食器の整理が苦手な人は注目!使い勝手の良い収納法のアイデア!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

食器の整理が苦手な人は、とても多いですよね。
今回は、食器について使い勝手の良い収納法を伝授しましょう。

  1. 食器の整理と収納法の基本を学ぼう!
  2. もっと使い勝手が良くなるアイデアを伝授!
  3. 使わない食器の処分方法はこうする!
  4. まとめ

多すぎる食器の整理に悩んでいる方は、今すぐこの記事を読んでください。
食器を効率良く整理する方法が、わかりますよ。


1.食器の整理と収納法の基本を学ぼう!

まずは、たくさんある食器の整理と収納法の基本を学びましょう。
使い勝手の良い食器棚にするためにも、しっかり頭に入れてくださいね。

1-1.よく使う食器は取り出しやすい位置に収納する

食器の取り出しやすさについては、整理したり収納したりするときに何よりも優先して考えてください。
普段よく使っている食器は、取り出しやすい位置に収納しましょう。
具体的には、目線の位置から腰のあたりまでの高さになります。
また、頻繁(ひんぱん)に使う食器は奥側よりも手前側に収納しましょう。
食器は、取り出しやすい位置に収納することで無駄な動きも無くなります。
また、奥の物を取り出すときにうっかり食器を破損する可能性も低くなるでしょう。

1-2.種類ごとに整理整頓することが鉄則

食器は、同じ種類ごとに整理整頓することが鉄則です。
たとえば、同じスペースに種類の異なる食器を混ぜて収納することは避けてください。
種類の異なる食器が混ざった状態では、探し物がなかなかみつからなくて使い勝手の悪い食器棚になってしまうでしょう。
食器の種類ごとに整理整頓して収納することは、いつもきれいな状態を保(たも)つためのコツです。
種類ごとの収納で、いつでもお目当ての物を探しやすくもなるでしょう。

1-3.必要な食器だけを収納しよう

食器棚には、必要な食器だけを収納することが大切なポイントです。
収納スペースが余っていると、不用になった食器もまた収納してしまいがちになるでしょう。
しかし、使わない食器を収納しても無駄になるだけです。
また、本当に必要な食器を買い足したときに邪魔になることでしょう。
食器棚を使いやすくするためにも、必要な食器だけを厳選して収納してください。
不用になった食器類は、思いきって処分を検討しましょう。

2.もっと使い勝手が良くなるアイデアを伝授!

食器棚の整理整頓は、工夫しだいでさらに使い勝手が良くなります。
それでは、簡単にできて使い勝手が良くなるアイデアをご紹介しましょう。

2-1.突っ張り棒で空間を利用する

突っ張り棒は、効率良く食器を整理整頓するために必要なアイテムです。
食器棚の中に突っ張り棒を使うことで、空間を上手(じょうず)に利用しましょう。
今は、食器棚でも使用できるタイプの短い突っ張り棒を売っています。
たとえば、開き戸のスペースに利用するとフライ返しやお玉などを吊(つ)るして収納することも可能になるでしょう。
また、突っ張り棒を複数使うことで、簡単な棚を作ることもできます。
棚を作ることができれば、より多くの食器を収納できることになるでしょう。
アイデアしだいで、空間利用が無限に広がる点で突っ張り棒の活用をおすすめします。

2-2.お皿は立てて収納しよう

お皿は、重ねて収納するよりも立てて収納するとより使いやすくなります。
重ねて収納する方法が一般的ですが、下に積んでしまったお皿を取り出すのが大変になるでしょう。
下に積んでしまったお皿は、取り出すことが面倒になってだんだん使わなくなることも考えられます。
ぜひとも、お皿を立てて収納することを検討してください。
市販のプラスチック製のマガジンラックなどを上手(じょうず)に使うと、お皿を立てて収納することが可能です。
お皿を立てて収納する方法は、取り出しやすいだけでなく見た目もすっきりと整理できるでしょう。

2-3.細かい仕切りを活用しよう

底の浅い引き出しは、おはしやスプーン・フォークなどの小さな食器類を整理するときに便利です。
でも、何の工夫も無しでは収拾がつかなくなるでしょう。
そこで、おすすめなのが細かい仕切りを活用する方法です。
アイテムごとに仕切りを作って、専用の収納場所を作ることでお目当ての物がみつけやすくなるでしょう。
細かい仕切りを使う方法は、見た目にもすっきりと収納できるのでおすすめですよ。

3.使わない食器の処分方法はこうする!

食器を整理した後は、使わない食器の処分方法を検討しましょう。
ごみとして捨てるだけでなく、さまざまな処分方法がありますよ。

3-1.燃えないごみとして捨てる

使わない食器類は、燃えないごみとして捨てることができます。
住んでいる自治体のルールに従って、出してください。
ただし、陶器のお皿やガラスのコップなどは割れると危険です。
割れ物であることを明記したり、ダンボールで包んだりして回収作業をする人がケガをしないように配慮してからごみに出してくださいね。

3-2.リサイクルショップやフリーマーケットで売る

不用になった食器は、リサイクルショップやフリーマーケットで売ることもできます。
たとえ中古の食器であっても、必要とする人は多いでしょう。
リサイクルショップに自分で運んだり、フリーマーケットに出品することを面倒と思わなかったりする人に向く処分方法です。
特に、不用になった食器が少量の場合には、リサイクルショップやフリーマーケットで売ることも考えると良いでしょう。

3-3.不用品回収業者に回収を依頼する

不用になった食器が大量にある場合は、不用品回収業者に回収を依頼する方法も積極的に検討しましょう。食器は重量があるので、自分で運ぼうとすると意外と大変です。しかし、不用品回収業者に依頼すると回収に来てくれるので手間もかからず楽でしょう。また、ほとんど使用していない食器やブランド物の食器などは買い取り対象になる場合もあります。本当の意味で食器類のリサイクルを考える場合は、不用品回収業者に依頼する方法が良いと言えるでしょう。当社でも食器の無料宅配回収サービスを提供しています。

4.まとめ

さて、食器の整理について収納方法を交えながら解説してきましたがいかがでしょう。
食器棚を効率良く利用するためにも、不用な食器は処分することも検討してくださいね。

  • 食器の整理や収納法の基本を知る
  • ​食器棚の使い勝手が良くなるアイデアを学んでおく
  • 使わなくなった食器の処分方法を検討する

この記事を読みながら、使い勝手の良い食器棚になるように整理整頓しましょう。