自作PCの処分方法を完全網羅!~パソコン処分の初心者必見です~

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

新しいデバイスを採用・増設したいときなど、自作PC(あるいは一部パーツ)の処分を検討すると思います。HDDなどは保管しておいても問題ありません。ですが、手元にあっても仕方ないパーツは存在します。新しい性能を備えた商品は続々と世に出回っていますから、新機能に目がないユーザーは買い替えのサイクルも早いでしょう。
自作PCをお持ちの時点で、パソコンにかんして豊富な知識をお持ちだと思います。しかし、廃棄する方法は「いまいちわからない」という方が多いのではないでしょうか?
そこで、自作PCの処分方法を一挙にまとめてみました。

  1. 自作PCとは?
  2. 自作PCの処分について
  3. 自作PCを処分する注意点
  4. 自作PCの処分~データ消去~
  5. 自作PCの処分~再販など~
  6. 自作PCの処分~業者に頼む~
  7. 自作PCの処分にかかわるよくある質問
  8. まとめ

パソコンの知識があるからこそ、処分する際は「個人情報の漏洩(ろうえい)」を危険視されるでしょう。記事で紹介する情報を押さえれば安全に処分することが可能となります。ぜひ最後までお付き合いください。


1.自作PCとは?

自作PCについて説明していきます。処分するに当たり、お持ちのパソコンがどの括(くく)りになるのか把握しておきましょう。

1-1.自作パソコンの定義

自作PCとは、名称のとおり、ご自身で作成・手を加えたPCになります。
具体的には、

  • PCパーツを購入して1から製作したもの
  • 機能を向上させるために改造したPC

上記の2点が主な自作PCに該当するでしょう。処分する際は、メーカーによって製作・販売されているPCとは異なる段階を踏むことになります。

1-2.自作パソコンの主なパーツ

自作PCも通常のパソコンと同様の機構をしているはずです。もちろん、用途によっていくつか増設されたパーツもあるでしょう。

  • CPU
  • HDD(ハードディスクドライブ)
  • SSD(ソリッドステートドライブ)
  • 光学ドライブ
  • 電源ユニット
  • マザーボード
  • メモリー
  • PCケース

上記が代表的なPCパーツとなります。

1-3.自作パソコンのメリットとデメリット

自作PCにはさまざまなメリットがあります。
使う用途に合わせて特化が可能となり、1から作成するためパソコンの仕組みを学べて不測の事態にも対応できるようになるでしょう。
ですが、たとえ既成製品であろうと、手を加えてしまえば「メーカーの修理保証から除外」ということになります。自作パソコンは自分で管理・修理しなければならないのです。