引っ越しの際に家電を処分する方法とは? こんなことに注意しましょう!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

引越しをする際に、「今まで使っていた家電が不要になる」ということは多いです。では、不要になった家電はどのように処分をすればよいのでしょうか? 今回は、引越しのときに出る不要家電を処分する方法についてご紹介します。現在は自治体のゴミ回収ルールも厳しくなり、自治体では回収できない家電もあるのです。引越しの予定があるという方や、引越しを機にいらない家電を一気に処分をしたいという方は、ぜひ読んでみてくださいね。

  1. 自治体に処分を依頼できる家電、できない家電とは?
  2. 家電を処分する際の相場とは?
  3. 不要な家電を売却することはできるの?
  4. いざという時は不用品回収業者を利用しよう
  5. おわりに

1.自治体に処分を依頼できる家電、できない家電とは?

この項では自治体に処分を依頼できる家電とできない家電についてご紹介します。 自治体によっても微妙な差がありますので気をつけましょう。

1-1.家電リサイクル法対象家電は自治体に処分を依頼できない

  • テレビ(液晶・プラズマ・ブラウン管)
  • エアコン
  • 冷蔵庫(冷凍庫)
  • 洗濯機(乾燥機)

は家電リサイクル法の対象になる家電ですので、どの自治体でも処分を依頼することはできません。 たとえ小型のものでもゴミ捨て場に出してしまうと、管理している人の迷惑になるでしょう。 このような家電を処分するためには、リサイクル券を買って家電量販店に持ち込まなくてはなりません。 大型家電は回収に来てもらうことも可能ですが、別途送料がかかります。 また、パソコンもパソコンリサイクル法によって、メーカーでの回収が義務付けられています。 さらにモニターはテレビと同じ扱いをされますので、部品だけを捨てることもできません。

1-2.自治体に家電の処分を依頼するときの注意点

前述した家電以外は、自治体に処分を依頼できます。 しかし、自治体によって何ゴミに分別されるかは異なってきますので、必ず確認をして捨てましょう。 また、粗大ゴミ扱いとなる場合、多くの自治体では処分が有料となっています。 必ず各自治体のルールに従って処分するようにしてください。

1-3.持ち去りに注意

家電を捨てる際に注意しなくてはいけないのが、持ち去りです。 「どうせ捨てるものだから持って行っても構わない」という人もいるでしょうが、持ち去られた家電で何かトラブルが起きた場合、多くの方に迷惑がかかるかもしれません。 面倒だからと前日の夜に出したりせず、決められた時間に出しましょう。 また、「壊れているので使えません」という張り紙をしておくのも一定の効果があります。

12