ストーブの寿命は何年くらい?どうすれば長持ちするの?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

秋も深まり、今年も暖房器具が必要な季節になりました。
ストーブを利用されるお宅も多いでしょう。
ストーブの安全性は年々高まっていますが、それでも故障しかけのストーブを使うと火災の原因になります。
では、ストーブは何年くらい使うと故障が増えて寿命を迎えるのでしょうか?
そこで、今回はストーブの寿命についてご説明します。
ストーブのお手入れの仕方しだいで寿命は延びるのでしょうか?
また、ストーブの処分方法もご紹介します。
最近ストーブの調子が悪いという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. ストーブにはどんな種類があるの?
  2. ストーブの寿命何年くらい?
  3. ストーブの寿命が近づくと起こりやすい故障とは?
  4. ストーブは小まめにメンテナンスしよう
  5. ストーブを処分する方法とは?
  6. おわりに

1.ストーブにはどんな種類があるの?

ストーブにはいろいろな種類があります。
燃料だけでも、電気、ガス、石油、薪(まき)の4種類もあるのです。
また、昔ながらの反射板を利用したストーブから、衝撃を感じれば自動消火するものまで性能もさまざま。
どのストーブも、定期的にメンテナンスをしていれば、10年以上は問題なく使えるでしょう。
つまり、逆にいえば手入れをしなければ、どんなによいストーブでも寿命が短くなるのです。
また、最近は薪(まき)ストーブの人気も高まっているそうですが、薪(まき)ストーブはほかの燃料を使ったストーブよりもメンテナンスに手間がかかります。
また、ストーブ用の薪(まき)も安くありません。
ですから、薪(まき)ストーブを導入したいと思っている方は、維持やメンテナンスの手間をよく理解してから行いましょう。
薪(まき)ストーブは、ストーブの中でも最も高価な部類です。
買って何年もしないうちにメンテナンス不足で寿命を迎えれば、もったいないでしょう。