若者のパソコン離れって本当?その理由とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

パソコンが使えない人、というと中高年のイメージがあります。
しかし、今パソコンの使い方が分からない新卒社員が増えているそうです。
また、若者のパソコン離れが進んでいるという調査結果もあります。
それはいったいなぜでしょうか?
そこで、今回は若者のパソコン離れについてご説明します。
パソコンを使わなくなった理由や、それによる弊害は何でしょうか?
来年、新入社員の教育係になるという方や旬の話題に興味がある方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. 若者のパソコン離れとは?
  2. 原因はスマートフォンとタブレットの登場?
  3. パソコンを使わなくなった影響はあるの?
  4. 便利だからこそ、自制も大切

1.若者のパソコン離れとは?

若者のパソコン離れが話題になりだしたのは、2014年の半ばのことです。
株式会社ジャストシステムズが、15歳~69歳の男女1100人に対してインターネットの利用動向を調査しました。
その結果、15歳~19歳の若い世代がPCでインターネットを利用する時間は、2013年度に比べると3分の2に落ち込んでいることが分かったのです。
調査した人数が少々少ないですが、若者ほどPCを使っているというイメージがくつがえったことに、驚いた人は多かったのでしょう。
また、その後も「最近の新入社員はパソコンが使えない」「ブラインドタッチができない」といった、記事が週刊誌などにも掲載されるようになりました。

12