テレビの画面解像度って何? 解像度が高いほどきれいに映るの?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

テレビの進歩は目覚ましいものがあります。
家電量販店に行けば、いろいろなテレビが並んでいるでしょう。
選択肢が広がるのはうれしいですが、迷う方もいると思います。
テレビを選ぶ基準のひとつが、解像度です。
そこで、今回はテレビの画面解像度についてご説明します。
解像度が高い低いという呼び方をしますが、解像度が違うとテレビ映りはどう違うのでしょうか?
これからテレビを買い替えたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. 解像度って何?
  2. 解像度はどこで確かめるの?
  3. 近くで見るほど、画面は荒く見える?
  4. 満足するテレビの選び方とは?
  5. 不要なテレビの処分方法とは?

1.解像度って何?

解像度とは、画面の細かさのことです。
テレビの画像というのは、細かい点の集まりで作られています。
「ドット絵」というものを見たとこがある方も多いでしょう。
1990年代のテレビゲームの画像は、点の集まりで作られたドット絵で作られていたのです。
このドット絵は遠目で見れば普通の線に見えます。
しかし、絵を拡大すると点の集まりであることが分かるでしょう。
この点が細かければ細かいほど、拡大しても選で描いたように見えます。
テレビ画面で解像度が高い、というのは画面の中の点が細かいということです。
30代以上の方ならば、「最近のテレビは細かいところまでくっきりとよく見えるな」と感じたことがあるでしょう。
画面の中の点が細かいと、細かい部分までくっきりと映し出せます。
今は、カメラも進歩してより肉眼で見るのと近い映像を映すことができるのです。
ですから、カメラで写した映像を忠実に受信するには、テレビの解像度も高い必要があります。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

不要になったPC・家電を無料で処分したい方必見

この記事の読者におすすめの記事

    ※関連記事はありません。