パソコンかタブレットか迷ったときにチェックする3つのポイント

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

最近のタブレットの進化には驚きを隠せません。そのため、「タブレットだけですべてができるのでは?」と感じる人も多いようです。特に、パソコンを買い替える時期に近づいたなら、タブレットとパソコンの違いはどこなのかと疑問に思うこともあるでしょう。それでは、パソコンを買うかタブレットを買うか迷ったときにチェックするべき3つのポイントをご紹介します。

  • パソコンとタブレットの違いを知っておこう
  • タブレットはパソコンの代わりになるのか
  • 選ぶときに留意するポイント

1.パソコンとタブレットの違いを知っておこう

1-1.持ち運びの便利さ

パソコンとタブレットのあいだの大きな違いのひとつは、持ち運びの便利さです。タブレットの重さは500グラム以下ほどであるため、重さはパソコンの半分ほどしかありません。かばんの中にパソコンを入れておくこととタブレットを入れておくことの違いは通勤の疲れにも大きく影響するでしょう。また、立ちながら操作をすることもできるのもタブレットの大きな魅力のひとつです。

1-2.バッテリーの持ちの違い

パソコンを持ち歩く際、ACアダプターを持たないのはバッテリーの持ちのことが心配になります。ですから、パソコンを持ち歩くときは結局ACアダプターも持ち歩くため、全体として重くなるのです。また、パソコンは数年でバッテリーの持ちが悪くなることが多いため、やがてACアダプターなしでは使えなくなることもあるでしょう。タブレットは1日ぐらいであれば充電の必要がないことも多いため、このバッテリーの持ちの良さもタブレットに軍配があがるひとつの点です。

1-3.起動の速さとわかりやすさ

実際のところ、タブレットと最新のパソコンを比べた際に、起動の速さに大きな違いはありません。しかし、電池の持ちの違いから、タブレットはスリープ状態にしておくことが多いはずです。スリープ状態からの起動の速さを比べたときに、違いは比べることができないほどでしょう。また、タブレットは感覚的に操作することができるため、パソコンに詳しくない人でもタブレットなら使えるという人は多くいます。このように考えると、タブレットには大きなメリットがあるようです。しかし、タブレットをパソコンの代わりにすることができるかどうかはまた別のポイントを考えなければなりません。

12
はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

不要になったPC・家電を無料で処分したい方必見

この記事の読者におすすめの記事

    ※関連記事はありません。