DVDドライブが認識しない原因とは?原因に合った対処法や交換方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

「DVDドライブ」は大好きな映画やアーティストのライブ映像を見るために必要不可欠です。
パソコンに付属しているDVDドライブが認識しなくなると困りますよね。
故障しているのでは…、買い替えないといけないのか…など不安になるでしょう。
そこで、DVDドライブが認識しない場合の対処法や原因、DVDドライブが故障しているかチェックする方法、交換方法について詳しく説明します。

目次

  1. DVDドライブが認識しない場合の対処法
  2. DVDドライブが故障しているかチェックする方法
  3. 故障したDVDドライブの交換方法
  4. まとめ

1.DVDドライブが認識しない場合の対処法

DVDドライブにDVDを挿入しても認識しないとき、故障だと考えてしまいますよね。
しかし、故障ではないケースもあるのです。
そこで、なぜDVDドライブが認識しないのか原因と対処法について説明しましょう。

1‐1.DVDドライブが認識しない原因は「メディア」か「パソコン本体」

DVDドライブが正常に認識しないとき、考えられる原因は主に2つあります。
CDやDVDなどのメディアに問題がある場合とパソコン本体そのものに不具合が起きている場合です。以上のどちらかが原因になるでしょう。
メディア本体に問題がある場合、ほかのCD・DVDは正常に読み取ります。
しかし、ほかのCD・DVDを挿入しても読み取らないのならパソコン本体に異常がある証拠です。
まずは、2つの原因のうちどちらになるのか確認することが大切になります。
メディアか、それともパソコン本体に問題があるのか以上の点を踏まえて確かめてみてください。

1‐2.CD・DVDなどのメディアに問題がある場合

ほかのCD・DVDを挿入して認識した場合はメディアそのものに問題がある証拠です。
挿入して認識しないメディアがドライブの規格に合っているかどうか確かめてください。
パソコンに付属しているDVDドライブにはマイナーな規格に適応していないタイプもあります。
現在、主流になっている“スーパーマルチドライブ”はほとんどの規格に対応しているので安心です。
規格に対応していても認識しない場合はメディアが損傷している可能性があります。経年劣化によってディスクのデータは消失するものです。
DVDドライブが認識しようとしてもデータ消失しているメディアは認識できません。ディスクに傷がついている場合は市販の傷取り機で取りのぞけるでしょう。

1‐3.パソコン本体に異常がある場合

パソコン本体に異常がある場合は、故障だけでなくパソコンの設定に問題があります。パソコンの設定によって整合性が取れなくなっているのです。
まず、症状を確認するため「管理メニュー」を開いてください。
スタートメニューからコンピューター→管理にアクセスします。コンピューター管理をクリックして「デバイスマネージャー」を表示しましょう。
デバイスマネージャーにはDVD/CDドライブの表示が出ているので「光学ドライブ」のプロパティを確認してください。
デバイスの状態には認識できない原因を記載しています。デバイスの状態を確認して光学ドライブが正常に動くよう設定しましょう。
設定の仕方がわからない場合は、パソコンメーカーのお客様サポートセンターに問い合わせてください。

2.DVDドライブが故障しているかチェックする方法

2‐1.DVDドライブからパソコンを起動する

基本的にパソコンを起動してからCD・DVDを認識します。
しかし、DVDドライブが故障しているかチェックする際はDVDドライブからパソコンを起動してください。
DVDドライブを故障しているかどうかはプロに調査してみなければわかりません。
一般人ではなかなか判断しにくいですが、DVDドライブからパソコンを起動してみるとわかります。
パソコンをDVDドライブから起動してもできなかった場合はDVDドライブが故障している証拠です。
新しいDVDドライブに買い替えなければなりません。

2‐2.パソコンメーカーに問い合わせる

DVDドライブが正常に起動しない場合、設定しなおす必要があります。
ある程度パソコンに詳しい人なら設定方法はわかりますが、素人からでは一切わかりません。
そこで、まずはパソコンを購入したときについてきた「取り扱い説明書」を確認してください。
取り扱い説明書にはDVDドライブが認識しないときの対処法について記載しています。また、お客様サポートセンターに問い合わせるのも1つの方法です。
DVDドライブが認識しないことを伝えると、順番どおりに作業を指示してくれます。
自分勝手に扱うよりも安心して解決できるでしょう。

3.故障したDVDドライブの交換方法

3‐1.DVDドライブの交換は自分でできる

DVDドライブが故障している場合、新しいDVDドライブに交換しなければなりません。DVDドライブの交換は自分でもできます。
交換する前にパソコン本体につながっているコードの位置を写真で残しておきましょう。
写真に残した後、パソコンの電源を完全に切ってからすべてのコードをはずします。サイドパネルのネジをすべてはずしてから古いDVDドライブを取っていきましょう。
パソコンの規格に合ったDVDドライブを取りつけます。
同じ規格を準備しなければ正常に働かなくなってしまうので注意してくださいね。
DVDドライブは自分で交換できますが、自分でするのが不安な人は専門の業者に依頼しましょう。

3‐2.古いDVDドライブはパソコンショップに回収してもらう

故障したDVDドライブはリサイクルショップでも買い取ってもらえません。
買い取ってもらえませんが、パソコンショップで回収してもらえます。
処分方法で悩んでいる人は近くにあるパソコンショップを利用しましょう。
パソコンショップはパソコン周辺機器について詳しい知識を持っています。処分にお金をかけたくない、情報流出が怖くて処分できない人でも安心して利用できるのです。
パソコンショップの中には「無料」で回収しているところもありますよ。
近くにない人でも、宅配引き取りや出張回収サービスをしているところがあるので安心してください。
遠い場所でも宅配引き取りを利用すればいつでもDVDドライブを回収してもらえます。
また、DVDドライブのほかにも処分したいパソコン周辺機器があれば一緒に回収してもらいましょう。

4.まとめ

DVDドライブが認識しない場合の対処法や故障しているかどうかチェックする方法、交換方法について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
DVDドライブが正常に認識しないと故障だと考えてしまいます。
しかし、故障していないケースもあるのです。
まずは、認識しない「原因」を見つけることが大切になります。
原因を見つけて適切な対処をしていきましょう。

  • 「メディア」か「パソコン本体」に問題がある
  • メディアに傷がついていないか、データが消えていないかどうか確認する
  • パソコン本体の症状を確認する
  • DVDドライブからパソコンを起動する
  • パソコンメーカーに問い合わせる
  • DVDドライブの交換は自分でできる
  • 古いDVDドライブはパソコンショップに回収してもらう

以上のポイントは要チェックです。
故障しているかどうか確認して対処してください。
故障している際は古いDVDドライブをパソコンショップで回収してもりましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
お部屋スッキリ計画の第一歩は不用品の処分から。

不用品の無料回収サービスのご案内

不用品の中に次の品物はありますか?
パソコン/液晶モニター/液晶テレビ/スマートフォン/タブレット/ハイスペックゲーム機

該当品目が一つでもあれば、不用品をまとめて無料で処分できるかも! 弊社指定の回収対象品目(70品目以上)でしたら無料で宅配回収いたします。 送料も弊社が負担しますので、処分にかかる費用はゼロ。

さらにご不要になったパソコンのOSがウィンドウズvista以降であれば、梱包用の宅配キットを無料でお送りします。

回収対象品目の一覧を見る 無料で回収できる理由