【注目】USBメモリの処分や捨て方を正しく学ぶ! データ処分も解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

USBメモリは、デジタルデータの受け渡しや保存に大活躍です。とても小さいので、荷物にならない点もメリットと言えます。しかし、USBメモリも寿命があるため、いつかは処分をする必要があるのです。実際に、USBメモリの処分で困っている人もいることでしょう。今回は、USBメモリの捨て方や処分方法にかんして詳しく解説します。捨て方の方法だけでなく、データの処分の重要性もじっくり学んでください。とても有益な内容ですよ。

  1. USBメモリとは
  2. USBメモリの処分について
  3. USBメモリのデータ処分について
  4. USBメモリの処分業者選びのポイント
  5. USBメモリの処分や捨て方にかんするよくある質問

記事を読んだ人は、USBメモリの処分で悩むことはなくなります。データ処分を含め、安心して処分するためにも最後までじっくり読んでみてください。USBメモリの処分を誤って行うとさまざまな弊害が起こる可能性があります。思わぬトラブルに巻き込まれないためにも、きちんと処分しましょう。


1.USBメモリとは

最初に、USBメモリの基本について学びましょう。種類や使用シーン・目的など意外と知らないことがあるものです。

1-1.USBメモリとはどんなもの?

USBメモリとは、USB端子を用いてコンピューターに接続しデータの読み書きを行うための機器です。使用するときに、専用のリーダーやアダプターを必要としない点が特徴となります。大きさは非常に小さく、USB端子を含めても数センチほどです。USBメモリにデータをこまめに保存しておくことで、コンピューターが予期せぬトラブルを起こしたときには、データ復旧が容易になります。

1-2.USBメモリの種類について

USBメモリには、主に以下の種類があります。

  • スタンダードタイプ:ごくノーマルなタイプで価格が安価である
  • セキュリティータイプ:セキュリティーソフトを搭載したタイプで安全度が高い
  • ユニークタイプ:USBの端子の向きを気にしないタイプや超小型タイプがある
  • バラエティータイプ:キャラクターマスコット付きなどアクセサリー感覚のタイプ

使用シーンや目的によって使い分けることをおすすめします。

1-3.USBメモリの使用シーンや目的

なお、USBメモリの使用シーンはとても多いことが特徴です。仕事で必要なデータを渡したりプライベートな画像を保存したりなど、多くのシーンで活用できます。また、USBメモリは、補助記憶装置のひとつです。そのため、以下のような目的があります。

  • デジタルデータの保存・読み込み用
  • デジタルデータの受け渡し用
  • アプリケーションのインストール用
  • ソフトウェアの配布用媒体として

USBメモリは、必要なときにだけつなぐことができる「リムーバル装置」であることが使用シーンを広げていると言えます。

1-4.USBメモリのメカニズムや構造を理解しよう

USBメモリは、フラッシュメモリを使用した記録装置です。ハードディスクドライブよりも読み書きが早いことが特徴となります。USBメモリの内部にはメモリチップやコントローラーなどがあり、また、外部にはUSBコネクターを装備していて、パソコンのUSB端子につなぐことによって使用可能です。

1-5.USBメモリの利便性や人気の理由について

USBメモリは、何よりコンパクトな点とUSB端子に差し込むだけですぐに利用できる点で利便性が高いと言えます。USB端子は、多くのパソコンやプリンター・スキャナーなどに付属しているため、使い勝手がいい点も魅力です。さらに、補助記憶装置の中では比較的安価に入手できることも人気の理由と言えます。