扇風機の処分や捨て方はお任せ! リサイクルできてお得な方法とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

扇風機は、夏場の暑さをしのぐために欠かすことができない電化製品です。クーラーが苦手という人でも、扇風機なら問題なく使うことができる人もいます。夏場はフル活用している家庭も多いことでしょう。さて、故障や買い替えなどで古い扇風機を処分するときに困っている人もいるはずです。ゴミの分類や処分方法など、よくわからないことも多いことでしょう。そこで、今回は、扇風機の処分や捨て方について詳しく解説します。

  1. 扇風機の処分の基礎知識
  2. 扇風機の処分:自治体に依頼する
  3. 扇風機の処分:販売業者の引き取りを利用する
  4. 扇風機の処分:不用品回収業者に依頼する
  5. 扇風機の処分:リサイクルする
  6. 扇風機の処分を依頼するための業者選び
  7. 扇風機の処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、扇風機の処分に関する基本がわかり、適切かつお得な処分方法を選ぶことができます。まずは、記事をじっくり読んで参考にしてください。


1.扇風機の処分の基礎知識

最初に、扇風機の処分の基礎知識として、ゴミの分類や大型・業務用の扇風機の処分方法などを解説します。

1-1.扇風機は不燃ゴミか粗大ゴミか

扇風機は、主な素材がプラスチックおよび金属であるため、不燃ゴミもしくは粗大ゴミに分類できます。しかし、ゴミの分類は各自治体のルールによって異なるので注意してください。不燃ゴミの場合は、事前連絡なし・無料で処分できます。粗大ゴミの場合は、多くの自治体で1台当たり数百円程度の回収費用がかかるので覚えておきましょう。

1-2.業務用の扇風機の処分方法は?

小型・大型にかかわらず、事業所で使用していたものは、事業ゴミとなります。そのため、業務用の扇風機は、一般ゴミとして自治体に回収してもらうことができません。事業ゴミとして、専門業者に処分を依頼しましょう。なお、事業ゴミの扱い(分別の仕方など)は各自治体によっても細かく異なるので確認してください。