モニターやディスプレイの寿命はいつ? 寿命の前兆や処分方法を解説

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

パソコンやテレビとして使われるモニターは、長く使っていると不具合が出てきます。モニターのトラブルは寿命と関連していることが多く、使用頻度が高いほど寿命を早く迎える傾向があるのです。古くなったモニターは、買い替えや処分を考えなければなりません。モニターを買い替えるタイミングは、誰でも迷うポイントです。しかし、突然の故障で戸惑うこともあるため、寿命を意識して早めに買い替えを検討すべきでしょう。
今回は、モニターの寿命や買い替えについてご紹介します。

  1. モニターの寿命について
  2. モニターの寿命が近い? よくある症状
  3. モニターの買い替えについて
  4. モニターの処分方法
  5. モニターの寿命や買い替えでよくある質問
  6. まとめ

この記事を読むことで、モニターの寿命についてよく分かり、買い替えのタイミングを的確に把握できるようになるでしょう。寿命前に出やすい症状なども覚えておいてください。


1.モニターの寿命について

まず、モニターとはどのようなものか、使い方で寿命に差が出るのかなどを見ていきましょう。

1-1.モニターとは?

モニターとは、パソコンやテレビの映像を映し出す機器のことです。パソコンと一体になっているものもあれば、モニター単体のものもあります。

1-2.モニターの種類

モニターのサイズはさまざまで、A4サイズ2枚が左右に並ぶほどの大型なものから、持ち運びが可能なコンパクトで薄型なものまであります。モニターの種類は、液晶ディスプレイ・ブラウン管・有機ELディスプレイ・CRTなどで、ブラウン管はほかのものに比べて奥行きや厚みがあるのが特徴です。

1-3.寿命について

モニターの中でも寿命が比較的短いのが、ブラウン管です。1万時間を目安に寿命を迎えるといわれています。ほかのモニターは長寿命なものが多く、3万時間は使えるでしょう。目安として、10年を目処(めど)に買い替えを検討すべきとされています。

1-4.寿命に差が出る要因とは?

使用頻度が高いほど、バックライトの消耗が激しくなるため、早く寿命を迎えるでしょう。バックライトの寿命が、モニターの寿命です。映像が映し出されなくなり、モニターとして使えなくなります。こまめに電源をきる・高温多湿の環境で使わない・ほこりは丁寧に掃除するなど、モニターの使い方を見直すだけでも、寿命を延ばすことができるでしょう。

2.モニターの寿命が近い? よくある症状

モニターの寿命が近づいたら、さまざまな症状が現れます。寿命の前兆と合わせ、長持ちする秘訣(ひけつ)も覚えておきましょう。

2-1.こんな症状に注意

モニターの劣化が進むと暗さを感じるようになり、画像が不鮮明になります。色ムラや線なども現れ、見えにくい状態が続くでしょう。寿命間近になったら、画像が映らなくなる症状が出るため、すぐに買い替えを検討すべきです。

2-2.寿命チェック項目

以下のような症状が出たら、寿命の前兆と捉えましょう。

  • 画面に横線が出る
  • 以前より暗くなった
  • 色ムラがある
  • 輝度が安定しない
  • 突然消えてしまう
  • チラつきがある
  • 画面が映らない

2-3.寿命が長くなる方法

モニターは精密機器なので、使用環境に左右されやすいものです。結露が発生するため、 モニターの劣化が進みやすくなります。なるべく温度差が生じないように注意してください。モニターをつけたまま放置する時間が長い場合も、バックライトの消耗が激しくなります。こまめに電源をきる習慣を持ちましょう。少し意識して使うだけで、モニターが長持ちします。普段の使用環境や使い方を見直してみてください。

3.モニターの買い替えについて

モニターを買い替えるタイミングや処分についてご紹介します。

3-1.買い替えのタイミング

モニターは、前兆なく故障することはほとんどありません。しかし、何らかの異常を感じたら、内部でトラブルや劣化があると捉えていいでしょう。修理や買い替えを検討するべきです。使用年数が長いモニターの場合、修理部品が保有されていないケースもあります。修理が難しいようなら、買い替えを考えてください。

3-2.修理はできるのか?

モニターの不具合は、電源部分にあるコンデンサーの異常であることが多いものです。コンデンサーのトラブルなら、交換や修理で直る可能性が高いでしょう。しかし、ほかの部品の摩耗や以上は修理対応が難しいケースもあり、仮に修理できても費用がかかるデメリットもあります。修理費用で買い替えや修理かを考える方法もおすすめです。

4.モニターの処分方法

モニターの処分方法はいくつかあります。それぞれのメリットとデメリットを理解しておきましょう。

4-1.自治体

モニターは、原則として自治体で引き取りができません。たくさんの金属資源が含まれているため、リサイクルを目的にした回収方法が推進されているためです。メーカーに引き取り依頼をするか、別のリサイクル方法を考えたほうがいいでしょう。

4-2.家電量販店

モニターを買い替えるタイミングで、家電量販店に引き取りを依頼することもできます。処分と買い替えが1回で完結する方法です。店頭では、リサイクルを申請する書類への記載が求められ、リサイクル料金や収集運搬費用などが請求される場合もあるでしょう。費用は店舗ごとに異なるため、あらかじめ家電量販店に確認しておくと安心です。

4-3.メーカー

メーカーは、PCリサイクル法に基づき、モニターのリサイクル回収が義務づけられています。メーカーにリサイクルを依頼するという安心感を抱けるのがメリットです。モニターのメーカー名を確認し、メーカーのホームページから申し込みをしてください。リサイクル料金の支払いが必要です。郵便局から振り込みをしてください。支払い後、メーカーより配送伝票が送られてきます。配送は自分で手配しなければならないため、少し手間と感じる場合もあるでしょう。メーカーに依頼する場合、PCリサイクルマークがあるものは無償回収です。マークが表示されていない場合、リサイクル料金が3,240円前後の費用がかかります。ブラウン管は4,320円前後です。

4-4.回収業者

回収業者では、リサイクルを重視した回収を実施しています。中古モニターとして再販するか、修理部品として保有するなど、有効活用しているのです。面倒な手続きやリサイクル料金の支払いがありません。回収業者のパソコン処分本舗では、宅配回収・持ち込み回収・出張回収を実施しています。宅配回収は、モニターをダンボールに入れて発送するだけで、無料にて回収が可能です。着払いのため、送料の負担もありません。モニター以外に処分したいものがあれば、同梱(どうこん)して発送するだけで無料回収ができます。非常に利便性が高い方法で、迅速に処理できるのがメリットでしょう。

4-5.リサイクルについて

モニターはリサイクルすべき資源とお伝えしました。内部にレアメタルを含有しているためです。レアメタルの採掘は、環境破壊につながる危険性があると指摘されており、現存するものから再利用することが推進されています。モニター以外にも、付属しているケーブルはリサイクルが可能です。

4-6.モニターの処分に関する注意点

モニターのメーカーがすでに廃業している場合、メーカーによる引き取りができません。引き取り先がなくて困っている場合は、パソコン3R推進協会に回収を依頼しましょう。リサイクル料金は同協会が指定する金額を支払わなければなりません。費用をかけたくない場合は、パソコン処分本舗の宅配回収を利用することをおすすめします。

5.モニターの寿命や買い替えでよくある質問

モニターの寿命や買い替え時期は、判断しにくい場合があります。分からないことは、よくある質問を参考にしてください。

Q.PCリサイクルマークはどこに表示されているのか?
A.モニターの背面や底面に表示されている場合がほとんどです。製品購入時に箱に同梱(どうこん)され、自分で貼りつける形式もあります。PCリサイクルマークは、PCリサイクル法が施行された2003年10月以降発売の製品が対象です。

Q.電源のオンオフが激しいのも消耗する原因になるのか?
A.頻回なオンオフは、電源に負荷がかかります。寿命を縮める原因です。モニターの設定をすぐにオフがかかる状態にしておくのも、あまり望ましくないでしょう。すぐにオフモードに切り替えができないように設定してください。

Q.回収業者を利用するときの注意点は?
A.無料回収とアナウンスする廃品回収車は、事業所所在地がはっきりせず、違法行為を繰り返していると危険視されています。同じように回収業者を名乗っていても、リサイクルに必要な古物商の許可を持っておらず、トラブルが多いのです。必ず、許可番号を持った業者に依頼してください。

Q.寿命が近いモニターは下取りできないのか?
A.中古として価値が見いだされるのは、製造から3年以内の高年式な製品です。寿命が近いものは、リサイクル回収が義務づけられていても、下取りは難しいでしょう。

Q.回収業者の宅配回収を利用する場合に規定はあるのか?
A.パソコン処分本舗の宅配回収は、箱サイズの上限と送料無料となる対象製品を含んだものに限り、送料無料で回収しています。箱の大きさは、佐川急便なら160サイズまで、ゆうパックなら170サイズまでが対象です。重さは30kg以内にしてください。

6.まとめ

いかがでしたか? モニターは寿命が近づくとさまざまな不具合が出てきます。チラつき・輝度が安定しない・線が出る・色ムラなど、使いづらさを感じるようになるでしょう。モニターは10年を目安に寿命とされています。不具合が出始めたら、早めに修理や買い替えを検討してください。モニターを処分する場合、PCリサイクル法に基づき、メーカーによる引き取りが義務づけられています。ただし、PCリサイクルマークがないものは有償回収です。古いモニターや寿命を迎えたモニターでも回収可能な回収業者を活用してみてはいかがでしょうか? パソコン処分本舗の宅配回収なら、条件を満たしていれば送料無料にて回収できます。とても便利な方法です。お気軽にご利用ください。