不要なSurfaceの手軽でお得な処分方法は? データ消去も忘れずに!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「使わなくなったSurfaceの処分方法が分からない」「手軽でお得に処分できる方法はないのか?」とお悩みではありませんか? Surfaceは種類によってパソコンとタブレットに分かれるため、処分する際には注意が必要です。また、処分する前にはデータを消去するなど、知っておきたいことがいくつかあります。

この記事では、Surfaceを処分する流れや買取に出す方法・専門業者に依頼するメリットなどをご紹介しましょう。

  1. Surfaceはどう処分するのか?
  2. Surfaceを処分する前にすべきこと
  3. Surfaceを買取に出して処分するには?
  4. Surfaceはメーカーに回収してもらえないのか?
  5. Surfaceをパソコン専門業者に処分してもらう場合
  6. Surfaceの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、Surfaceを自治体ゴミとして処分する方法や中古需要・処分を依頼するパソコン専門業者の選び方などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。


1.Surfaceはどう処分するのか?

まずは、SurfaceがPCリサイクル法や家電リサイクル法の対象になるのか・自治体のゴミとして捨てるにはどうしたらよいのかなどをご紹介します。

1-1.Surfaceはパソコンなのか? タブレットなのか?

「Surfaceはパソコンなのかタブレットなのか分からない」という人は多いでしょう。Surfaceにはさまざまな種類があり、パソコンタイプとタブレットタイプに分かれます。たとえば、Surface ProやPro 6・Surface GoはタブレットPCタイプ、Surface LaptopやLaptop 2はノートパソコンタイプです。PCリサイクル法の対象になるかどうか判断が難しい場合もあるため、事前に確認が必要になるでしょう。

1-2.小型家電リサイクル法の対象になる場合も

自治体によっては、Surfaceを小型家電として回収しているところもあります。小型家電リサイクル法に基づいて処分することになるため、確認しておきましょう。回収方法は自治体によりますが、公共施設や大型スーパーなどに設置してある回収ボックスに投かんする場合が多くなっています。そのほか、回収窓口を設置している自治体もあるため、ホームページなどで調べておいてください。

1-3.粗大ゴミとして捨てる手順は?

Surfaceを小型家電として回収していない自治体では、粗大ゴミ扱いになる場合がほとんどです。ただし、パソコンタイプのものは粗大ゴミとして捨てられず、メーカーや家電量販店などに回収してもらう必要があるため、注意してください。粗大ゴミの出し方は自治体によって異なりますが、基本的には以下のような手順の場合が多くなっています。

  1. 電話またはインターネットで申し込みをする
  2. 回収日時と回収場所・料金を確認する
  3. コンビニまたは郵便局で料金分の粗大ゴミ処理券を購入する
  4. Surfaceに処理券を貼り、回収日時に指定の回収場所へ置く

1-4.買取に出す・専門業者に回収してもらう方法も

Surfaceを処分するには、自治体の回収を利用する以外にも「買取に出す」「専門業者に依頼する」などいくつか方法があります。処分する目的やSurfaceの状態によって処分方法を選択すべきです。どの方法がベストがよく考えて処分しましょう。

2.Surfaceを処分する前にすべきこと

Surfaceを処分する前にしておくべきことについてご紹介しましょう。

2-1.データを消去して流出を防ぐ

Surfaceにはたくさんのデータが記録されています。中には、メールアドレスやインターネットサービスのIDなど、重要な個人情報も含まれているでしょう。そのまま処分するとこうしたデータが流出し、第三者によって悪用されてしまう可能性もあります。そのため、処分する前には必ずすべてのデータを消去することを忘れないでください。

2-2.データを消去する手順は?

Surfaceのデータを消去する手順は、以下のとおりです。

  1. Windowsを起動し、画面の右端からスワイプインして「設定」をタップ
  2. 「PC設定の変更」を→「保守と管理」をタップ
  3. 「回復」→「すべてを削除してWindowsを再インストールする」の「開始する」をタップ
  4. 「次へ」→「ドライブを完全にクリーンアップする」をタップ
  5. 「初期状態に戻す」をタップ

2-3.忘れものはないか・正常に動作するかも確認を

SurfaceにMicro SDカードやSIMカードをセットしている場合は、処分する前に必ず取り外しましょう。セットしたままSurfaceを処分すると情報漏えいのリスクがあります。また、買取に出す場合はSurfaceが正常に動作するか確認しておくことを忘れないでください。

3.Surfaceを買取に出して処分するには?

Surfaceを買取に出す方法や中古需要などをご紹介しましょう。

3-1.中古市場でも人気が高い

Surfaceは中古市場でも人気が高いため、まだ使える状態であれば買取に出すのがおすすめです。薄くて軽量でありながらパソコン同様の性能を持っているため、ノートパソコンからSurfaceに買い替える人も少なくありません。新型のモデルは高くて手が出しにくいため、中古製品を安く購入しようとするのです。特に、LaptopシリーズやProシリーズ・Goシリーズなどは人気が高いことで知られています。

3-2.リサイクルショップに持ち込む

リサイクルショップに直接持ち込めば、その場で査定してもらえます。扱っている商品の幅が広いため、Surface以外にも買取してもらいたいものがあればまとめて持ち込んでみるとよいでしょう。ただし、通信機器や電気機器の買取に特化していないため、適正価格で買取してもらえる可能性は低くなります。「少しでもお金になればよいので手軽に買取に出したい」という人は利用してみるとよいでしょう。

3-3.ネットオークションに出品する

ネットオークションやフリマアプリなどを利用して売る方法もあります。自分で出品価格を設定できる点がメリットでしょう。うまくいけば思った以上の高額で売れる可能性もあります。ただし、クレームなどのトラブルを防ぐために注意する必要があるでしょう。傷や汚れ・破損などがある場合は正確に記載し、写真も必ず載せるようにしてください。また、落札されるまでSurfaceを手元に置いておく必要があるため、すぐ処分したい人にはおすすめできません。 

3-4.買取業者に依頼する

パソコンやタブレットを扱っている買取業者に依頼する方法もおすすめです。Surfaceの買取実績が豊富な業者に依頼すれば、適正価格で買取してもらえる可能性が高いでしょう。買取方法には持ち込みのほか、宅配買取や出張買取があるため、自分に合った方法を選択できるのもメリットです。

4.Surfaceはメーカーに回収してもらえないのか?

Surfaceのメーカー回収について詳しくご紹介しましょう。

4-1.マイクロソフト社は回収について公表していない

Surfaceの開発元であるマイクロソフト社は、不要になったSurfaceの回収について公表していません。そのため、通常のパソコンのようにメーカー回収を利用することはできないでしょう。そこで、ノートパソコンタイプのSurfaceであればパソコン3R推進協会に回収を依頼することが可能です。回収を行うメーカーがない場合に有償で回収してもらえるため、利用してみるとよいでしょう。

4-2.パソコン3R推進協会に回収してもらう手順は?

パソコン3R推進協会にSurfaceを回収してもらう際の手順は以下のとおりです。

  1. ホームページの申し込み画面から申し込みをする
  2. エコゆうパック伝票が郵送されてくる
  3. Surfaceをこん包し、エコゆうパック伝票を貼って発送する

4-3.回収費用は4,000円

ノートパソコンタイプのSurfaceをパソコン3R推進協会に回収してもらう際の費用は、1台につき4,000円です。通常、PCリサイクルマークがついているパソコンはメーカーに無料回収してもらえます。しかし、パソコン3R推進協会に依頼する場合はマークの有無にかかわらず費用がかかるため、注意が必要です。

5.Surfaceをパソコン専門業者に処分してもらう場合

Surfaceを無料のパソコン専門業者に処分してもらうメリットや流れ・業者の選び方などをまとめました。

5-1.ほかの不用品も無料で回収してもらえる

無料のパソコン専門業者を利用する最大のメリットは、Surface以外の不用品もまとめて無料回収してもらえる点でしょう。Surfaceはメーカー回収がないため、ほかの不用品も一緒に回収してもらえる方法がお得です。パソコン処分本舗ではSurfaceが送料無料対象商品に該当し、ほかの不用品も一緒にこん包して送ると送料と回収費用が無料になります。また、壊れているSurfaceも無料回収してもらえる点もメリットです。

5-2.宅配回収の流れを紹介

パソコン処分本舗の宅配回収を利用する流れは以下のとおりです。

  1. 回収を依頼する不用品をこん包する
  2. 佐川急便に集荷を依頼する
  3. 荷物を発送する

5-3.信頼できる業者を選ぶことが大切

信頼できるパソコン専門業者に依頼できるよう、業者選びは以下のポイントを参考にして慎重に行ってください。

  • 豊富な実績があるか
  • 事務所の所在地を明らかにしているか
  • 無料で回収できる理由をきちんと説明できるか
  • 一般廃棄物収集運搬業の許可を得ているか

6.Surfaceの処分に関するよくある質問

「Surfaceを処分したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.壊れていて起動しないSurfaceは、初期化せず処分しても問題ありませんか?
A.いいえ。中のデータは生きている可能性があるため、そのまま処分するのは危険です。業者にデータ消去を依頼するか、メモリーを物理的に破壊しましょう。

Q.Surfaceを少しでも高く売るためのポイントを教えてください。
A.きれいに磨いておく・箱や説明書などの付属品をそろえておく・早めに売るなどが、高額査定のポイントです。

Q.タブレットタイプのSurfaceにもPCリサイクルマークはついているのでしょうか?
A.マイクロソフト社のようにパソコンメーカーが販売するタブレットには、PCリサイクルマークがついている場合もあります。

Q.悪質な不用品回収業者とのトラブル例にはどのようなものがあるのでしょうか?
A.「無料といわれていたのに高額な追加料金を請求された」「回収した不用品を不法投棄された」などの例が報告されています。

Q.Surfaceの平均寿命は何年ぐらいですか?
A.一般的には3~4年といわれています。もちろん使用頻度や使い方にもよりますが、バッテリーの劣化が気になるようになって買い替えを検討する人が多いでしょう。

まとめ

Surfaceの処分方法や買取に出す方法・処分前にやっておくべきことなどをまとめてご紹介しました。タブレットとパソコンの魅力を両方持ち合わせたSurfaceは、中古市場でも大変人気があります。不要になった場合はまず、買取に出すことができないか検討してみるとよいでしょう。納得のいく処分ができるよう、ぜひこの記事を参考にしてください。