パソコンは粗大ごみで捨ててはダメ? 正しい処分方法とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

新しいものを買ったことで不用になるパソコン。しかし、パソコンの処分方法を知っていますか? パソコンは自治体のごみとして簡単に処分することはできません。パソコンは基本的にリサイクルが義務付けられているからです。
この記事では、パソコンの処分・捨て方を中心に情報をご紹介します。

目次

  1. パソコンは粗大ごみとして出せない
  2. パソコンケースをごみとして出す
  3. パソコンの処分方法
  4. 処分するときの注意点
  5. パソコン処分前のデータ消去
  6. まとめ

1.パソコンは粗大ごみとして出せない

パソコンなどの家電は、自治体が回収するごみとして出せません。
パソコンには限りある資源である金属が大量に使われており、その部品をリサイクルすることが義務付けられています。そのため、使い終わったパソコンをパソコン会社が自主回収するようになっているのです。

  • デスクトップパソコン
  • ノートパソコン
  • 液晶ディスプレイ
  • CRTディスプレイ
  • 液晶と一体型パソコン

リサイクルが求められるパソコンを粗大ごみとして勝手に捨ててはいけません。
プリンター・キーボード・マウスなどパソコン周辺機器は不燃ごみ・粗大ごみとして出すことができます。