ブルーレイレコーダーの買い替え時期はいつ? お得な処分方法も伝授!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ブルーレイレコーダーは、映像の細部まで美しく記録・再生できることで人気があります。しかし、ブルーレイレコーダーにも寿命があるものです。新しいものへ買い替えを考えたとき、いつが安いのか、古いものの処分方法などで悩んでしまいますよね。そこで、今回は、ブルーレイレコーダーの買い替え時期や処分方法について解説しましょう。お得に買い替え・処分したい人は必見ですよ。

  1. ブルーレイレコーダーの買い替えについて
  2. 不要になったブルーレイレコーダーの処分方法
  3. ブルーレイレコーダーの回収業者について
  4. ブルーレイレコーダーの買い替えにかんするよくある質問

この記事を読むことで、ブルーレイレコーダーの買い替え時期や処分方法や、さらに、最もお得な方法がわかります。まずは、記事を隅々まで読んでポイントをチェックしてください。


1.ブルーレイレコーダーの買い替えについて

最初に、ブルーレイレコーダーの買い替えについて適切な時期や目安について解説します。できるだけ安くいいものを手に入れるためにもしっかり学びましょう。

1-1.ブルーレイレコーダーの買い替えの時期や目安

買い替えのタイミングや製品が安い時期を解説します。

1-1-1.買い替えのタイミングは?

ブルーレイレコーダーを買い替えるタイミングは、主に以下のようなときです。

  • 不具合がたびたび起こるとき(映像が乱れる・色合いが悪いなど)
  • 修理が不可能もしくは修理代が高く付くとき
  • 現在の機能では不満があるとき(録画能力が低いなど)
  • 新製品で魅力的なものが出てきたとき

1-1-2.新製品が安い時期・旧製品が安い時期を知ろう

ブルーレイレコーダーの新製品は、春もしくは秋に多く出てきます。春は進学や就職で新規購入の需要が高くなるからです。また、秋も年末商戦を見越して新製品が出やすい時期と言えます。旧製品が安くなるのは、新製品が発売になった直後です。特にこだわらないのであれば、旧製品が安くなるタイミングを狙うといいでしょう。新製品は、家電販売店の決算月(3月などに多い)には売り上げを確保するために、セール価格になることがあるので注目しておきましょう。

1-2.ブルーレイレコーダーの選び方のポイント

ブルーレイレコーダーを選ぶときは、何を重視するべきかが大切です。選び方のポイントとしては、以下のようなものがあります。

  • メーカーブランド
  • データ容量
  • 映像の編集方法
  • 大きさ・デザイン
  • そのほかの機能
  • 価格

価格が高くても高性能なものがほしいのか、基本的な性能のものでも安いものがいいのかなど、ブルーレイレコーダーに何を求めるかじっくり考えてみてください。

1-3.ブルーレイレコーダーの買い替え前にやっておくべきこと

ブルーレイレコーダーを買い替える前に以下のことをやっておきましょう。

1-3-1.保存データの移行をしよう

ブルーレイレコーダーの内部に記録してあるデータを移行しましょう。移行方法は、ブルーレイディスクへ書き出す方法が一般的です。また、最近の機種ではインターネットにつなぐことにより、オンラインストレージの利用が可能な機種もあります。いずれにしても、大切な保存データは確実に移行をして消失を避けましょう。

1-3-2.そのほかの注意点

買い替える前にやっておくべきこととして、付属品の確認があります。特に、買い取りやリセールを考えている場合は、付属品の有無をきちんと確認しておきましょう。また、ユーザー登録シールやブルーレイディスクなど個人情報がわかるものが残っていないか、チェックしてください。個人情報が流出する可能性があるため危険です。

2.不要になったブルーレイレコーダーの処分方法

不要になったブルーレイレコーダーは適切な処分を行いましょう。さまざまな方法をご紹介しますからできるだけお得なものを選んでください。

2-1.ブルーレイレコーダーの引き取りについて

メーカーと家電店の引き取りサービスについて解説します。

2-1-1.メーカーによる引き取りサービスを利用する

ブルーレイレコーダーのメーカーでは、自社製品に限り引き取りサービスを利用できることがあります。ただし、引き取りだけで利用できるのではなく、直販サイト経由で自社製品への買い替えをすることが条件となることが多くなるでしょう。ブルーレイレコーダーは家電リサイクル法の対象外であるため、メーカーに回収の義務が無いからです。

2-1-2.家電販売店の無料引き取りサービスを利用する

家電販売店では、不要になったブルーレイレコーダーを無料引き取りしているところもあるので探してみましょう。中には、無料で引き取り可能なだけでなく、新規購入時に使用できる金券をもらうことができるケースもあります。ただし、新規購入を促すキャンペーンで行うことが多いため、単に引き取りだけで利用できるかどうかは業者によるでしょう。

2-2.ブルーレイレコーダーの買い取りについて

状態のいいブルーレイレコーダーは、買い取りをしてもらうことができます。買い取りにかんするメリット・デメリットなど、詳しく解説しましょう。

2-2-1.ブルーレイレコーダーの買い取りのメリット・デメリット

メリット・デメリットで主なものは以下を参考にしてください。

  • メリット:お金を手に入れことができる・資源のリサイクルになる
  • デメリット:状態によっては買い取りが不可のこともある・想定以下の価格で買い取りになることもある

2-2-2.買い取りできるものとできないものの違いは?

買い取りできるブルーレイレコーダーの特徴は、主に以下のとおりです。

  • 有名メーカーやブランドのもの(パナソニック・ソニー・東芝など)
  • ブルーレイレコーダーの機能に不具合が無い
  • 大きな傷や目立つ汚れが無くてキレイ
  • 付属品や箱が揃(そろ)っている
  • ユーザー側で改造していない

買い取りできないものにかんしては、以下を参考にしてください。

  • 無名・不人気メーカーのもの
  • 海外製の粗悪品
  • 故障している
  • 傷や汚れが目立つ
  • 古過ぎて性能が低いもの

2-2-3.買い取り査定について学ぼう

業者での買い取り査定は、以下のような手順で進みます。

  1. 依頼者からブルーレイレコーダーの買い取り査定の依頼が業者にくる
  2. 業者でメーカー・年式・状態など詳しく見て査定を行う
  3. 査定結果が依頼者に届く
  4. 依頼者が査定内容に納得した場合は取り引きが成立する

なお、査定自体は無料で行っているところが多くなります。無料査定を上手(じょうず)に利用しましょう。

2-2-4.ブルーレイレコーダーの買い取りはどこに依頼する?

買い取りを希望するときは、主に以下の業者に依頼することになります。

  • リサイクルショップ
  • AV家電の買い取り専門店
  • 不用品回収業者で家電の買い取りを強化しているところ

2-2-5.ブルーレイレコーダーの買い取りにかんする注意点

ブルーレイレコーダーの買い取りは、業者によって査定ポイントがまちまちなのが現状です。ある業者では高額査定対象となっても、ほかの業者では低価格で査定が出ることがあります。買い取り査定に納得できない場合は、高額買い取りを行っているところを再度探して依頼することも考えましょう。

2-3.ブルーレイレコーダーのリセールについて

ブルーレイレコーダーでも、まだ十分に使えるものはリセールもできます。

2-3-1.オークションを利用する

ネットオークションは、個人間で取り引きできるサービスです。専用のサイトに登録して出品し、落札希望者を待ちましょう。落札希望者が入札をし、そのまま落札期限を迎えると取り引きが成り立ちます。後は、落札者と連絡を取り合いながら入金依頼・商品の発送を行って完了です。

  • メリット:本当にほしい人の手に渡る・高値で取り引きとなる場合がある
  • デメリット:入金トラブルや商品クレームが起こる可能性がある

2-3-2.フリーマーケットを利用する

土日などを中心に、各地で開催しているフリーマーケットを利用する方法もあります。まずは、主催者に出店の申し込みをして許可を得ましょう。フリーマーケット当日に、割り当てられたスペースにブルーレイレコーダーを置き、客からの引き合いを待ちます。販売価格は希望価格を付けて構いません。客との売買交渉も楽しみのひとつですよ。

  • メリット:希望価格で売れる場合がある・目の前で手渡すことができて安心
  • デメリット:値切り交渉の対応が面倒・必ず売れるとは限らない

3.ブルーレイレコーダーの回収業者について

ブルーレイレコーダーの回収業者について、詳しく学びましょう。

3-1.ブルーレイレコーダーの回収業者選びのポイントを解説

回収業者選びのポイントは、主に以下となります。ひとつずつチェックをして信頼できる業者を選びましょう。

  • ブルーレイレコーダーを積極的に回収している
  • 状態のいいものは高値で買い取りをしてくれる
  • ブルーレイレコーダーの知識が豊富(査定が適正)
  • 無料見積もりを行っている
  • 回収費用がリーズナブルである
  • 希望の場所と日時を指定して回収してもらえる
  • 対応が丁寧・親切で感じがいい
  • 顧客からの評判がいい
  • 古物商許可・産業廃棄物収集運搬許可を持っている

3-2.ブルーレイレコーダー回収業者を利用するメリット・デメリット

ブルーレイレコーダーの回収業者を利用するにも、メリット・デメリットがあります。それぞれよく理解してから利用しましょう。

3-2-1.メリット

回収業者を利用するメリットはたくさんあります。

  • 条件に合えば無料で回収してくれる
  • 状態のいいものは買い取りしてもらえる
  • 利便性が高い(回収日時や場所の指定ができる)
  • 宅配便送付ができる場合がある

3-2-2.デメリット

回収業者を利用するデメリットは主に以下のとおりです。しかし、業者選びをきちんと行うことでデメリットを最低限にすることができます。

  • 業者により、ブルーレイレコーダーだけでは回収費用が割高になる
  • 悪徳業者に遭う可能性がある

3-3.ブルーレイレコーダーの回収料金について

業者で有料回収となった場合は、1台に付き数千円の回収料金が目安となります。宅配便で送付できる場合は、元払いの送料だけの負担で回収できることがあるのでお得です。なお、当パソコン処分本舗のように、条件に合えば回収料金や送料がすべて無料で宅配便送付できるところもあります。さらにブルーレイレコーダーが買い取り対象となれば、お金を手にすることが可能なケースもあるでしょう。

3-4.ブルーレイレコーダーの回収方法

ブルーレイレコーダーの回収方法は、以下の2つが主流です。

  • 宅配便にて業者に送付する
  • 業者が依頼者の指示によって直接回収する

なお、ほかにも処分したい不用品がたくさんあるときは業者に直接回収を依頼した方が結果的にお得になることも多いので検討してください。

3-5.ブルーレイレコーダーの無料引き取りについて

業者の中には、ブルーレイレコーダーを無料で引き取りしてくれるところがあります。ただし、条件付きとなることがあるので注意しましょう。たとえば、当パソコン処分本舗でもパソコンやスマホなどの対象商品と宅配便送付で同梱(どうこん)できる場合は、ブルーレイレコーダーも無料で処分できます。大変お得ですから、ぜひ利用してください。なお、送付時に以下の条件を満たすことが必要です。

  • 日本郵便のゆうパック利用:箱の3辺のサイズ合計が170センチ以内・重量が30キロまで
  • 佐川急便の飛脚宅配便サービス利用:箱の3辺のサイズ合計が160センチ以内・重量が30キロまで

3-6.ブルーレイレコーダーの回収業者にかんする注意点

回収業者の中には、無許可で営業しているところもあります。主な特徴は、自社ホームページを持っていない・要求しても各種許可証を見せてくれない・貴金属類などを無理やり回収しようとするなどです。住宅街を営業車で巡回していたり、電話で不用品回収を促したりする業者にも気を付けてください。無料回収のつもりが、いつの間にか有料回収の契約になっていたという例もあります。回収したブルーレイレコーダーを不法廃棄してしまう業者もいるものです。業者選びは慎重に行い、信頼できるところと契約しましょう。

4.ブルーレイレコーダーの買い替えにかんするよくある質問

最後に、ブルーレイレコーダーの買い替えにかんするよくある質問に回答します。満足できる結果を得るためにもそれぞれ確認しておきましょう。

4-1.ブルーレイレコーダーを今すぐにでも買い替えたいときの注意点は?

焦って古いブルーレイレコーダーを処分することは禁物です。まずは、処分する前にやっておくべきことを確認しましょう。データの移行などを忘れずに行うことも大切です。また、焦っているときは判断能力が低下するため、いつもよりも悪徳業者に引っ掛かりやすくなるので注意してください。

4-2.買い替えと同時に古いブルーレイレコーダーを処分する必要がありますか?

家電販売店の下取りサービスを利用する場合は、買い替えと同時に処分することが条件となるはずです。そのため、古いブルーレイレコーダーを一定期間手元に置いておきたいという希望は叶(かな)えられません。もしも、古いものと新しいものを同時に持ちたいのなら、家電販売店の下取りサービス以外の方法を検討しましょう。

4-3.1回に複数台のブルーレイレコーダーを回収してもらえますか?

家電販売店の下取りやメーカーの引き取りの場合は、1回に付き1台だけとなることも多いものです。また、複数台の回収が可能でも1台ずつ手続きが必要となるでしょう。たとえば、不用品回収業者を利用する場合なら、1回に複数台のブルーレイレコーダーを回収するのに何も問題ありません。自分で運ぶ手間が掛からないなど、メリットを大きく感じることができるのでおすすめです。

4-4.回収後のブルーレイレコーダーを取り戻したい場合は?

まずは、業者に相談して取り戻すことができるか確認しましょう。ただし、業者が回収した後の所有権は基本として業者にあります。そのため、必ずしも取り戻すことができるとは限りません。契約書にも、取り引きの成立後はキャンセル不可と記載があるでしょう。実際に契約をするときには、契約書をよく読んで理解しておきましょう。

4-5.業者で回収したブルーレイレコーダーはどうなるのですか?

業者で回収したブルーレイレコーダーは、状態のいいものはクリーニングや調整をして再販します。故障したものや再販不可と判断したものは、分解して金属など素材ごとに分けてリサイクルに回すのです。いずれにしても、信頼できる業者に渡ったものはきちんと処分されるので安心してください。

まとめ

今回は、ブルーレイレコーダーの買い替えを考えている人や処分をしたい人のために、買い替えで安くなる時期やさまざまな処分方法を解説しました。お得に買い替え・処分をするためには、事前に必要な知識を持つことが大切です。記事をここまで読んだ人は、新しいブルーレイレコーダーをお得に手に入れ、適切な方法で処分することができるでしょう。当社のように、処分のコストを掛けず、楽にできる方法もありますから積極的に検討してください。