スマホをリサイクルすべきなのはなぜ? データ消去の重要性も紹介!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「買い替えで不要になったスマホがたくさんある」「どうやって処分したらよいか分からない」という悩みを持つ人は多いでしょう。使わなくなったスマホはリサイクルしませんかあ? 確かにスマホは場所をとるものではないため、あっても特に問題はないと思います。しかし、スマホには貴重な資源が含まれており、リサイクルすることで有効活用できることをご存じでしょうか? まだ使える状態であればリセールしてお得に処分することも可能なのです。この記事では、スマホをリサイクルする方法や事前にしておくべきデータ消去について紹介しましょう。

  1. スマホのリサイクルについて
  2. スマホをリサイクルする前にすべきこと
  3. スマホをリサイクルしてみよう
  4. スマホのリサイクルに関するよくある質問

この記事を読むことで、使用済みのスマホを有効的に処分する方法が分かるはずです。ぜひ参考にしてください。


1.スマホのリサイクルについて

まずは、スマホの資源価値やリサイクルの現状などをまとめました。

1-1.スマホの普及率

スマホが一般的に認知され始めたのは、iPhoneやandroidが発売されたころです。以降、スマホの普及率は急激に伸びていき、現在では全体の80%近くの人がスマホを所有しています。特に、10代のスマホ普及率は現在90%以上となっており、学生のほとんどがスマホを所有していることが分かっているのです。

1-2.スマホの資源価値とは?

スマホには金や銀・銅・コバルトなどのレアメタルが含まれています。レアメタルとは産業界での流通量が少ない非鉄金属であり、希少金属として扱われているもののことです。そのレアメタルが含まれたスマホを廃棄してしまうのは非常にもったいないことであり、いかにリサイクルの必要性があるかお分かりいただけると思います。スマホは中古市場での需要も高く、買い取りを希望する人も少なくないのです。

1-3.リサイクルの現状

スマホはパソコンに比べるとリサイクル率が低いのが現状です。パソコンは、資源有効利用促進法によりメーカー回収によるリサイクルが義務づけられています。しかし、スマホはこの法律の対象外であるため、どうやって処分したらよいのか分からず、自宅に放置している人が多いのです。

2.スマホをリサイクルする前にすべきこと

スマホをリサイクルする前にしておくべきデータの消去についてご紹介します。

2-1.処分前にしておくべきこと

スマホを処分する前に、いくつかしておくべきことがあります。まず、動作状態を確認してリセールが可能ではないか確認してみましょう。問題なく使えて比較的きれいな状態であれば、リセールしたほうがお得に処分できます。そして、もう一つ大切なのがデータの消去です。スマホに残っているデータをすべて消去してから、リサイクルしましょう。

2-2.データについて

スマホのデータ消去について解説します。

2-2-1.消去の必要性

なぜ、スマホのデータ消去が必要なのでしょうか。スマホの中には、個人情報を始めとして写真や動画・クレジットカード情報など重要なデータが数多く含まれています。そのままスマホを廃棄してこうした情報が抜き取られると、悪用されてしまう可能性があるので注意が必要です。自分だけでなく知人や友人なども巻き込んだトラブルに発展してしまうことを防ぐためにも、確実にデータを消去した上でスマホを処分する必要があるでしょう。

2-2-2.消去方法

まず、説明書を確認しながらスマホ本体を初期化しましょう。iPhoneとandroidでは初期化の方法が異なるため、注意してください。さらに、SIMカードとSDカードを抜いた状態でスマホを処分するようにしましょう。せっかく本体を初期化しても、カードに入っている情報が流出してしまう可能性があります。

2-3.大切なデータの移行方法

新しいスマホに買い替える場合は、電話帳や写真・動画など大切なデータを移行する必要があるでしょう。SDカードやクラウドサービスを利用してバックアップをとり、新しいスマホにインポートします。移行方法がよく分からない場合は、スマホをいったんUSBケーブルでパソコンにつなぎ、保存しておくと安心です。

3.スマホをリサイクルしてみよう

スマホをリサイクルする方法についてご紹介します。

3-1.自治体による処分

スマホは小型家電リサイクル法の対象になるため、自治体によっては回収ボックスを設置して回収しているところもあります。回収ボックスは大型スーパーや公共施設、家電量販店などに設置されていることが多いため、自治体のホームページから確認してみましょう。投かん口に入れるだけで無料処分が可能です。ただし、自治体によっては回収ボックスを設置していないところもあり、事前確認が必要になります。

3-2.キャリア会社、メーカー、販売店での引き取り

携帯電話のキャリア会社やメーカー、販売店に引き取ってもらう方法もあります。直接持ち込むことで無料引き取りをしてもらえるため、機種変更の場合は処分と購入を一気に済ませることができておすすめです。また、この方法ではメーカーを問わず対応してもらえます。ただし、事前に必ずデータ消去をしておくことを忘れないでください。

3-3.リセールする

スマホは中古市場でも需要が高いため、まだ使える状態であればリセールするのがおすすめです。特に、発売から1~2年しか経過していないものは、高価買い取りの可能性もあるでしょう。リセールの依頼先としては、携帯電話専門のリサイクルショップや買い取り専門業者などがあります。

3-4.専門業者による回収

スマホのように、家庭から出た不用品の回収を行っている業者を利用してみましょう。パソコンや不用品の回収を行っている「パソコン処分本舗」では、壊れたスマホも無料で回収しています。スマホは送料無料の対象商品であり、ほかの不用品を同こんして宅配で送ると全国どこからでも送料無料で回収可能です。ほかにも処分したいものがあれば、ぜひまとめて依頼してみてください。

4.スマホのリサイクルに関するよくある質問

「スマホをリサイクルしたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.スマホは家電リサイクル法の対象でしょうか?
A.家電リサイクル法の対象となるのは、テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコンの4品目だけです。スマホは小型家電リサイクル法の対象となります。

Q.スマホを高価買い取りしてもらうためのポイントは何ですか?
A.できるだけきれいな状態に掃除し、付属品をそろえておきましょう。売却前に初期化しておくことも重要です。新しいスマホほど高く買い取りしてもらえるため、使わなくなったらすぐ査定してもらってください。

Q.スマホの寿命は何年くらいでしょうか?
A.スマホ本体の寿命は4~5年ですが、バッテリーの寿命は1~2年といわれています。「すぐに充電がなくなる」「充電に時間がかかるようになってきた」という理由で買い替える人がほとんどでしょう。

Q.壊れたスマホでも、そのまま捨てるとデータ流出の恐れはありますか?
A.スマホが壊れていて電源が入らなくても、SDカードやSIMカードが取り出せる状態であれば、そこからデータを抜き出すことが可能です。カードは必ず抜き取ってから処分するようにしましょう。

Q.回収業者を利用する際の注意点を教えてください。
A.不用品の回収に必要な許可を持たずに営業している違法業者も存在しています。そのような業者に依頼すると、回収した不用品を不法投棄されるなどの可能性があるでしょう。必ず許可の有無を確認し、事務所の所在地や電話番号を明らかにしているかチェックしてください。

まとめ

いかがでしたか? 不要になったスマホのリサイクルについて詳しくご紹介しました。「使わなくなったスマホが何台も家にある」という人は多いでしょう。希少資源を含むスマホは、リサイクルすることが一番です。ぜひこの記事を参考にして、スマホを正しくリサイクルしてください。