古いパソコンの処分方法とは?処分に必要な基礎知識を身につけよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

すでに使わなくなったパソコンを、そのまま放置していませんか?
いつまでも古いパソコンを置いていると、邪魔になってしまいますよね。
しかし、どうやって処分すれば良いのか、悩んでいる人が多いでしょう。
そこで、古いパソコンの処分方法について説明します。
処分する際に確認しておくべきこと、処分を業者に依頼する際の注意点、サービスについて詳しくチェックしましょう。
古いパソコンの処分で悩んでいる人は、ぜひチェックしてくださね。

目次

  1. 古いパソコンの処分方法について
  2. 処分する際に確認しておくべきこと
  3. 処分を依頼する際の注意点
  4. まとめ

1.古いパソコンの処分方法について

古いパソコンの処分方法を3つ紹介します。
それぞれ、どのような方法になっているのか、しっかり確認しましょう。
そして、自分にとって最も良い方法を選び、スムーズに処分してくださいね。

1-1.メーカーに回収してもらう

古いパソコンは、メーカーに依頼すれば回収してもらえます。
パソコンは、平成15年10月1日に施行された「資源有効利用促進法」に基づいて、自治体のゴミとして捨てることができなくなりました。
そのため、パソコンは資源の再利用としてリサイクルしなければなりません。
もし、あなたのパソコンに“PCマーク”がついていれば、無料で回収してくれるでしょう。
PCマークがついていない場合は、リサイクル料が必要になるので注意してください。
まず、メーカーのホームページに行き、回収の申し込みをしなければなりません。申し込みが完了すれば、郵便局を利用してメーカーが指定した場所に発送します。
詳しいことは、メーカーのホームページに記載されているので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

1-2.不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に依頼して処分する方法もあります。
基本的に、壊れているパソコンでも回収してくれるのでありがたいです。
連絡をすれば、すぐに自宅までかけつけてくれます。すぐに処分できるでしょう。
わざわざ運ぶ手間もいりませんよね。
重たいパソコンの場合、運ぶのに一苦労です。しかし、すべてやってくれる不用品回収業者なら安心して任せることができるでしょう。
また、業者によって、宅配回収・持ち込み回収ができるところもあります。
出張回収のほかに、自分のペースで処分したい人は、宅配回収を利用してみてはいかがでしょうか。
パソコン以外の不用品も処分したい場合は、一気に処分できるのでオススメです。

1-3.家電量販店に回収してもらう

新しいパソコンを購入する予定がある人は、家電量販店に古いパソコンを回収してもらう方法もあります。
お店によって、回収ボックスを設置しているところもあり、お店にまで持っていけば、パソコンの処分ができるでしょう。
ただし、新しいパソコンを購入する人だけに限るというところがほとんどなので、注意してくださいね。
下取りなら、古いパソコンを回収できますと言われるでしょう。
新しいパソコンを購入しない人は、家電量販店で回収してもらえない可能性もあります。
事前に、家電量販店に問い合わせをしてみると良いでしょう。
それぞれ、処分方法によってメリット・デメリットがあるので、必ず確認してくださいね。

2.処分する際に確認しておくべきこと

2-1.ハードディスクのデータは削除する

パソコンを処分する際に、必ず確認しておきたいことがあります。
「ハードディスクのデータ」を必ず削除することです。
パソコンには、今までやり取りしたメールの内容や、写真・動画、アップロードしたファイル・フォルダーなど、さまざまなデータがハードディスクに残っています。
パソコンでネットショッピングをした人は、クレジットカードの情報が残っている可能性もあるのです。
プライベートな情報はもちろん、仕事で使っていたパソコンなら企業機密に関係する情報もあるでしょう。
きちんとハードディスクのデータを削除しなければ、情報が悪用されてしまいます。
実際に、悪用されたケースも多いので注意しなければなりません。
メーカーの回収では、データの削除もしてくれるでしょう。
不用品回収業者の中にも、データ削除のサービスを受け付けているところもあります。
自分でデータが削除できない場合は、ぜひ依頼してみてはいかがでしょうか。

2-2.パソコンの年数とPCマークを確認する

パソコンを処分する際に、確認してほしいことは、後2つあります。
1つ目は、「パソコンの年数を確認すること」です。
処分したいパソコンがいつ製造されたのか、必ずチェックしてください。
なぜなら、まだ製造月日から5年以内のパソコンは、買い取りに出すことができるからです。
比較的、新しいタイプのパソコンなら、高値がつく可能性もあるでしょう。
パソコンの買い取りをしている業者はたくさんあるので、ぜひチェックしてみてください。
そして、2つ目は、「PCマークを確認すること」です。
パソコンにPCマークがある場合は、メーカーで“無料”回収してくれます。すべて無料になるので、より効率的に処分ができるでしょう。

3.処分を依頼する際の注意点

3-1.見積書・サービスを比較する

業者に古いパソコンの処分を依頼する際、「見積書」を必ず確認してください。
処分費用がかかる場合、どのくらいの値段になるのかきちんと確認しなければ、後でトラブルになってしまいます。
実際に、業者とのトラブルは起きているので要注意です。
また、業者によってサービス内容が異なるでしょう。
自分にとって、どのサービスが最も合っているのか、さまざまな業者のサービス・見積書を比較すると良いですよ。
比較することで、最も費用が安く済む業者に依頼することができます。
しかし、中には、“無料”でサービスを提供しているところもあるので要チェックです。
無料サービスをしている「パソコン処分本舗」のサービスを紹介しましょう。

3-2.パソコン処分本舗のサービス

パソコン処分本舗のサービスは、基本的に“無料”です。回収費用もかかりません。
なぜ、無料でサービスが提供できるのかと言うと、古いパソコンのパーツを分解し、必要なところは再利用する、そして、中古品として売れるものは、すべて再販売しているからなのです。
不法投棄をしている業者もありますが、パソコン処分本舗は、徹底的に古いパソコンを再利用の方向に回しています。
まだ使えそうなものは再販売、そして、再販売できないパソコンも、必要なパーツや部品を取り引きして有効活用しているのです。
このように、独自の方法で有効活用しているからこそ、依頼者に負担をかけずに済んでいます。業者も、必要最低限のことしかお金を使っていませんので、依頼者だけでなく、自社にとっても大きなメリットになっているのです。

4.まとめ

古いパソコンの処分方法や処分する前に確認しておきたいこと、注意点について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
自分にとって最適な方法を選び、上手にパソコンを処分してくださいね。

  • メーカーに回収してもらう
  • 不用品回収業者に依頼する
  • 家電量販店に回収してもらう
  • ハードディスクのデータは削除する
  • パソコンの年数とPCマークを確認する
  • 見積書やサービス内容を比較する
  • 無料で回収しているお店もある

以上の点は、要チェックです。
パソコンを処分する際、必ずデータを削除しなければなりません。
削除の仕方がわからない人は、データ削除サービスをしている業者に依頼してください。
安心して処分するためにも、とても大切なことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
お部屋スッキリ計画の第一歩は不用品の処分から。

不用品の無料回収サービスのご案内

不用品の中に次の品物はありますか?
パソコン/液晶モニター/液晶テレビ/スマートフォン/タブレット/ハイスペックゲーム機

該当品目が一つでもあれば、不用品をまとめて無料で処分できるかも! 弊社指定の回収対象品目(70品目以上)でしたら無料で宅配回収いたします。 送料も弊社が負担しますので、処分にかかる費用はゼロ。

さらにご不要になったパソコンのOSがウィンドウズvista以降であれば、梱包用の宅配キットを無料でお送りします。

回収対象品目の一覧を見る 無料で回収できる理由