【必読】テレビの処分は無料でできる! お得で便利な方法を詳しく!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

テレビは、インターネットが発達した現在でも、毎日の暮らしに欠かすことができない家電のひとつと言えます。時事ニュースなど、多くの情報を得ることができるからです。しかし、テレビにも寿命があるため、故障や買い替えなどで古いものの処分に悩むこともあるでしょう。そこで、今回は、テレビの処分について家電リサイクル法の内容も含め、詳しく解説します。無料で処分できる方法についてもご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

  1. テレビの処分と家電リサイクル法について
  2. テレビのリサイクル料金はいくら?
  3. テレビを無料で処分する方法とは?
  4. テレビの無料処分・回収に関するよくある質問

この記事を読むことで、テレビを処分・回収するための基本が身につき、適切に進めることができます。まずは、記事をじっくり読んでみてください。


1.テレビの処分と家電リサイクル法について

最初に、テレビの処分と家電リサイクル法の基本を解説します。テレビをゴミとして捨てることができない理由などを理解しておきましょう。

1-1.テレビはゴミで捨てることができない

テレビは、不燃ゴミや粗大ゴミとして自治体に回収してもらうことはできません。自治体に問い合わせても、ゴミとして処分はできないと言われてしまいます。理由は、家電リサイクル法の指定品目に定められているからです。ただし、ゴミとして捨てることはできなくても、適切な方法を選べば処分は可能なので安心してください。

1-2.家電リサイクル法に定められた家電について

家電リサイクル法に定められた家電の種類や、目的・必要性について解説します。

1-2-1.指定4家電とは

家電リサイクル法では、以下の4品目の指定があります。それぞれの種類に該当する条件については、を参考にしてください。

  • テレビ
  • 洗濯機・乾燥機
  • エアコン
  • 冷蔵庫・冷凍庫

1-2-2.家電リサイクル法の目的や必要性

家電リサイクル法の主な目的は、以下をご覧ください。

  • ゴミの総量の減量
  • ゴミの処分にかかる費用の削減
  • レアメタルなどの資源リサイクル
  • リチウムなど危険物質の適切な回収処分

家電リサイクル法があることで、処分費用や手間がかかるのは事実です。しかし、限りある資源を大切にし、有効にリサイクルすることで大きなメリットを得ていると言えます。

1-3.ブラウン管テレビと液晶テレビ

ひと昔前まで、ブラウン管テレビが主流でした。しかし、今では液晶テレビが大多数となっています。ブラウン管テレビは重さや大きさがあるタイプで、液晶テレビは薄型で重量も軽く、持ち運びしやすいことが特徴です。いずれのタイプであっても、メーカーに依頼すれば回収できます。ただし、同じメーカーで同じ画面サイズでも、回収料金が異なる場合があるので注意しましょう。

12