ガスコンロの交換で知っておきたい3つのポイント

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ガスコンロは毎日使うため、消耗ははやいものです。ガスコンロが古くなれば買い替えや交換が必要になりますが、ガスコンロの設置や交換は注意深く行いましょう。思わぬ事故にもつながりかねません。それでも、自分でできるところはDIYで対応したいものです。それでは、ガスコンロを交換するとき、何を注意するとよいのか、3つのポイントを考えてみましょう。

  1. ガスコンロの交換方法
  2. 資格と安全を確認しよう
  3. ガスコンロの処分方法

1.ガスコンロの交換方法

1-1.寿命を見定めよう

ガスコンロはしっかりとメンテナンスをするなら、10年は使用できます。ですから、ガスコンロに不具合があっても、すぐに故障と決めつけるべきではありません。掃除をしていなければ、ガスコンロが目詰まりし、炎がしっかりとでなくなります。本来は10年使用できるガスコンロが、2年や3年で傷むこともあるのです。とはいえ、ガスコンロの不具合は思わぬ大事故にもなりかねません。おかしな状況を見つけたなら、決してそのままにせず、専門家に確認しましょう。

1-2.買い替えるときの注意事項

ガスコンロを買い替えるときは、サイズとコンロのタイプ、そしてガスのタイプの確認が必要です。まず、サイズですが、特にビルトインコンロの場合は大きさの確認が必要でしょう。購入する前に外枠を取り外し、ビルトインコンロを収める開口部の大きさを確認してください。コンロのタイプとしては、ビルトインコンロか据え置きコンロかの違いの確認が必要です。また、プロパンガスなのか都市ガスなのかも確認してください。

1-3.ガスコンロをDIYで交換する方法

据え置きガスコンロの場合は、ガスの元栓からホースが出ており、ガスコンロへ接続しています。据え置きガスコンロを交換するのはDIYで十分可能です。マイナスドライバー1つで十分でしょう。コンロを交換するときはガスの元栓を閉めることを忘れないでください。ビルトインコンロの場合、DIYでできることは限られています。ビルトインコンロの場合、ガスは多くの場合、ガス管で接続しているからです。ガス管の接続部分の交換は資格がない人にはできません。必ず、ガス工事業者の有資格者へ依頼してください。

12
はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

不要になったPC・家電を無料で処分したい方必見

この記事の読者におすすめの記事

    ※関連記事はありません。