不用なケーブルの処分方法!いらないケーブルを上手に廃棄しよう!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

家電を使用する際に必要になるケーブル類は、身近な生活必需品の一つになっています。家電を購入するたびにケーブルが増え、オーディオラックや収納スペースを圧迫しているという悩みもよくある悩みです。使い道の分からない不要なケーブルの処分方法が分からないという悩みをもつ方も多くいます。

不用なケーブルを処分するための方法について詳しくご紹介しましょう。

  1. ケーブルとは
  2. ケーブルをゴミとして処分する方法とは?
  3. ケーブルをリサイクルする場合
  4. ケーブル処分、リサイクル回収業者の選び方
  5. ケーブルの処分でよくある質問
  6. まとめ

不要と感じているケーブルであっても、欲しい人にとっては価値があります。場合によっては売ることのできるケーブルもあるのです。ゴミとして処分する方法に加えて、不用品の買取サービスを使用することでお得にケーブルを処分できます。


「どんなケーブルに価値があるのか?」など得なケーブル処分の方法について詳、しく解説します。

1.ケーブルとは?

パソコンやオーディオなど、家電で使用する配線類には多くの種類があります。日常生活においてケーブルを使用する機会は多く、不要な配線を収納スペースに保管しているという方も多いのではないでしょうか?

いつか使おうと保管していても、実はケーブルには寿命があります。寿命により劣化したケーブルを使用することは、家電の故障や火災の原因にもなるため注意が必要です。必要のないケーブルは早めに処分し、劣化したケーブルの使用は避けましょう。

1-1.ケーブルってどのようなもの?

家電製品の給電やオーディオの情報を伝送するための配線を総じてケーブルと呼びます。ケーブルには、電化製品の動作に必要な電気や信号を通すという大切な役割があるのです。

通す電気や信号によって規格があるため、ケーブルには多くの種類があります。なかには使用に注意が必要なものもあるのです。機器に応じて専用品もあるため、ケーブルを混同してしまわないためにも、不要なものは早めに処分するように心がけましょう。

1-2.ケーブルの種類

ケーブルには多くの種類があり、処分方法も異なります。種類を知ることがケーブルを処分するための大切な知識です。

ケーブルの種類と特徴についてご紹介しましょう。

1-2-1.電源ケーブル

電源ケーブルは100vの家庭用電源を通すためのケーブルです。日本の家庭用電源電圧は100vですが、海外では240vの地域もあります。多くの電化製品のケーブルは240vまでの使用が可能です。

一部の製品で100v専用のものもあるため、海外で電源ケーブル使用する場合には対応電圧に注意しましょう。

電源ケーブルは「2ピンソケット」「延長コード」「ACアダプター」などがあります。ケーブルのなかでも高い電圧を取り扱うのが特徴です。劣化や破損などによって発熱・発火する可能性もあるため取り扱いに注意が必要なケーブルといえるでしょう。

1-2-2.オーディオケーブル

オーディオ機器や映像機器によってオーディオケーブルには種類や規格が豊富にあります。ケーブルの劣化によって音質・画質に影響を与えるというのが大きな特徴です。

テレビやオーディオ周辺に配線することが多く、「配線」というと「オーディオケーブル」を指します。使用する機器によって種類や規格が異なるため、買い替えの際に古い配線が不要になるのが特徴です。

オーディーケーブルは高価なものや希少なものもあり、売ることができる可能性もあります。

1-2-3.デジタルケーブル

パソコンやスマホなどデジタル機器で使用するケーブルを総称して「デジタルケーブル」といいます。USBケーブル・HDMIケーブル・Lightningケーブルが代表的な種類です。

デジタル信号を取り扱うため複雑で精密なものが数多くあります。デジタルケーブルは需要も高く、中古ケーブルも多く流通しているというのが特徴です。