カテゴリー:不用品の処分

エプソンのプリンターを処分したい人へ! お得で簡単な方法はコレ!

「エプソンのプリンターを処分したいけど、どんな方法があるのだろう」「なるべく安く簡単に処分したい」とお考えではないでしょうか。ゴミに出すにしても何ゴミになるのか、ほかの方法で処分するべきか悩みますよね。まだ十分に使えるものは、買取してもらえないかとも考えるでしょう。

そこで今回は、エプソンのプリンターの処分について詳しく解説します。

  1. エプソンのプリンターを処分する前に知っておくこと
  2. エプソンのプリンター処分を自治体に依頼する方法
  3. エプソンのプリンターは下取り・引き取り処分が可能?
  4. エプソンのプリンターを買取に出す方法
  5. エプソンのプリンターを無料で処分する方法
  6. エプソンのプリンター処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、エプソンのプリンターを処分するコツがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。


1.エプソンのプリンターを処分する前に知っておくこと

最初に、エプソンのプリンターを処分する前に知っておくべきことを見ていきましょう。

1-1.PCとは違い通常は廃棄処分となる

エプソンのプリンターは、PCリサイクル法の対象品目ではありません。したがって、メーカーが法的に回収・リサイクルする義務がないため、廃棄処分となります。自治体にゴミとして出すことも可能です。なお、自治体によっては、小型家電リサイクル法の対象品目として回収・リサイクルしているケースもあります。

1-2.事業用プリンターは産業廃棄物扱いになる

事業用プリンターは、自治体に廃棄処分を依頼できません。事業用プリンターは産業廃棄物扱いとなるため、メーカーに回収を依頼するか「産業廃棄物収集運搬許可」を取得した業者に処分を依頼することになります。メーカーに回収依頼をする場合は、エプソンの事業系(法人様)使用済み情報処理機器回収・再資源化案内ページを参考にしてください。

1-3.使用済みのインクカートリッジはリサイクルしよう

使用済みのインクカートリッジは、販売店などに設置してある専用の回収ボックスに投入するだけで無料処分可能です。回収後は、資源リサイクルされます。ゴミとして廃棄するよりも資源を大切にできるのでおすすめです。また。エプソンの純正インクカートリッジは、個人・法人問わずメーカーの回収サービスで処分することもできます。詳しくは、エプソンの使用済み製品・カートリッジの回収サービスの案内ページをご覧ください。

1-4.処分前にはデータ消去が必要

エプソンのプリンターを処分する前に、内部データを消去しましょう。たとえば、所有者情報や無線LAN情報などです。機種によっては、画像データなどが保存してあるケースも見られます。内部データが乗ったまま処分した場合、悪意ある第三者の手に渡ると悪用されることがあるので注意しましょう。使用説明書などを参考にし、確実に内部データを消去してから処分してください。

2.エプソンのプリンター処分を自治体に依頼する方法

エプソンのプリンター処分は、自治体に依頼することができます。

2-1.ゴミの区分を確認しよう

プリンターは、以下のような区分で自治体にゴミとして出すことができます。まずは、自治体ごとの区分を確認してください。

  • 不燃ゴミ:1辺が30cm以下など小型モデルが中心
  • 粗大ゴミ:1辺が30cmを超えるものなど大型モデルが中心
  • 小型家電リサイクル法の対象品目:資源リサイクル目的に自治体が指定することがある

なお、プリンターの大きさによって不燃ゴミ・粗大ゴミと区別することもあります。詳しくは、自治体ごとの回収ルールを参考にしてください。

2-2.指定日時・場所に自治体ごとのルールに沿って出す

エプソンのプリンターを自治体に処分してもらうには、自治体ごとのルールを守ることが必要です。詳しくは、以下をご覧ください。

  • 不燃ゴミ:指定日時・場所に出す(無料)
  • 粗大ゴミ:自治体の粗大ゴミ受付窓口に連絡後、指示された日時・場所で出すことが多い(1台につき数百円程度必要なことが多い)
  • 小型家電リサイクル法の対象品目:役所や商業施設に設置してある「専用回収ボックス」に投入する(無料)

2-3.処分費用が安いが集荷日時と場所が決まっている

自治体にエプソンのプリンターを処分してもらう場合、以下のようなメリット・デメリットがあります。

メリット

  • 処分費用が無料もしくは格安
  • 自治体に依頼するので信頼できる
  • 小型家電リサイクル法に沿って出せばリサイクルしてもらえる

デメリット

  • 集荷日時・場所が決められている
  • 集荷場所まで運ぶのが面倒
  • 粗大ゴミの場合は事前予約・回収費用が必要なことが多い
  • ゴミとして出す場合は資源リサイクルされない

3.エプソンのプリンターは下取り・引き取り処分が可能?

エプソンのプリンターを買い替える場合は、下取り・引き取り処分してもらえることがあります。

3-1.買い替えで下取りや引き取りしてもらえることがある

エプソンのプリンターを買い替える場合、販促キャンペーンにより下取りや引き取りをしてもらえることがあります。特に、正月前・入学シーズン前などプリンターの需要が高まる時期にキャンペーンを行うことが多いので、チェックしみるといいでしょう。買い替えのタイミングが合えば、プリンターを無料で処分してもらえることがあります。

3-2.下取りや引き取りだけでは利用できないことがある

下取りや引き取りは、基本的に買い替え時のサービスです。主なメリットやデメリットには、以下をご覧ください。

メリット

  • 買い替えと同時に処分できる
  • 処分費用がかからない

デメリット

  • 下取り・引き取りだけでは依頼できない
  • 対象機種が限られることがある
  • 買い替え台数分と同じ数しか依頼できない
  • ​店頭持ち込みだけに対応している販売店もある

4.エプソンのプリンターを買取に出す方法

比較的新しくて問題なく使えるものは、買取に出すことも考えましょう。

4-1.完動品で年式が新しいものなどが対象

エプソンのプリンターでも、以下のようなものが買取対象となります。

  • 完動品
  • 年式が新しい
  • 付属品がそろっている
  • 人気機種
  • 破損・汚れ・ひどい臭いがない

4-2.エプソンのプリンターをリセールする主な方法

エプソンのプリンターをリセールする主な方法を詳しく見ていきましょう。

4-2-1.リサイクルショップに売る

中古品として十分に使用できるなら、リサイクルショップに持ち込んで買取してもらうこともできます。リサイクルショップで査定を受けた後、提示金額に納得したらプリンターを引き渡して代金を受け取りましょう。なお、買取不可の場合は、引き取り処分してもらえないので改めてほかの方法での買取や処分を考えてください。

4-2-2.PC関連買取専門業者に売る

PC関連買取専門業者でも、エプソンのプリンターの買取をしてもらえることがあります。特に、年式が新しい・使用感が少ないなど、条件がいいものは高額買取が期待できるでしょう。ただし、業者に専門知識が豊富にあることで、かえって査定が厳しくなることもあります。また、買取不可の場合、有料であっても引き取り処分してもらえないこともあるので確認しておきましょう。

4-2-3.ネットオークションなどで売る

ネットオークションやフリマサイトに出品することもできます。自分が売りたい価格をつけることができるのが、最大のメリットです。実際に、中古のプリンターを安く欲しい人が多く参加しているため、タイミングがよければすぐに落札されることでしょう。ただし、個人間取り引きと独特のトラブル(商品クレーム・冷やかし入札・入金遅れ)などが発生しやすいのがデメリットです。

5.エプソンのプリンターを無料で処分する方法

エプソンのプリンターは、条件によって無料で処分できることがあります。

5-1.エプソンのプリンターは無料処分できることがある

エプソンのプリンターは、条件によっては無料処分も可能です。たとえば、当パソコン処分本舗では、以下の条件を満たす場合、処分費用・宅配便の送料を無料で処分をお受けしています。大変お得で便利なので、ぜひご活用ください。

  • パソコンやスマホなどの無料回収対象品目との同梱(どうこん)
  • 佐川急便の着払いを利用
  • 梱包(こんぽう)後の3辺の合計が160cm以内・重さ30kg以内

5-2.無料で処分できること以外にも多くのメリットがある

エプソンのプリンターを不用品回収業者で処分すると、無料で処分できること以外にも以下のようなメリットがあります。

  • 回収後は資源リサイクルして有効活用してもらえる
  • ほかの不用品も同時処分できる
  • 宅配回収で簡単に気軽に送付できる
  • 大量の不用品がある場合は日時・場所指定での出張回収も依頼できる

5-3.パソコンや家電と一緒に処分するのがおすすめ

エプソンのプリンター1台だけの処分では、回収費用が高くつきます。おすすめは、パソコンや家電など、ほかの不用品と一緒に処分を依頼することです。それぞれ単体で処分するよりも1回で処分したほうが割安になります。買取対象になるものがあれば、処分費用と相殺できるのもメリットです。また、前述したように当パソコン処分本舗では、無料回収対象品と宅配便同梱(どうこん)でエプソンのプリンターも無料処分しています。お得に処分できるチャンスですから、ぜひご利用ください。

6.エプソンのプリンター処分に関するよくある質問

最後に、エプソンのプリンター処分に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.大きく破損したプリンターでも資源リサイクルできる?
A.可能です。資源リサイクルする際は、素材ごとに分けることになります。したがって、破損していても問題なくリサイクル可能です。

Q.プリンターの内部データを消去する以外に気をつけることは?
A.メモリーカードなど、記録メディアが挿さったままになっていないか確認しましょう。また、個人の写真シール・法人の備品管理シールを貼りつけている場合ははがしてください。メーカーのユーザー登録を削除することも必要です。

Q.プリンターを高く買取してもらうコツは?
A.以下のポイントを参考にしてください。

外観の汚れ・内部のインク汚れをキレイにクリーニングしておく

  • 購入時の箱・説明書・付属品をそろえておく
  • 不要になった時点でできるだけ早く買取してもらう
  • エプソンのプリンターを高く買取している業者に依頼する

なお、未使用のインクカートリッジや用紙・そのほかのオプション品なども同時に出すのも査定金額アップのコツです。

Q.業者の買取金額に納得できないので返送してもらいたいのですが?
A.まずは、業者に返送可能か確認してください。通常、いったん買取契約が成立した後は、業者に所有権が移り、返送不可となります。しかし、再販先が決まっていないなどにより、業者側が返送を認めることもあるでしょう。ただし、その場合、返送費用は依頼者の自己負担となります。また、返送手数料が別途必要になる場合もあるので注意してください。

Q.購入時の付属品は一緒に処分できる?
A.業者に確認してください。用紙フィーダーや未使用のインクカートリッジ・電源コード・USB接続コードなどは同時に処分できることが多いでしょう。

まとめ

今回は、エプソンのプリンター処分について詳しく解説しました。不要になったプリンターは、自治体にゴミとして出すことができます。しかし、ゴミに出すと貴重な資源をリサイクルすることができません。たとえば、小型家電リサイクル法に沿って処分する・買取に出す・不用品回収業者に依頼するなどの方法なら、適切に資源リサイクルされるのでおすすめです。なお、不用品回収業者の中には、一定の条件を満たすとエプソンのプリンターを無料処分してもらえることがあります。大変お得で便利なので、検討してみるといいでしょう。

不用品の処分

キンドルの処分方法を知りたい方は必見! 簡単でお得な方法とコツ!

キンドルの処分でお困りではないでしょうか。自治体にゴミとして出すことができるのか、ほかの処分方法を選ぶべきなのか分かりにくいですよね。それに、できるだけ簡単に処分できる方法があれば知りたいことでしょう。

そこで今回は、キンドルの処分方法について詳しく解説します。処分前の注意点も併せて解説するので必見ですよ。

  1. キンドルはPCリサイクル法の対象?
  2. キンドルの処分前にすべきこと
  3. 壊れていなければ買取してもらえることもある
  4. キンドルをメーカー回収で処分する方法
  5. キンドルをPC回収専門業者で処分してもらう方法
  6. キンドルの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、キンドルを簡単に処分する方法がよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。


ミシンは買い替えor修理? 買い時タイミングや処分・買取のポイントまとめ

ミシンは一生ものといわれていますが、中には買い替えが必要な場合もあります。持っているミシンの調子が悪くなったとき、修理するか買い替えるか悩んでいる方も多いでしょう。そこで今回は、ミシンの買い替えのポイントや、古いミシンを処分するお得な方法などをご説明します。

  1. ミシンの買い替えについて
  2. ミシンのお得な買い時とは?
  3. ミシンの処分方法
  4. ミシンを買取に出すには?
  5. ミシンの買い替えについてよくある質問

ミシンの買い替えを検討している方だけでなく、買い時や安くなるタイミングを知りたい方にとっても有用な情報をまとめました。ぜひ最後まで読んでみてください。


加湿器の買い替え前に! 安く買う裏ワザ&処分と買取テクニックご紹介

冬場に大活躍の加湿器ですが、買い替えを検討したときに考えるのが、古いものの処分方法と買い時についてではないでしょうか。新しい加湿器をより安く買うとともに、古い加湿器を適切な方法で処分することによって、総合的にお得になります。そこで今回は、加湿器の買い時やタイミング・古い加湿器の処分方法や買取に出す方法などについてご説明しましょう。

  1. 加湿器買い替えの基礎知識
  2. 加湿器の買い替え時は?
  3. 加湿器の処分方法まとめ
  4. 加湿器を買取に出すには?
  5. 加湿器の買い替えについてよくある質問

加湿器を安く買うための裏ワザもご紹介します。加湿器の買い替えを検討している方や、新しい加湿器が欲しい方にとってはぴったりの内容となっているので、ぜひ最後まで読んでみてください。


調理器具の処分方法には何がある? お得で楽に処分するコツを伝授!

古い調理器具の処分でお困りではありませんか。調理器具にはさまざまな種類があり、それぞれ形状・大きさ・材質が異なるため、どんな方法で処分していいのか分かりにくいでことでしょう。実は、調理器具を無料で処分できる方法もあるのです。そこで、今回は、調理器具の処分方法について詳しく解説します。

  1. 調理器具の処分を自治体に依頼する方法
  2. 調理器具を処分するそのほかの方法
  3. 調理器具は買取してもらうこともできる
  4. 調理器具の処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、調理器具を楽に処分するコツがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。


出し忘れた粗大ごみを処分する方法3つ!メリットとデメリットも紹介

「粗大ごみを出し忘れてしまった」とお困りではありませんか? 自治体によってごみの回収に関するルールは異なりますが、基本的に粗大ごみを回収してもらうには事前の申し込みが必要です。粗大ごみとして捨てるものといえば大型のものが多いため、捨て忘れると邪魔になってしまいますよね。特に、引っ越し前など、急いで処分したいときの出し忘れは困るものです。この記事では、粗大ごみを出し忘れたときの対処法について詳しくご紹介しましょう。

  1. 粗大ごみの出し忘れについて
  2. 出し忘れた粗大ごみの捨て方は?
  3. 粗大ごみの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、粗大ごみを出し忘れたときの対処法について、それぞれのメリットやデメリットも分かるはずです。ぜひ参考にしてください。


不用品の処分

テレビを買い替えるタイミングはいつがおすすめ? 処分方法と共に解説

テレビは毎年新製品が発売されます。「そろそろテレビを買い替えたい」と思っても、「いつ買い替えればいいのか、タイミングがよく分からない」と悩んでいる人も多いことでしょう。そこで今回は、テレビを買い替えるタイミングやポイントを紹介します。

  1. テレビを買い替えるタイミング
  2. テレビをお得に買える時期
  3. 不要になったテレビを処分する方法
  4. テレビの買い替えに関するよくある質問

この記事を読めば、不要になったテレビの処分方法も分かります。テレビの買い替え時期に悩んでいる人は、ぜひ読んでみてくださいね。


不用品の処分

食器を処分する方法を解説!! 売却できる食器の特徴や方法は?

食器の処分に困っている人はいませんか? 食器は材質や大きさがさまざまで、何ゴミに分類されるかも悩みがちです。また、「まだ使える食器を捨てるのがもったいない」という人もいるでしょう。今回は、食器の処分方法やリサイクル方法・売却方法を紹介します。

  1. 食器をゴミとして処分する方法
  2. 不用品回収業者に食器の処分を依頼する方法
  3. 食器を売却する方法
  4. 自分で買い手を探したり寄付したりする方法
  5. 食器の処分に関するよくある質問

この記事を読めば、食器の処分に悩むことはありません。食器の処分方法に悩んでいる人や、食器の売却・リサイクル方法を探している人は、ぜひ読んでみてくださいね。


不要な電気ケトルの処分方法3つ!状態がよければ買取に出すことも!

不要な電気ケトルを処分するにあたって「処分方法が分からない」「お得に処分できないのか?」と悩む人は多いでしょう。すぐにお湯を沸かすことができる電気ケトルは、便利な家電の一つです。しかし、「壊れてしまった」「もっと性能のよいものに買い替えたい」などの理由で、処分を検討することもあると思います。電気ケトルの処分には小型家電リサイクル法も関係してくるため、事前にいくつか確認が必要です。この記事では、電気ケトルを処分する方法や買取に出す方法についてまとめてご紹介しましょう。

  1. 電気ケトルを自治体で処分する方法
  2. 電気ケトルの処分を業者に依頼する場合
  3. 電気ケトルの買取について
  4. 電気ケトルを買取に出す方法
  5. 電気ケトルの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、電気ケトルの処分方法や買取してもらう条件・買取に出す際の注意点などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。


液晶モニターを処分する方法を解説! 無料&安全に処分するコツは?

液晶モニターの処分方法をお探しではないでしょうか。実は、液晶モニターでリサイクルマークがついていないものは、メーカーに処分を依頼すると回収費用がかかってしまいます。また、メーカー回収では日数がかかるのもデメリットでしょう。しかし、無料で回収してもらえるだけでなく、ほかの不用品も無料で引き取ってもらえる方法もあります。今回は、液晶モニターを処分する方法について、詳しく解説しましょう。

  1. 液晶モニターを処分する前に知っておくこと
  2. 液晶モニターを処分・売却する方法
  3. 液晶モニターを買取してもらえる条件は?
  4. 液晶モニターの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、液晶モニターを処分する方法についてよく分かり、スムーズに手続きできるようになります。まずは、記事をじっくり読んでみてください。