食器の整理が苦手な人は注目!使い勝手の良い収納法のアイデア!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

食器の整理が苦手な人は、とても多いですよね。
今回は、食器について使い勝手の良い収納法を伝授しましょう。

  1. 食器の整理と収納法の基本を学ぼう!
  2. もっと使い勝手が良くなるアイデアを伝授!
  3. 使わない食器の処分方法はこうする!
  4. まとめ

多すぎる食器の整理に悩んでいる方は、今すぐこの記事を読んでください。
食器を効率良く整理する方法が、わかりますよ。


1.食器の整理と収納法の基本を学ぼう!

まずは、たくさんある食器の整理と収納法の基本を学びましょう。
使い勝手の良い食器棚にするためにも、しっかり頭に入れてくださいね。

1-1.よく使う食器は取り出しやすい位置に収納する

食器の取り出しやすさについては、整理したり収納したりするときに何よりも優先して考えてください。
普段よく使っている食器は、取り出しやすい位置に収納しましょう。
具体的には、目線の位置から腰のあたりまでの高さになります。
また、頻繁(ひんぱん)に使う食器は奥側よりも手前側に収納しましょう。
食器は、取り出しやすい位置に収納することで無駄な動きも無くなります。
また、奥の物を取り出すときにうっかり食器を破損する可能性も低くなるでしょう。

1-2.種類ごとに整理整頓することが鉄則

食器は、同じ種類ごとに整理整頓することが鉄則です。
たとえば、同じスペースに種類の異なる食器を混ぜて収納することは避けてください。
種類の異なる食器が混ざった状態では、探し物がなかなかみつからなくて使い勝手の悪い食器棚になってしまうでしょう。
食器の種類ごとに整理整頓して収納することは、いつもきれいな状態を保(たも)つためのコツです。
種類ごとの収納で、いつでもお目当ての物を探しやすくもなるでしょう。

1-3.必要な食器だけを収納しよう

食器棚には、必要な食器だけを収納することが大切なポイントです。
収納スペースが余っていると、不用になった食器もまた収納してしまいがちになるでしょう。
しかし、使わない食器を収納しても無駄になるだけです。
また、本当に必要な食器を買い足したときに邪魔になることでしょう。
食器棚を使いやすくするためにも、必要な食器だけを厳選して収納してください。
不用になった食器類は、思いきって処分を検討しましょう。

12