【必読】パソコンの処分はどうする?廃棄業者の無料回収とデータ消去

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

パソコンの廃棄方法に困っていませんか?ノートパソコンやデスクトップが故障やトラブルに見舞われ、処分を余儀なくされることがあります。処分する術がわからず、手元に保管したままという方は意外と多いです。
「パソコンを捨てるのにルールはある?」「無料回収についてもっと知りたい」さまざまな疑問が湧き上がり、処分をためらってしまう気持ち、とてもよくわかります。
パソコンはごみだと思っていませんか?使わなくなったとしても、リサイクルが必要です。今回は、気になるパソコンの処分や廃棄業者についてご紹介します。

  1. パソコンの廃棄について
  2. パソコンの廃棄業者について
  3. パソコン廃棄における注意点
  4. パソコンの廃棄業者選びについて
  5. パソコンの処分でよくある質問
  6. まとめ 

この記事を読むことで、パソコンの正しい処分方法を知ることができます。捨てる際の注意点も、しっかり身につけておきましょう。パソコンは最後まで安全に配慮し、適切にリサイクルするようにしてください。


1.パソコンの廃棄について

パソコンには寿命があり、いつかは使えなくなる日がやってきます。寿命が近づき、使いにくくなることもあるでしょう。廃棄となるなら、処分方法を考えなければなりません。

1-1.資源有効利用促進法について

ものの循環を目的とした3つのRをご存じですか?

  • リデュース(ごみの排出を抑える)
  • リユース(再利用)
  • リサイクル(再資源)

経済産業省では、上記3つの活動を促進しています。資源有効利用促進法は、2001年4月に施行された法律です。ごみを排出する人や事業者そして自治体に対し、取り組み実施を促しています。
ごみに分類せず、貴重な資源として扱うことを目的としている法律です。従って、環境保護にもつながっています。資源有効利用促進法の中でも、パソコンのリサイクルはメーカーが行うことと義務づけているのです。

1-2.パソコンの廃棄方法

パソコンをどんなルートで処分するか、頭を抱える人も珍しくありません。日々排出される家庭ごみとは違い、リサイクルの必要性が指摘されているパソコンは、そう簡単に捨てられないですよね。パソコン廃棄で選ばれている、いくつかのルートをご紹介します。

1-2-1.メーカーによる回収

資源有効利用促進法に基づき、メーカーが廃棄されるパソコンの回収を行うことが義務とお伝えしました。お使いのパソコンにPCリサイクルマークが表示されているなら、メーカーの無償回収を受けることができます。表示がない場合、有償での対応となるため、必ず確認してください。メーカーによる回収は、自社製品に限られるため、他社製品は取り扱いできません。

1-2-2.販売店による回収

買い替えで古いものを処分したいなら、販売店経由でメーカー回収を依頼するのもいいでしょう。販売店としては、あくまでも買い替えが条件としている場合が多いです。引き取り条件については、販売店に確認をしてください。

1-2-3.お住まいの地域で回収を受ける

不用になったものの処分として、真っ先に思いつくのは、自治体による回収なのではないでしょうか?ところが、パソコンの回収は粗大ごみには分類されません。通常のごみとは切り離し、活用すべき資源として扱います。自治体で設置している小型家電回収ボックスに入るなら、サイズが小さいパーツや付属品は廃棄できるでしょう。しかし、小さなものを対象としているため、パーツや付属品に限られてしまいます。パソコンの廃棄ルールは、地域によって規約が異なるため、事前の確認は忘れずに。

1-2-4.廃棄業者による回収

廃棄業者の中には、パソコンや家電製品などをリサイクル回収している業者もいます。パソコンの回収を特に強化している業者もあり、電話1本でお得に処分できる大変便利なサービスです。迅速な対応を心がけている業者もあり、手間をかけずに捨てたいというなら、廃棄業者を利用するといいでしょう。