ベビー用品を処分・廃棄する方法は? まとめて回収してもらうことは可能?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

これから赤ちゃんが生まれてくる、というご家庭に必要なものといえばベビー用品です。哺乳瓶やベビー服・オムツといったこまごまとしたものや、ベビーベッドやベビーチェア・ベビーカー・チャイルドシートのような大型で高価なものまで、その種類はたくさんあります。そのため、ベビー用品を使用する時期が過ぎ、不要になったものの処分方法に悩んでいる方も多いでしょう。
そこで、今回は不要になったベビー用品の処分方法や廃棄方法を解説します。

  1. ベビー用品が不要になった際に悩みがちなこと
  2. ベビー用品の処分方法
  3. 不用品回収業者を利用する方法
  4. ベビー用品の処分・廃棄に対するよくある質問

この記事を読んでいれば、もうベビー用品の処分方法に悩むことはありません。ベビー用品が不要になったという方は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.ベビー用品が不要になった際に悩みがちなこと

始めに、ベビー用品が不要になった場合、起こりがちな困りごとを紹介します。どのようなことが起こりやすいのでしょうか?

1-1.不要になりやすいベビー用品とは?

ベビー用品にはいろいろな種類があります。前述のとおり哺乳瓶やベビー服、マザーズバッグなどのこまごまとしたものから、ベビーベッド・チャイルドシートといった大型のものも必要です。そんなベビー用品の中でも、ベビーベッドやベビーカーなどの大型製品が不要になりやすいでしょう。また、大型なベビー用品は捨てにくいため、処分方法に悩む方も珍しくありません。

1-2.なぜ、大型のベビー用品が不要になりやすいのか?

大型のベビー用品は、使える期間が短い傾向にあります。たとえば、ベビーベッドは、赤ちゃんがつかまり立ちをする8か月くらいから転落の危険が出てくるため、使わなくなるというケースが多いのです。また、ベビーカーも赤ちゃんが大きくなってくるにしたがって、より軽くてコンパクトなバギータイプの方が便利になります。
最も使用期間が長いのはチャイルドシートですが、それも数年で不要になるケースが多いでしょう。
また、ベビー服は1か月ごとにサイズチェンジしていく赤ちゃんも珍しくなく、不要になりやすいベビー用品です。

1-3.お下がりができない理由

ベビー用品が不要になった場合、かつてはお下がりとして必要になった人に譲るのが一般的でした。しかし、近年はベビー用品のモデルチェンジが頻繁です。毎年のようにより使いやすい製品が発売され、人気も移り変わります。また、ベビー用品は汚れやすく、使っているうちにどうしてもくたびれてくるでしょう。服ならば洗濯をすればある程度きれいになりますが、大型のベビー用品はきれいにするのも限度があります。そのため、使用感のあるベビー用品は敬遠されることも多いでしょう。

1-4.ベビー用品は捨てられない?

ベビー用品はそれなりに高価です。ベビーカーやベビーベッドは数万円代が相場で、ベビー服は大人と同じくらいの値段のものも珍しくありません。一式そろえれば10万円以上かかるでしょう。中には、「買ったはいいけれどほとんど使わなかった」というものもあるかもしれません。そのため、「不要になったけれど捨てられない」という人もいます。しかし、ものはしまっておくだけでも劣化していくものです。特に、プラスチックや金属が劣化した場合、事故につながることもあるでしょう。そのため、何年も保管しておいたベビー用品を使うのは危険でもあります。

1-5.お下がりをあげる相手がいない

現在の日本は少子化がすすみ、ひとりっこも珍しくありません。そのため、お下がりをあげたくてもあげる人がいない、という問題もあります。また、兄妹で性別が違ったり趣味が合わなかったりしても、お下がりは使いにくいでしょう。

12