初期化だけでは危険!パソコン処分時のデータ消去や無料回収の方法

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

パソコンの処分を考えた時、気になるのはデータ消去や廃棄方法ではないでしょうか?データを消しても不安がある方や、そもそも初期化の手順がわからない方も多いかと思います。 データが残ったままのパソコンを処分したりリサイクルに回したりすることは大変危険です。消したつもりのデータが第三者に復元されてしまう可能性もあります。そこで今回は、安全なデータ消去の方法やパソコンを無料回収してもらうための方法のご紹介です。

  1. パソコンの初期化とは?
  2. パソコン処分と初期化について
  3. パソコン処分とデータ消去について
  4. おすすめのデータ消去方法は?
  5. 専門業者によるパソコン処分の流れを紹介
  6. パソコンの初期化・データ消去について よくある質問
  7. まとめ

パソコンの処分・リサイクルや、データ廃棄方法でお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。本来処分料金がかかってしまうようなパソコンでも、余計なお金を使わずに処分することができます。


1.パソコンの初期化とは?

1-1.パソコンの初期化・リカバリ・フォーマットとは

パソコンのデータ消去について、初期化・リカバリ・フォーマットといった用語を聞いた方は多いでしょう。単語だけですとどれも同じ意味のように聞こえますが、詳細な意味は微妙に異なります。

1-1-1.初期化

パソコンにOS・データが何も入っていない状態をいいます。OSだけが入っていることを「初期化」と呼ぶ場合もありますが、基本的にはまっさらな状態=初期化という定義です。

1-1-2.リカバリ

いわゆる「工場出荷時」の状態にすることを「リカバリ」といいます。既製品を購入した場合(自作PCでないかぎり)OSや購入時に入っていたソフトも復元されるのがポイントです。また、自分でリカバリ用ディスクを作成しておけば、いつでもその時点での環境・データを復元することができます。

1-1-3.フォーマット

フォーマットは直訳すると「型」という意味です。前者2点が消去や復元に関する用語であるのに対し、フォーマットは「部屋作り」の意味合いがあります。具体的には、Cドライブ・Dドライブにパーティション(データを保存するための仕切りのようなもの)を作ることです。データが残ったままではフォーマットができませんので、結果としてデータも消去されます。

1-2.メカニズム

パソコンのデータ消去・初期化は、データを完全に消去するように見えて実は違います。データに「削除済み」というフラグのようなものを付けるだけです。このフラグが付くことで、ユーザーはパソコン内のデータを閲覧することができなくなるため、一見削除されたような状態になります。

1-3.初期化はどんな時におこなう?

パソコンを初期化する場合、以下のような状況がほとんどではないでしょうか。

  • パソコンが壊れて初期化せざるを得ない時
  • パソコンを人に譲る・売るなどする時
  • パソコンを処分・リサイクルする時

処分・リサイクルなど初期化することが事前にわかっている場合は、あらかじめバックアップをきちんととれます。しかし、突然故障した時にバックアップがない状態で初期化するのはつらいですよね。日ごろからデータをこまめに退避したり、バックアップセンターを利用したりすることをおすすめします。

1-4.初期化の目的・効果

論理的なエラーや不具合は、初期化によって解決できることがほとんどです。ウィルスに感染してしまった場合にもリセットできることがあります。パソコンが初期状態に戻るため、動作が軽くなるでしょう。

1-5.初期化の方法

自分でリカバリディスクを作ってある場合はそれを利用してください。CD-Rを使ってリカバリをおこなうのが一般的です。PC内の別ドライブにリカバリ領域を持っている場合もあるでしょう。CD-Rや別ドライブからリカバリツールを起動することでリカバリ処理が走るようになっています。起動の方法はパソコンやメーカーによって異なりますので、「型番・初期化方法」などで検索してください。OSが立ち上がる前に「F8」や「F12」キーを押すのが一般的です。

1-6.初期化の注意点

初期化をおこなうと今まで保存していた写真・音楽・ソフトウェアなどのデータが消えてしまいます。あらかじめバックアップをとっておく、リカバリディスクを作っておくなどの対策をしておきましょう。リカバリディスクを使う場合、ディスク作成時のデータが復元されます。リカバリディスクを作った後に増えたデータは復元できませんので、別のメディアなどにバックアップをとっておきましょう。