見舞われ、処分を余儀なくされることがあります。処分する術がわからず、手元に保管したままという方は意外と多いです。
「パソコンを捨てるのにルールはある?」「無料回収についてもっと知りたい」さまざまな疑問が湧き上がり、処分をためらってしまう気持ち、とてもよくわかります。
パソコンはごみだと思っていませんか?使わなくなったとしても、リサイクルが必要です。今回は、気になるパソコンの処分や廃棄業者についてご紹介します。

  1. パソコンの廃棄について
  2. パソコンの廃棄業者について
  3. パソコン廃棄における注意点
  4. パソコンの廃棄業者選びについて
  5. パソコンの処分でよくある質問
  6. まとめ 

この記事を読むことで、パソコンの正しい処分方法を知ることができます。捨てる際の注意点も、しっかり身につけておきましょう。パソコンは最後まで安全に配慮し、適切にリサイクルするようにしてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加