カテゴリー:不用品の処分

廃棄はもったいない! 中古デジカメを賢く処分する4つの方法とコツ

イベントごとや旅行の際には、デジカメが大活躍するでしょう。最近ではスマートフォンなどで写真を撮る人が多くなってきているものの、デジカメの人気はいまだに衰えていません。しかし、不要になったり壊れたりしてしまったデジカメの処分は悩んでしまうものですよね。そこで今回はデジカメの処分するための4つの方法をご紹介します。

  1. デジカメを処分・廃棄したいと思ったら?
  2. デジカメの処分方法~自治体回収に出す(自分で捨てる)
  3. デジカメの処分方法~下取りに出す
  4. デジカメの処分方法~リサイクル・リセールに出す
  5. デジカメ処分~回収業者に依頼する
  6. デジカメの処分についてよくある質問
  7. まとめ

各方法の注意点や、メリット・デメリットなど詳しくご説明します。各項をしっかり読んでいただくことで、思いもしなかったデジカメの処分方法が見つかるかもしれません。お得に楽に処分するためにも、ぜひ最後まで読んでみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

冬の必需品だからこそ知っておきたい!加湿器の寿命は何年?

寒くなってくると気になるのが乾燥ですよね。お肌のカサカサやウイルスの浮遊を防ぐためにも、加湿器を活用している家庭は多いでしょう。「加湿器なしでは冬を過ごせない」という人もいます。しかし、いつかやってくるのが家電の寿命というもの。「最近、加湿器の調子が悪い」という人は、修理や買い替えを検討する必要があるでしょう。

  • 加湿器の調子が悪いので買い替えるべきか迷っている
  • 加湿器の寿命は何年なのか?
  • 長く使うためにはどうしたらよいのか?

そんな人たちのために、加湿器の寿命や主な故障内容、長く使うための手入れ方法についてまとめてみたいと思います。

  1. 加湿器の寿命
  2. 加湿器の主な故障と寿命が近いサイン
  3. 加湿器を長く使うための手入れ方法
  4. まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ガスボンベの安全な保管方法を知って危険を回避するためのポイント

皆さんは、ガスボンベの安全な保管について考えたことはありますか? 防災グッズとして、鍋料理のお供としてなど、さまざまな使い方があるガスボンベはとても便利ですね。そのため、ガスボンベが切れないように、買っておいて自宅に保管しているという人は多いでしょう。しかし、保管方法に気をつけないと、危険につながる恐れもあるので、注意が必要です。この記事では、ガスボンベの正しい保管方法についてご紹介します。ガスボンベを保管している人は、危険を回避するためにもぜひ参考にしてみてくださいね。

  1. ガスボンベの保管方法
  2. ガスボンベを保管するときの注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加

ガスコンロはDIYで交換できる?その際の注意点とは?

ガスコンロは調理器具として、多くのご家庭で使われているものです。
現在はIHコンロも普及していますが、火力の調節が容易ということでガスコンロの人気は高いでしょう。
しかし、ガスコンロは定期的な交換が必要です。
そこで、今回はDIYでガスコンロを交換する方法をご紹介します。
ガスコンロには現在、大きく分けてふたつの種類があるのです。
その両方とも自分で交換は可能なのでしょうか?
答えは、この記事を読めば分かりますよ。
ぜひ参考にしてください。

  1. ガスコンロの種類とは?
  2. ガスコンロの寿命は何年くらい?
  3. ガスコンロはどこで売っているの?
  4. ガスコンロをDIYで交換する方法
  5. 不要になったガスコンロを処分する方法
  6. おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加

衣替えは断捨離に最適!判断基準が難しい服の処分方法やコツとは?

日本には、春と秋に衣替えという慣習があります。徐々に暑くなって夏を迎える前の6月と、残暑を過ぎて涼しさが際立ってきた10月が衣替えのタイミングです。
衣替えが面倒という方でも半年に1度は行って、衣類の整理をしておくようにしましょう。服は気づかないうちにどんどん増えてしまいます。中には数年着ていない服があることも少なくありません。
詰め込み過ぎたタンスやクローゼットは湿気がこもりやすく、通気性も悪くなって服を傷める原因にもつながるでしょう。サイズアウトした子供服の処分に悩んでいる方も、この記事を参考に服の断捨離を実行してみてください。とてもすっきりしますよ。

  1. 衣替えに行う断捨離のコツ
  2. 断捨離に適した時期
  3. 不用になった衣類の処分方法
  4. まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファックスの上手な捨て方! 小型家電のお得な処分の方法とは?

寿命によって買い替えを検討しているという場合に問題になるのが、古いファックスの処分方法です。小さな家電はつい処分を後回しにしてしまいます。買い替えても、古いファックスをまだ処分していないというのもよくあることです。

リサイクルへの取り組みによって家電の処分は非常に難しいものになっています。特に小型家電などは、資源有効利用促進法(小型家電リサイクル法)によって、自治体では回収しない地域もあるのです。処分の難しくなっているファックスや小型家電などの捨て方についてご紹介しましょう。

  1. ファックスを捨てたい、廃棄したい場合には?
  2. ファックスの捨て方、自分で捨てる場合
  3. ファックスの捨て方、販売業者による回収・下取り
  4. ファックスの捨て方、リサイクルする場合
  5. ファックスの捨て方、回収業者に頼む場合
  6. ファックスなど電化製品の処分でよくある質問
  7. まとめ

ものを捨てるためには処分費用を支払うということが当たり前になっています。適切な処分方法の必要なファックスなどの小型家電も上手に処分することで、費用や負担を大幅に削減することができるのです。買い取りや下取りなどを利用して、ファックスを上手に処分してみましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加

水槽の処分方法を知っておこう!安全に配慮した捨て方や保護が大切

ご自宅で熱帯魚や亀などを飼育する場合、水槽を利用しますよね。特に熱帯魚が好きな方は、部屋にゆとりがあるなら大きいものをと願うケースがあるでしょう。
水槽は飼育していた魚や亀が亡くなると不要になってしまいます。また、水槽にヒビ割れや欠けが発生した場合、新しいものに交換することになるはずです。
小型な水槽なら持ち運びに苦戦することなく、処分も簡単に行うことができます。しかし、大型の水槽になると自分では処理できないケースもあるのです。大型になるほど重量もあり、ガラスでできているため安全性も確保しなければなりません。
安易に自己処理してケガをしないためにも、水槽の処分に知っておきたいことをご紹介します。どう処分すべきか迷っている方は、ぜひこの記事を参考にして安全な処分を心がけてください。

  1. 水槽の処分方法
  2. 水槽に使っていた砂や砂利の処分は?
  3. 水槽の処分で注意すべきこと
  4. まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

不用品回収を業者に頼んで楽々お掃除~粗大ゴミを簡単に処分する~

不用品回収は、いらなくなった粗大ゴミを捨てるためにあります。しかし、日にちが合わない・手続きができないため捨てられない人もいるでしょう。そこで、不用品回収を業者に依頼する方法や、お金に変える方法をご紹介。

  1. 不用品回収の基礎知識
  2. 不用品回収のさまざまな方法
  3. 不用品回収とリサイクル
  4. 不用品回収のトラブル
  5. 不用品回収の注意点
  6. 不用品回収の業者選び
  7. まとめ

今回の記事をチェックすれば、不用品回収業者にて簡単&早く処分できます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

【2017年版】スキャナーの処分にかかわる最新情報を6項目で解説!

スキャナーの小型化が進み、外出先でも素早く原稿をPCやスマホに転送できる時代になりました。データを保存でき、電池式のタイプも多く販売されており、スキャナーを1台持っているだけでビジネスでもチャンスが広がります。古いスキャナーをお持ちで処分を検討されている方も、新製品を購入する予定ではないでしょうか? 今回はスキャナーの処分について解説します。廃棄する方法はスキャナーが新しくても変わりません。スキャナーをお持ちの方は皆さん必見です。

  1. スキャナーを処分しよう!
  2. スキャナーと小型家電リサイクル法
  3. スキャナーを自分で処分するには?
  4. スキャナーの処分~家電量販店の下取り~
  5. 中古としてスキャナーを売る場合
  6. スキャナーの処分を回収業者に頼む!
  7. スキャナーの処分にかかわるよくある質問
  8. まとめ

最後まで目を通していただければ、スキャナーの処分方法についてきちんと理解できます。スキャナーは精密機器です。「処分は通常の捨て方とは異なるのか」と思われるでしょう。ですが、記事でその疑問は解消してみせます。ぜひお付き合いください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

【注目】USBメモリの処分や捨て方を正しく学ぶ! データ処分も解説!

USBメモリは、デジタルデータの受け渡しや保存に大活躍です。とても小さいので、荷物にならない点もメリットと言えます。しかし、USBメモリも寿命があるため、いつかは処分をする必要があるのです。実際に、USBメモリの処分で困っている人もいることでしょう。今回は、USBメモリの捨て方や処分方法にかんして詳しく解説します。捨て方の方法だけでなく、データの処分の重要性もじっくり学んでください。とても有益な内容ですよ。

  1. USBメモリとは
  2. USBメモリの処分について
  3. USBメモリのデータ処分について
  4. USBメモリの処分業者選びのポイント
  5. USBメモリの処分や捨て方にかんするよくある質問

記事を読んだ人は、USBメモリの処分で悩むことはなくなります。データ処分を含め、安心して処分するためにも最後までじっくり読んでみてください。USBメモリの処分を誤って行うとさまざまな弊害が起こる可能性があります。思わぬトラブルに巻き込まれないためにも、きちんと処分しましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加