個人情報が詰まったパソコン。処分前にデータ消去する方法とは? 

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

パソコンには、個人情報がたくさん詰まっています。写真・書類・アドレスなど、他人と共有している情報もありますが、やはり気になるのは、クレジットカード番号やWEBでの会員情報など、自分を特定できるパーソナルデータが集結していることです。

パソコンを処分する前にデータ初期化するのは当然ですが、実は初期化だけでは不完全な場合がほとんど。きっちりデータを消去する方法をご紹介します。

  1. データ消去するためには
  2. 無料ソフトと有料ソフトの違い
  3. その他のデータ消去法とパソコンの回収

1.データ消去するためには

時には新聞を賑(にぎ)わすほどの個人情報流出問題。「自分のパソコンだからたいしたデータは入っていないはず」油断は禁物です。誰のパソコンにも、他人には知られては困る情報は残っているはず。クレジットカード番号やインターネットバンキングの暗証番号などが他人に知られたら……想像すると恐ろしいことです。

1-1.データ初期化は無意味に等しい

パソコンには、データ初期化機能(リカバリ)が備わっています。パソコンを購入する前の状態に戻す機能です。しかし、この機能は表面ではデータを消去したように見せていても、実はハードディスク内部には記録が残ってしまっています。このデータを復活することは容易で、初期化だけではデータ消去したことにはなりません。この機能を生かして、故障したハードディスクを復活することもでき、いかに初期化が無意味に等しいことかがわかります。

1-2.動かなくなったパソコンにも注意が必要

パソコンが完全に動かなくなってしまった場合、起動しなくてもハードディスク上にデータはきっちり残っていることを覚えておきましょう。ハードディスクだけを抜き、別のパソコンで操作してしまえば、簡単に個人情報を覗(のぞ)き見ることが可能です。仕事の機密情報が流出して、取引先に影響を与えてしまうこともあります。データ消去には細心の注意を払うように心がけましょう。

1-3.データ消去ソフトを利用する

家庭のパソコンデータを消去する場合、無料で使えるデータ消去ソフトを利用する方が増えています。世界最高水準と名高いDESTROYを始め、wipe-out、CCleanerなど、インターネットからダウンロードできるサービスを利用してみましょう。それぞれCD-ROMやUSBメモリーに書き出してから、データ消去を行うもので、ドラッグドロップだけでデータ消去可能なFreeraserの利用者も多く人気のあるソフトです。

今存在するデータに、意味のないデータを上書きしていくことでデータ消去するものがほとんどで、上書き回数を指定できるものもあります。すべてのデータを消すだけではなく、一部を選んで消去することもできるのが、ソフトを使うメリットでしょう。パソコン環境に合わせたソフトを選ぶことが大切です。

12