DVDドライブが認識しない原因とは?原因に合った対処法や交換方法

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「DVDドライブ」は大好きな映画やアーティストのライブ映像を見るために必要不可欠です。
パソコンに付属しているDVDドライブが認識しなくなると困りますよね。
故障しているのでは…、買い替えないといけないのか…など不安になるでしょう。
そこで、DVDドライブが認識しない場合の対処法や原因、DVDドライブが故障しているかチェックする方法、交換方法について詳しく説明します。

目次

  1. DVDドライブが認識しない場合の対処法
  2. DVDドライブが故障しているかチェックする方法
  3. 故障したDVDドライブの交換方法
  4. まとめ

1.DVDドライブが認識しない場合の対処法

DVDドライブにDVDを挿入しても認識しないとき、故障だと考えてしまいますよね。
しかし、故障ではないケースもあるのです。
そこで、なぜDVDドライブが認識しないのか原因と対処法について説明しましょう。

1‐1.DVDドライブが認識しない原因は「メディア」か「パソコン本体」

DVDドライブが正常に認識しないとき、考えられる原因は主に2つあります。
CDやDVDなどのメディアに問題がある場合とパソコン本体そのものに不具合が起きている場合です。以上のどちらかが原因になるでしょう。
メディア本体に問題がある場合、ほかのCD・DVDは正常に読み取ります。
しかし、ほかのCD・DVDを挿入しても読み取らないのならパソコン本体に異常がある証拠です。
まずは、2つの原因のうちどちらになるのか確認することが大切になります。
メディアか、それともパソコン本体に問題があるのか以上の点を踏まえて確かめてみてください。

1‐2.CD・DVDなどのメディアに問題がある場合

ほかのCD・DVDを挿入して認識した場合はメディアそのものに問題がある証拠です。
挿入して認識しないメディアがドライブの規格に合っているかどうか確かめてください。
パソコンに付属しているDVDドライブにはマイナーな規格に適応していないタイプもあります。
現在、主流になっている“スーパーマルチドライブ”はほとんどの規格に対応しているので安心です。
規格に対応していても認識しない場合はメディアが損傷している可能性があります。経年劣化によってディスクのデータは消失するものです。
DVDドライブが認識しようとしてもデータ消失しているメディアは認識できません。ディスクに傷がついている場合は市販の傷取り機で取りのぞけるでしょう。

1‐3.パソコン本体に異常がある場合

パソコン本体に異常がある場合は、故障だけでなくパソコンの設定に問題があります。パソコンの設定によって整合性が取れなくなっているのです。
まず、症状を確認するため「管理メニュー」を開いてください。
スタートメニューからコンピューター→管理にアクセスします。コンピューター管理をクリックして「デバイスマネージャー」を表示しましょう。
デバイスマネージャーにはDVD/CDドライブの表示が出ているので「光学ドライブ」のプロパティを確認してください。
デバイスの状態には認識できない原因を記載しています。デバイスの状態を確認して光学ドライブが正常に動くよう設定しましょう。
設定の仕方がわからない場合は、パソコンメーカーのお客様サポートセンターに問い合わせてください。

12