千代田区でパソコンを処分する方法や買取に出す方法を詳しくご紹介

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

千代田区でパソコンを廃棄する場合、どのような方法があるのでしょうか? パソコンは資源有効利用促進法に基づき、リサイクル回収に出さなければなりません。そのため、千代田区で回収することができないのです。

そこで、本記事では、千代田区でパソコンを処分する方法や処分する際の注意点などをご紹介します。

  1. 千代田区でパソコンは何ゴミになるのか?
  2. パソコンを処分する際の注意点
  3. パソコンを処分する方法
  4. 自治体回収で処分する方法
  5. パソコンの回収サービスを利用する方法
  6. パソコンを買取に出す方法
  7. パソコンの処分でよくある質問

パソコンの処分は、手順を覚えておけばスムーズに終えることができます。処分方法と併せ、買取に出す方法も検討してみましょう。

1.千代田区でパソコンは何ゴミになるのか?

千代田区では、パソコンは何ゴミに分類されるのでしょうか? ゴミの分類についてご紹介します。

1-1.小型家電として出すことができない

千代田区では、ノートパソコンでもメーカーによる回収を推奨しているため、小型家電として出すことができません。ただし、ACアダプターなどは小型家電として分類しているので、小型家電リサイクルボックスに投入することができます。

1-2.周辺機器は粗大ゴミや不燃ゴミになる場合がある

プリンター・マウス・キーボードなどの周辺機器は、粗大ゴミや不燃ゴミに分類される場合があります。粗大ゴミとして処分する場合、千代田区へ事前申請が必要です。

2.パソコンを処分する際の注意点

パソコンを処分する際は、どのような点に注意しなければならないのでしょうか? 注意点をご紹介します。

2-1.データ消去

パソコンの廃棄時にデータが流出しないよう、データ消去を必ず行ってください。データ消去は、初期化だけではできません。初期化は工場出荷時に戻す簡単な作業で、データ復元ができてしまいます。必ず、データ消去専用ソフトなどを用いて行いましょう。

2-2.データのバックアップ

データ消去を行う際は、データのバックアップを行ってください。外付けハードディスクやUSBメモリなどに必要なデータをコピーしておきましょう。

2-3.記録媒体の抜き取り

パソコンを処分する際は、USBメモリやCD-Rなどの記録媒体を抜き取ってください。記録媒体が残ったまま処分してしまうと、データが流出する危険性があります。また、記録媒体を廃棄する際も、データが読み取れない状態にしてから処分しましょう。

3.パソコンを処分する方法

パソコンの処分方法についてご紹介します。

3-1.メーカーに依頼する

パソコンのメーカーに回収を依頼する方法があります。パソコンは、資源有効利用促進法によって、メーカーによるリサイクル回収が義務付けられているのです。PCリサイクルマークが付与されているパソコンは無償で回収となります。PCリサイクルマークがないパソコンでも、有償にてメーカーによる回収が可能です。回収依頼は、メーカーへ直接申し込みをしてください。

3-2.メーカー不明や自作パソコンの場合

メーカー不明のものや自作パソコンの場合、メーカーによる回収を受けることができません。一般社団法人パソコン3R推進協会へ回収を依頼し、パソコンを引き取ってもらいましょう。メールフォームまたは電話にて申し込みができます。電話は、044-540-0576です。

3-3.無料回収業者

無料回収業者では、パソコンや液晶ディスプレーなどを送料無料対象品目としている場合があります。パソコンは送料無料対象品目であるため、着払いにて宅配回収が可能です。ただし、送料無料となる箱サイズの上限を定めている場合があるので、事前に業者の利用規約などを確認しておきましょう。パソコンの無料回収は、パソコン処分本舗までお問い合わせください。

3-4.不用品回収業者

不用品回収業者では、幅広い品目の回収を行っています。即日対応可能など柔軟な対応をしてくれるのがメリットですが、回収費用が割高になる傾向があるのがデメリットです。パソコン1点あたり数千円かかるケースがほとんどでしょう。ほかの不用品も同時に処分すると割安になる料金プランもあるため、複数の業者を比較検討してください。

4.自治体回収で処分する方法

千代田区では、パソコンを小型家電として処分することができません。しかし、周辺機器などは小型家電として出すことができます。周辺機器を小型家電として処分する方法について考えていきましょう。

4-1.小型家電リサイクルボックスを利用する

千代田区が設置する小型家電リサイクルボックスを利用し、リサイクル回収に出す方法があります。小型家電リサイクルボックスの設置場所へACアダプターや周辺機器などを持ち込みましょう。小型家電リサイクルボックスの設置場所は、以下のとおりです。

  • 千代田区役所:九段南1-2-1
  • 麹町出張所:麹町2-8
  • 富士見出張所:富士見1-6-7
  • 神保町出張所:神田神保町2-40
  • 神田公園出張所:神田司町2-2
  • 万世橋出張所:外神田1-1-11
  • 和泉橋出張所:神田佐久間町1-11-7
  • ちよだパークサイドプラザ:神田和泉町1
  • スポーツセンター:内神田2-1-8
  • 九段生涯学習館:九段南1-5-10
  • 昌平まちかど図書館:外神田3-4-7
  • 神田まちかど図書館:神田司町2-16
  • 西神田コスモス館:西神田2-6-2
  • 千代田清掃事務所:外神田1-1-6
  • 飯田橋車庫:飯田橋3-13-2
  • 障害者福祉センターえみふる:神田駿河町2-5
  • いきいきプラザ一番町:一番町12

4-2.利用できるのは投入口に入るサイズのものだけ

小型家電としてリサイクル回収に出すことができるのは、小型家電リサイクルボックスの投入口に入るサイズのものだけに限定されます。また、パソコンは小型家電の対象品目外であるため、メーカーによる回収などを利用しましょう。

4-3.誰でも無料で利用できる

小型家電リサイクルボックスは、誰でも無料で利用できるのがメリットです。ACアダプターやケーブル類も、無料で処分できます。ただし、自分で設置場所まで持参しなければならないため、交通費程度は見ておきましょう。

5.パソコンの回収サービスを利用する方法

パソコンの回収を無料回収業者に依頼する手順などについてご紹介します。

5-1.パソコンをこん包する

パソコンを緩衝材などで包み、安全に輸送できるようこん包してください。無料回収業者が定める箱サイズを上回らないようにすることが大切です。パソコン処分本舗の場合、箱サイズは3辺の合計が160cm以内と定めています。重量は25kgまでとなっているため、こん包する際は注意してください。

5-2.都合がいいときに発送手配をする

宅配回収の場合、事前予約は必要ないため、都合がいいときに発送手配をするだけです。パソコン処分本舗では、ヤマト運輸の利用を推奨しています。着払いで発送手配をしてください。

5-3.沖縄・離島の場合は送料無料にならないので注意が必要

パソコンなど送料無料対象品目が入っている場合でも、沖縄と離島は送料無料となりません。送料発送者負担でパソコンを送ってください。

6.パソコンを買取に出す方法

状態が良好なパソコンは、買取に出すことも考えてみましょう。具体的な買取方法をご紹介します。

6-1.買取対象となるもの

買取対象となるパソコンは、製造から5年以内と高年式のもの・傷や汚れが目立たない美品・正常に動作がなされるものとなっています。国内大手メーカーのパソコンやアップル製品は、買取査定では有利です。

6-2.リサイクルショップ

最寄りのリサイクルショップを利用する方法があります。気軽に立ち寄ることができるのがメリットです。しかし、リサイクルショップは査定基準が厳しく、年式が古い・傷や汚れがあるなどの理由から、買取対象外となってしまうケースが多いでしょう。査定を受ける際は、印象をよくするため、全体を掃除しておくことをおすすめします。

6-3.不用品回収業者では買取も可能

不用品回収業者は、パソコンの回収だけでなく、買取にも対応しているのが特徴です。査定基準はリサイクルショップと大差がありません。しかし、買取対象品目が幅広いため、リサイクルショップで買取不可となったものでも、買取してもらえる可能性があります。ただし、出張買取が基本で、出張費用がかかる場合があるので注意してください。

6-4.個人売買

個人売買でパソコンをリセールする方法もあります。ネットオークションやフリマアプリを使う方法です。個人売買では、希望価格での出品できるのが魅力ですが、買い手がすぐに現れるわけではないため、売れるまでに時間がかかります。また、未入金や音信不通など、購入者とのトラブルも起こりやすいので注意してください。

7.パソコンの処分でよくある質問

パソコンの処分に関する質問を集めました。

Q.パソコンを粗大ゴミとして出した場合はどうなるのか?
A.千代田区では、パソコンを粗大ゴミとして回収できないため、回収されないままゴミステーションに残ってしまいます。不法投棄などの罪に問われる可能性も高いので、必ず正しい手順でリサイクル回収に出してください。

Q.パソコンはなぜリサイクル回収するのか?
A.パソコン内部にあるレアメタルなどの金属資源を再利用するためです。PCリサイクル法では、リデュース・リユース・リサイクルの3Rを理念に、環境保護を大切にしています。地球温暖化防止にもつながるため、一人ひとりがリサイクルへの意識を高く持つことが大切です。

Q.千代田区内の企業で使っていたパソコンは、どのように処分すればいいのか?
A.企業で使っていたパソコンは、事業系PCとして処分しなければなりません。メーカーによるリサイクル回収を受けましょう。事業系PCのメーカー受付窓口は、一般社団法人パソコン3R推進協会のホームページで閲覧できます。各メーカーへ問い合わせてみましょう。

Q.業者に依頼する場合、データ消去も行ってくれるのか?
A.業者によってはデータ消去をしてくれる場合があります。しかし、どの時点でデータが流出するか分からないため、自分でもデータ消去を行ってから回収してもらうようにしましょう。

Q.メーカーにパソコンの回収を依頼する場合、配送業者の指定はあるのか?
A.日本郵便のゆうパックを利用するよう指定があります。メーカーにリサイクル回収の依頼後、日本郵便が集荷に来てくれるため、運搬などの手間はかかりません。

まとめ

千代田区でパソコンを処分する場合、PCリサイクル法に基づき、メーカーによるリサイクル回収を受けることになります。自治体回収は利用できないので注意してください。状態が良好なパソコンは、買取に出すことも考えてみましょう。無料で回収してくれる業者の活用もおすすめです。送料無料でパソコンの回収を行うパソコン処分本舗をご利用ください。