【注目】エアコンのリサイクル料金はいくら? お得な処分方法も解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

エアコンは、部屋を快適な温度・湿度に保つためにも必要不可欠な家電です。猛暑や厳冬を乗り切るためにも、エアコンなしの生活は考えることができません。しかし、故障や買い替えなどで古いエアコンの処分で悩んでいる人もいることでしょう。そこで、今回は、エアコンの処分についてリサイクル料金がいくらかかるかなどを含め、詳しく解説します。

  1. 家電リサイクルについて
  2. エアコンのリサイクル料金は?
  3. エアコンの処分について学ぼう
  4. エアコンのリユースについて考えよう
  5. エアコンのリサイクル料金に関するよくある質問

この記事を読むことで、エアコンの処分に関する基本がわかり、適切な方法を選ぶことができます。同時に、リサイクル料金がいくらかかるか理解できるので悩みを解決できるでしょう。まずは、記事を読み進めてみてください。必ず、役に立ちますよ。


1.家電リサイクルについて

最初に、家電リサイクルについて学びましょう。目的や必要性・家電リサイクル法の詳細についても解説します。

1-1.家電リサイクルとは

家電リサイクルとは、不要になった家電をクリーニング・修理することで再度中古品として使うことができるようにすることです。また、修理不可能なものであっても、分解して資源リサイクルに回すことができます。ごみとして処分するのではなく、貴重な資源を大切にするという点でも、家電リサイクルは重要な意味を持つのです。

1-2.家電リサイクルの目的や必要性

家電には、希少金属などリサイクル価値がある資源が豊富に含まれています。特に、レアメタルと呼ばれる希少金属は、産出量が少ないためにリサイクルを積極的に行う必要があるのです。また、ごみの量を減らすという点でも、大きな意味があります。資源の枯渇を防ぎ、ごみの量を減らすという目的のため、家電リサイクルを積極的に進めていく必要があるのです。

1-3.家電リサイクル法について

家電リサイクル法は、レアメタルなどの資源リサイクルやごみの軽減・危険物(鉛・フロンガスなど)の適正な処分などを目的に、2001年4月に施行となりました。法律で指定のある4品目にかんしては、メーカーが責任を持って回収・リサイクルすることを義務付けたのです。大手家電メーカーには、家電リサイクル工場を持っているところが多くあります。なお、家電のリサイクル料金は、基本的に消費者負担となるので注意しましょう。

1-4.家電リサイクル法の対象商品について

家電リサイクル法では、以下の4品目を対象商品に指定しています。該当品目は、一般のごみとして出すことはできません。

  • エアコン
  • 冷蔵庫・冷凍庫
  • テレビ
  • 洗濯機・乾燥機