チャイルドシートの処分方法、教えます ~お得に処分できるんです~

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

小さな子どもを車に乗せるとき必要なチャイルドシート。子どもの安全を守るためにも必ず備え付けたいです。
しかし、子どもの成長に合わせて不用になるもののひとつでもあります。では、不用になったチャイルドシートはどのように処分すればいいのでしょうか。
この記事ではチャイルドシートの処分方法と共にお得な情報を紹介します。

  1. チャイルドシートの処分方法
  2. チャイルドシートを買い取ってもらうには
  3. 業者に依頼するときの注意点
  4. まとめ

1.チャイルドシートの処分方法

チャイルドシートを処分するにも方法はさまざま。この項目で確認しておきましょう。

1-1.粗大ごみとして出す

チャイルドシートは粗大ごみとして出すことができます。汚れが目立ち破損がある場合は素直にごみとして出しましょう。汚れがひどくて壊れているとオークションやリサイクルショップで買い取ってもらうことができません。
自治体によって処分費用は違いますので確認してから捨てましょう。

1-2.リサイクルショップに出す

きれいな状態で破損が無いチャイルドシートであればリサイクルショップにて買い取ってもらうことができます。持ち込むのが面倒であれば出張サービスがあるので活用してみましょう。
また、店ごとで買い取り価格は違います。事前に調べてから売りに出すのがおススメです。

1-3.オークションに出す

チャイルドシートをオークションに出してお金に変える方法。リサイクルショップなどの査定価格が気に入らないときはオークションに出してみるのもいいでしょう。
チャイルドシートにも人気商品やブランドが存在します。汚れが目立たなくて破損が無ければ高い値段で売ることができるのです。

1-4.不用品回収業者に回収してもらう

チャイルドシートを不用品回収業者に引き取ってもらう方法。
見積もりをした後に納得できる金額であれば回収してもらうことができます。また、自治体のごみ回収と違いすぐに引き取ってもらえるのがポイントです。チャイルドシート以外にも回収してほしいものがあれば一緒に回収してもらいましょう。
最近の回収業者は買い取りサービスをしていることが多いです。自分では不用品と思っていたチャイルドシートがお金に替わることがあるので依頼してみましょう。

1-5.必要としている知人に譲る

子どもが成長してしまうとチャイルドシートを再び使うことは無いです。しかし、新たに子どもが生まれた人にとっては必需品。不用になったチャイルドシートは必要としている人へ積極的に譲りましょう。
チャイルドシートを知人などに譲ることで自分は不用品を処分できます。そして、必要としている人にとってはタダで必要なものを手に入れることができるのでおススメです。さらに、ごみを出すことにならないので環境にとってもよい影響となります。

1-6.寄付をする

チャイルドシートを渡す知人などがいない場合は寄付という選択も考えてみましょう。
チャイルドシートをリユースしている企業などではチャイルドシートの回収を行っています。回収した資源でボランティアに貢献しているのです。
また、チャイルドシートをごみとして処理しないため環境にもうれしい選択となります。チャイルドシートを再利用する発想も持っておきましょう。

2.チャイルドシートを買い取ってもらうには

不用になったチャイルドシートが少しでもお金になったらいいですよね。この項目ではチャイルドシートを買い取ってもらうコツや方法をご紹介します。

2-1.きれいな状態にする

チャイルドシートはきれいな状態であればあるほど高く買い取ってもらえるのです。買い取ってもらう際にはきれいな状態にしましょう。
まずは掃除機などで汚れやほこりを取ります。その後、シート部分の汗・皮脂・食べこぼし・ジュースのシミなどを取りましょう。
コツとしては雑巾や布などに洗濯用洗剤を薄めたものを付けます。洗剤を付けた布で叩(たた)くように汚れを拭き取っていきましょう。取れないシミなどは歯ブラシに洗剤を付けてブラッシングしてください。さいごに、乾いた布で拭いて仕上げましょう。
シート部分だけでなくプラスチックのベース部分も掃除しておきます。プラスチックの部分は布の水拭きをするだけで大丈夫です。シミが目立つときは中性洗剤などを付けて拭き取っていきましょう。

2-2.メーカーを確認する

チャイルドシートにもメーカーやブランドがあります。人気メーカーやブランド品であれば買い取り価格が上がる場合があるので確認しておきましょう。

  • エールべべ…カー用品を企画・開発する会社。車へ簡単に取り付けられると共に確実性に定評がある会社。
  • アップリカ…ベビーカーで有名なメーカー。赤ちゃんの成長に合わせた安全性と快適性を兼ね備えたベッド型のチャイルドシートを作っています。
  • リーマン…専門メーカーによる安全性がウリの会社。技術力と品質の高さにより安心して使えるチャイルドシートが多いのが特徴です。
  • タカタ…シートベルト専門メーカーでエアバッグなども作っています。日本初の本格的チャイルドシートを作った会社です。

3.業者に依頼するときの注意点

チャイルドシートを業者や買い取りに出すときに注意していただきたいポイントがあります。この項目でチェックしておきましょう。

3-1.所在地が明記されてある業者を選ぶ

不用品の回収や買い取りを依頼する場合はネットや情報誌などにきちんと住所が明記されてある業者に依頼します。住所が明記されていない業者は不法投棄など違法行為をしている場合があるからです。
住所が無い場合は事務所や店舗などが無いということになります。事務所を構えず、さらに住所を明記しないのは何か問題が発生したときにその場から去りやすくするためです。
依頼する前に住所の有無はしっかり確認しましょう。

3-2.売りに出す場合はできるだけ原状回復をする

チャイルドシートを売るとき、汚いままだと買い取ってもらうことができません。必ず掃除などをしてから売りに出すようにしましょう。掃除をするだけで買い取り価格に大きな差が生まれてきます。

4.まとめ

いかがでしたか?

この記事ではチャイルドシートの処分方法を中心に情報を紹介しました。さいごに、処分するときの大事なポイントをまとめておきましょう。

  • 不用になったチャイルドシートは売ることができる。
  • 売るだけではなくて知人などに譲ることも考えてみる。
  • 早く処分したいときは回収業者に依頼する。
  • 売る場合はきれいな状態に復元する。
  • 人気メーカーであれば査定価格がアップする。

子どもの命を守ることができるチャイルドシート。しかし、不用になったからと言って勝手に捨てないようにしましょう。もしかすれば、お金に替わる可能性もあるので業者などに依頼してみるのをおススメします。